<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

みんなバイバイ!

 台湾へ出発の日。ダンナ様と息子がなかなか起きないので、こっそり朝の散歩にでかけました。早朝の街は人も車も少なくて、結構静か。そういえばこんな時間に散歩したの初めてだったかも。スターバックスでコーヒーを買って部屋に帰りました。d0087642_10461999.jpgd0087642_10525343.jpgd0087642_1047439.jpg


d0087642_10533143.jpgd0087642_1054647.jpg

 朝食を終え、会社に挨拶に行き、タクシーでいよいよホテルを出発です。

d0087642_10555582.jpgd0087642_1059533.jpg
 空港に向かう途中、タクシーでもう一度我が家のマンションが見えたときには、感慨深いものがありました。もうここへは、たぶん一生来ることはないんだろうナァ。

d0087642_1102235.jpg


 そんな私のセンチメンタルな気持ちとウラハラに、車はあっという間に空港に到着。搭乗までそんなに時間もなかったので、


d0087642_1861461.jpg



 急ぎ足で搭乗ゲートへ行き(急いでいたので写真ブレてる。写真撮ってる場合かよ!)、




d0087642_1871298.jpg 結局最後はバタバタと、香港を後にしたのでした。思えば3年4ヶ月前、香港の空港に降り立ったときには、ダンナ様とふたりきり、知り合いもひとりもいない完全アウェイ状態。どうなることやら本当に不安でいっぱいだったものです。それでも今ではこんなにも去りがたい気持ちでいっぱいです。みんなみんなどうもありがとう。香港とは今日でお別れ、そしてまた台湾での新しい生活のスタートでもあります。どんなおもしろいことが待っているのか、たのしみにしながら毎日を過ごせたらいいナ。
[PR]
by sara-hongkong | 2009-12-18 23:41 | 香港の風景

引越しのながーい1日

d0087642_0513523.jpg 私の住んでいるマンションは50階建て×8棟あって世帯数が非常に多いので、いつでもどこかで引越しがあります。これまで引越し風景はしょっちゅう見かけていたのですが、ついに自分の引越しの日が来てしまいました。朝9時半に引越し屋さんがやってきて引越しスタート。エレベーターホールには、d0087642_0586100.jpgすでにダンボールと台車がいっぱい運び込まれていました。マンションのエレベータは4基あるのですが、引越しがあるときには1基は引越し用に貸切(?)になります。私たち家族は基本的な家具と家電がついている家を借りていたので、ベッドだとか冷蔵庫だとか大きなものはないとは言っても、高層階から荷物を運ぶのは大変だろうナァ。引越し屋さんは総勢6名(うち日本人1名)。みなさんキビキビと気持ちよい働きっぷりで、荷物がどんどんダンボールに収められてゆきます。d0087642_11489.jpg
 「引っ越すだけで大変なのに海外から海外への引越しなんて、さぞ大変でしょう」とよく言われるのですが、前述の通り家電などはほとんどないので、エアコンや洗濯機なんかの取り外しだとかの手間もないですし、冷蔵庫の中身は当然持っていけませんから処分するしか選択肢がなくどんどん捨てるだけですし、引越し屋さんがほとんど箱詰めしてくれますからそんなに大変なことはないんですヨ。ただし、箱の中身を書き出してd0087642_19341.jpg、保険をかけるために金額を記入しなくてはならないのだけが国内引越しにはないちょっと面倒な作業(でもこれも引越し屋さんが箱に入れるときに中身を書いてくれるので、そのリストを見ながら荷物の相当金額を記入するだけなんですけど)。そんなわけで今日の私はお風呂やトイレやキッチンの掃除をしたり、たいした仕事をしていませんでした。本当は昨日までにもうちょっといらないものを処分したかったのですが時間がなくて間に合わず、高い棚に入っていたずーっと忘れていたいらないものたちもどんどん箱に詰めれられていった模様。引越し屋さん、本当にごめんね。もうしません。
d0087642_9123314.jpg お昼休みをはさんで午後の箱詰め作業が始まると、そろそろ息子のお昼寝タイム。家がこんな状況ではきっと寝ないので、私と息子は最後のお散歩に出かけました。この道をこうやってバギーで何度歩いただろう。これが最後だと思うと本当に寂しいナァ。d0087642_9103884.jpgそんな母のセンチメンタルな気持ちを知ってか知らずか、心地よい揺れで息子は眠ってしまいました。さーてこれから帰って引越しのラストスパートです。帰りがけにマンションの下に止まっていた(たぶん)我が家の引越しのトラックには、エレベータでどんどん降りてくる荷造りされたダンボールが次々運び込まれてきています。
d0087642_9563360.jpg 家に戻ると全部の部屋で荷造り作業中。唯一空っぽになっていたキッチンに眠っている息子をバギーごと置き去りにして、私も再度引越し作業に合流。たいした荷物はないと思っていたけれど、結局引越し屋さんが帰ったのは外には街の灯りがともり始めた5時過ぎでした。送り出した荷物は130箱余り(これってかなり多い方だと思うのでご参考になさらないでくださいネ)。荷物のなくなったd0087642_957699.jpg部屋はなんだか広く見えるナァ。あとは窓につけた物干し用の器具をはずして終了です(写真は作業中の夫デス)。ちなみに海外引越しでは航空便と船便に分けて荷物を送るのが一般的。我が家の場合は両方とも今日同時に送りましたが、お友達の話などによると船便を先に出して最後の1週間は航空便の荷物だけで生活する人が多いようです。香港へ引っ越してきたのは真夏だったのでお布団なんか要らなかったけど、今回は布団だとかホットカーペットだとかちょっとエア便が多くなっちゃった。ちなみに香港から台湾へ荷物が着くまでの所要日数は、エア便は1週間弱、船便は2~3週間だそうです。最後の床掃除を終える頃キッチンで寝ていた息子もようやく起きて、住み慣れた我が家を後にしました。

