あなたもわかる、広東語!

 広東語を習い始めて半月ほどたちました。広東語は話し言葉なので、文法は二の次で大丈夫とよく言われます。逆に言うと文法はものすごくムズカシイらしいです。私が受講している「広東語取り急ぎコース」では、文法は習いません。香港の街でよく使うことになるフレーズを習って、これを憶えることから始めています。挨拶から始まり、買い物の時や外食の時に使うフレーズ、野菜や果物の名前やメニューなど、日常生活に密着した身近なものばかりなのでとても面白く、憶えやすいです。最近私は授業の帰りに寄ったお店などで「さようなら」とか「また会いましょう」とか「お疲れ様」とか、その日に習った広東語を意味もなく言いまくっています。怪しいヤップンヤン(日本人)と思われているんだろうなぁ。
 外来語は音に無理やり漢字を当てはめて作られたりしているものが多く、例えば
「馬來西亞」と書いて「マレーシア」だし、「車厘子」と書いて広東語では「チェーレイジー」と読むのですが、これはチェリー=さくらんぼのことなんです。なんだか暴走族の壁の落書きみたいで面白いでしょ。
 そこで、今日は少し趣向を変えまして、クイズはいかがでしょう?これは授業で習った訳ではないけれど、全て私が今日スーパーで見つけた日本ではおなじみの商品ばかりです。

 第1問 「可口可楽」  ヒントは「飲み物」。

 第2問 「益力多」 こちらも飲み物。

 第3問 「妮飄」 ちょっと難しいかな?風邪ひいたときよく使います。

 第4問 「潘婷」 ノーヒントでわかったらあなたももう香港人です! 

 第5問 「潔白物語」  これは音を漢字に当てはめたものではないので、
                想像力が必要です。
                大ヒント!「獅王」社の製品です。



d0087642_20141970.jpg
d0087642_20144170.jpg第1問目の答えはこちら。
「コカコーラ」でした。
これは簡単だったかな?

    そして第2問目は「ヤクルト」。
    香港でも大人気!


d0087642_2015226.jpg3問目の答えは「ネピア」。箱の側面に「JAPANの雅」と書いてあります。ひらがなの「の」は、漢字社会ではビジュアル的にとてもカワイイと思われてるようで、お店の名前や看板なんかに結構使われています。

d0087642_2015255.jpg4問目は「パンテーン」。ちなみに「DOVE(ダブ)」は「多芬」と書きます。


d0087642_20154551.jpgそして最終問題の答えはこちら。酵素パワーの「LION トップ」でした。
「獅王潔白物語 全面増強 無限漂白」
と書いてあります。とっても汚れが落ちそうな予感・・・。


 さて、あなたは何問正解しましたか?香港にご旅行の際には役立ちそうもない知識ばかりでしたが、こんな風に見てみるのもちょっと面白いかも。私はこんな風に、くだらないことばかり憶えてしまう傾向にあるのですが、「広東語取り急ぎコース」は年内いっぱい続くので、会話もガンバリマス!
[PR]
by sara-hongkong | 2006-11-16 20:15 | 香港でお勉強
<< 準備は着々と 便乗飲茶ランチ! >>