d0087642_10104048.jpg お友達が香港から引っ越してしまうときには、引越しの日はホテルに泊まって翌日の便で出発するパターンが多かったので「いつか自分が引越しするときにはどこのホテルに泊まろうかなっ」とちょっと楽しみd0087642_1010258.jpgにしていたワタクシ。なにしろ香港に住んでいるとホテルに泊まる機会ってまったくないですからネ。意外にも今夜が初めてのホテルライフ満喫ナイトなのでございます。今夜の宿泊費は会社の経費になるのですが、我がダンナ様も「自費を足してもいいから最後くらいペニンシュラに泊まろうではないかっ!d0087642_10131863.jpgしかもシーヴューだっ!」と鼻息が荒く(嗚呼似たもの夫婦)、前置きが長くなりましたが今夜はペニンシュラに宿泊です。ラッキーなことにスイートのお部屋にアップグレードしていただけて、引越しの疲れも吹き飛んでしまうゲンキンな我らが親子。ステキなウェルカムティーはとってもよい香り♪喉カラッカラの私はついついがぶ飲みしてしまうのでした。

d0087642_10162328.jpgd0087642_10164111.jpg お部屋もすばらしいですがサービスも超一流のペニンシュラ。ベビーベッドも用意していただけました。右の写真はベビー用のアメニティ。バスタオルにバスローブ、スリッパにおもちゃなどなどいっぱい入ってます。


d0087642_1020031.jpg さすがに疲れて外に食事に行く気力も体力もないので、今夜はルームサービス de 晩ご飯。そして8時からはヴィクトリア湾のシンフォニーオブライツを堪能。こちらはお部屋には窓向きにもソファとサイドテーブルが置かれ、d0087642_10261024.jpg望遠鏡まで設置されていましたヨ。そういえば子供が生まれてからはゆっくり夜景を見ることも少なかったナァ。息子は景色には興味がないらしく部屋の中を歩き回って楽しそうでしたが、クリスマスバージョンのイルミネーションがちゃんと見られて嬉しかった母でした。
 おかげさまで今夜は引越しも無事終わって一安心。香港最後の夜にふさわしい楽しい時間を過ごさせていただきました。明日は台湾へ向けて出発です。
[PR]
by sara-hongkong | 2009-12-17 23:48 | 香港で暮らす

食いしん坊Sara、最後の飲茶を満喫

 今日はお友達と親子でさよなら飲茶。それぞれ子供連れだったので、オムツ替えやらなんやらと子連れにはなにかと便利な九龍駅で、ということになったのですが、エレメンツで飲茶できるところってあんまりないんですネェ。結局先日も行ったばかりですが利苑に行ってきました。親子ともどもずっと仲良くしてきたお友達と最後のお食事なのに、息子、入店直前でオヤスミになってしまいました。でもそのかわり母はゆっくりお食事できましたヨ。香港ではお昼時はたいていのお店で飲茶できますし、日常的なお食事スタイルなのですネ(本来はお食事じゃなくてお茶請けとして點心をいただくものらしいけど)。私も香港に来たからには、郷に入れば郷に従え、ってことで(言い訳?!)「とりあえず飲茶?!」感覚ですぐに飲茶していた私ですが、もう気軽に行けないかと思うと感慨もひとしお。ゆっくりとかみしめて味わわせてもらいました~。

d0087642_9255599.jpgd0087642_9262514.jpgd0087642_9442384.jpgd0087642_9451480.jpg

d0087642_9265789.jpgd0087642_932065.jpg 左が叉焼(チャーシュー)、右が焼肉。日本では「焼肉」といえば牛肉ですが、広東料理では「焼き豚」のこと。こちらの「焼肉」美味しかったナァ。皮がぱりっぱりっでヤメラレナイトマラナイ美味しさ!一切れだけの写真になっちゃったけど、お皿にはもっといっぱいありましたからご心配なく(一切れは結構小さいんだけど)。

d0087642_949768.jpgd0087642_9493236.jpg これは初めて食べましたが、アツアツ菠蘿包(パイナップルパン)の中にカスタード餡が入っていました(かなり熱いのでクチビル火傷に要注意!)。パイナップルパンも香港ではどこでも売っているパンで、パイナップル味なのではなくて聞いた話では表面の模様がパイナップルに似てるから、ということらしいです。表面はサクサクのビスケット生地になっています。ちなみにこういう甘い點心はデザートなのでは?と思うけど、メニュー表のデザートの欄には書いてないんですよね。甘いのも食べながらしょっぱ系の點心を食べるのが香港流ということみたいです。たぶん。

d0087642_22575279.jpgd0087642_2305791.jpg いよいよ炒飯とデザートで本当の食べおさめ。先日マンゴープリンが品切れだったので今日こそ食べようと意気込んでいたところ「マンゴープリンはないけどマンゴームースならあるよ」とのこと。で、右側がそのマンゴームース。たしかにしっかりホイップしてあって、口当たりが軽くやわらかくて、マンゴープリンとは全然違う。でもうまーい!マンゴープリンはもう数え切れないくらい食べたけど、ムースって意外と食べたことなかったナァ。
 今日の飲茶は最後にして新しい美味しいもの発見のいちにちでした。そして今日はすっかりご馳走になってしまいました。みんなどうもありがとう!


*利苑  Lei Garden
  Shop 2068-2070,Elements,1 Austin Road West,
  Tsim Sha Tsui,Kowloon   電話:2196-8133
[PR]
by sara-hongkong | 2009-12-15 23:18 | そとごはん

最初で最後?!Saraジュニア、トラムに乗る

d0087642_1426165.jpg 今日は息子の予防接種で病院に行ってきました。こちらの病院には妊婦のときには健診で通っていましたし、日本での出産を終えて香港に戻ってきてからは息子の予防接種、それから小児痔ろうと診断されたとき、そして先日のH1N1インフルエンザのときと、本当にお世話になりました。家からはちょっと遠d0087642_14193029.jpgいのですが、我が家の保険ではキャッシュレスで利用できましたし、時間内であれば日本語のできる通訳さんが診察室に入ってくれるのでとても安心なのデス。あ、ちなみに香港の病院ではたいていカード払いOKです。私なんて保険のきかない妊婦健診で予想以上の高額っぷりに持ち金が足りるかドッキドキ事件がありましたが、そんなときでも実は安心だったのですネ。

d0087642_013544.jpg さて、今日のメインイベントは「香港にいる間にしかできないことをしよう!~トラムに乗る編~」でゴザイマス。特に教えたつもりはないのですが我が息子、男の子らしく乗り物好きのようでして、香港に住んでいた思い出にトラムにのせてあげようじゃないか!と、勝手な母の思い入れにて実現した企画。なにしろトラムって入り口は細いし、中は狭いし、夏は暑いし、(d0087642_14361242.jpgそれでもやっぱり私はトラムが好き♪)ダンナ様がいる今日が絶好の、そしてきっと最初で最後のチャンスだったというワケです。そしてたぶん私自身も、これが最後のトラムかも。混んでいる車両を何度か見送って、比較的すいているトラムに乗ることができました。風をきってぐんぐん走るトラムは、やっぱ気持ちいいナァ~。息子よ、きっと大きくなったら覚えていないと思うけど、家族3人トラムに乗れてよかったのぉ、と母は自己満足に浸ったのでした。

d0087642_14563781.jpg MTRで尖沙咀まで行って買い物して帰るつもりが、初のトラム乗車で興奮して疲れたのか予想外に早く息子がバギーで寝てしまったので、突然訪れたランチチャンス。たまたま近くだったので今日は沖縄料理の「ちゅら」へ。このお店は以前に子連れのお友達とランチに来たことがあるのですが、d0087642_14585335.jpg座敷があって子連れでも結構大丈夫(ただし座敷に飾ってある三線だとか壷だとかはあらかじめ撤収してもらう必要があったケド)。実際今日も子連れのお客さんがチラホラいらしていました。日曜日だからランチ営業はしていないかと思ったのですが、平日と同じランチセットもやっていました。カウンターでは単身赴任の日本人男性と思われるオジサマがお昼ご飯を食べていたりしましたヨ。

d0087642_14594515.jpg 全然沖縄料理じゃないけど、悩みに悩んだ挙句結局私はバラちらし寿司セットにしました。右の写真はダンナ様オーダーのソーキそば。d0087642_214785.jpg最後のコーヒーまで全部美味しくイタダキマシタ。正しい日本食が食べられるお店は、結構貴重(以前香港人のお友達に「とんかつラーメンなんて日本にはないよ」って言ったら超ビビってましたし)。
 今日も楽しく美味しいいちにちでした。引越しまであと4日ですが、こんな調子で片付けは一向に進まず。どうなるんでしょう。



Hong Kong Adventist Hospital  香港港安醫院
  40 Stubbs Road, Hong Kong   電話:3651-8888
  日本語ホットライン:2835-0509 (月~金9:00-17:30)

ちゅら
  Unit A B/1, No.100 Canton Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon
  電話:3105-8950  営業時間:12~15時、18時~23時 年中無休
[PR]
by sara-hongkong | 2009-12-13 23:08 | 香港街歩き

オーダーメイド、いろいろ

d0087642_1432818.jpg 先日深水埗へ行ったとき、偶然傘のオーダーメイドのお店を見つけました。ちょっと面白そうだったので香港の最後の思い出に、オーダーしてみることに。梁蘇記というこちらのお店は、ショッピングセンター内にあるのですが実は創業100年以上の老舗だそうで、既製品の傘を購入することもできます。d0087642_1443390.jpgお店には傘の骨組みや取っ手、生地などが所狭しと並んでいました。お店のおじさんに傘の大きさやタイプ、それから生地、などを伝えます(英語も通じました)。オーダーメイドだから好きな骨組みに好きな生地で作ってくれると思ったのですが、「その布ではできない」とか「それもダメ」とか、意外と結構制限があって完全なるオーダーメイドではなかったような気もしますがネ。それでも、出来上がりを想像してイメージを膨らませるのは、結構楽しい作業でした。
d0087642_23354673.jpg 3日後にはできあがるよ、と言われていたのですが、息子のインフルエンザ騒動などがあって、ようやく今日ダンナ様がピックアップしてきてくれました。引越し前に取りに行けてよかったヨー。ダンナ様は大きな紺色の傘、私のは折りたたみ傘。私のはこんな風にd0087642_23384716.jpgにできあがりましたヨ(気がつけば私って水玉模様が好きなようで、これまた水玉になってしまいましd0087642_23415246.jpgになってしまいました)。タグに書かれた「梁蘇記」の文字がちょっとシブい♪そしてタグの裏側には「骨架永久免費維修 遮頭遮布遮尾除外」と書かれています。「骨は永久に無料で修繕いたします。骨以外の布、取っ手などの部分は除きます」という意味だそうです。台風が多い台湾で壊れちゃったら、絶対に直してもらいに来たいナァ。

d0087642_2351870.jpg 引越しまでにまだまだやってみたいオーダーメイドがありました。香港の街中でよく見かける名刺などの印刷屋さん。前から一度試してみたいナァと思っていたのですが、やっと新しい住所が決まったので、香港のお友達に配ったり台湾に引っ越してから新しいお友達に配ったりしようと思って、息子の名刺を注文してみました。d0087642_23522512.jpgこの程度なら自分でパソコンでも作れるんですけど、ものはためしということで。300枚で100ドル(約1200円)でした。引越しの日が目前に迫っていたためお店を吟味する時間がなく、通りすがりの適当なお店でお願いしたのですが、これはちょっと失敗!受取りのときによく見たら、読み仮名のローマ字の「TO」のところが「T」になってるでないのっ!3年経ってもあいかわらずつたない広東語を駆使して抗議しましたが、「注文したときにあんたの書いたのは『D』だ!」とおばちゃん譲らず(たしかにDに見えるような見えないような字だけどサァ・・・ブツブツ)。こんなの300枚もできちゃったので、「D」の部分に×をして「O」に手直しして使ってみてます。これも香港の思い出、ってコトで。アハハ。みなさん、印刷屋さん選びは慎重に。

d0087642_045068.jpg さらに先日、文華里(上環のハンコ屋街)で息子の印鑑を注文したので、この名刺に押印してみたらなかなかいい感じになりました(ザ・自己満足!)。d0087642_035521.jpgハンコ屋さんもたくさんありすぎてじっくり選びすぎるとお店選びに時間がかかってしまいそうだったので(=せっかくバギーで寝ている息子が起きちゃいそうだったので)、結局前回と同じお店にお願いしたのですが、前回と違うお店のおばちゃん、ずいぶん値切ったんだけど頑として譲らず、ぜーんぜんまけてくれませんでした。それでも3年間で習得したつたない広東語を駆使してオーダーしたり、値切ったりするのはとっても楽しいんだナー。思いもかけずステキなのができたり、はたまた大失敗することもあるけれど、こんなお買い物も私にとっては香港のとてもいい思い出です。


*梁蘇記遮廠   Leung So Kee Umbrella Fty
  Room 629, 6/F Dragon Centre, Yen Chow Street, Kowloon
  電話:2386-5629   営業時間 11:30~20:00

*榮元圖章印務  Wing Yuen Chops & Printing
  Shop GPT17 Man Wah Lane,Sheung Wan
  電話:2542-1502   営業時間:9時~6:30
[PR]
by sara-hongkong | 2009-12-12 23:28 | 香港でお買い物

さよならパーティー

d0087642_8393046.jpg 今日はダンナ様の会社のみなさんが送別会を開いてくれました。ダンナ様だけでなく私や息子も本当にみなさんにお世話になったので、いよいよお別れだと思うとサミシイねぇ。今日のお店は灣仔にある私房菜、囍宴。私房菜というのはビルの一室などでひっそりと営業している隠れ家レストランのことで、こちらの囍宴は2000年のオープン以来、なかなか予約がとれない人気のお店d0087642_915880.jpgという噂は前から耳にしていた私。囍宴は私房菜ではない普通のレストランが九龍や金鐘にあって、そちらには私は行ったことがあったのですが、この私房菜には前から一度行ってみたいと思っていたところでした(私房菜は4名から受付というところが多くてなかなか機会がないんですよネ)。いやー、息子のインフルエンザが今日までに治ってくれて本当によかったです。
 私房菜にしては広い店内(写真撮り忘れ)には、今夜は私たちのほかに1組お客さんがいらしただけで、息子は店中を歩き回っていました(お行儀悪くてスミマセン)。聞いてみると予約が取りづらいのは週末のことだそうで、平日は結構直前でも空いていたりするみたいですヨ。テーブルには結婚式の披露宴みたいにメニューが置かれ、いよいよお食事スタートです。
d0087642_954386.jpg
 清酒黄金一口鮑魚
 braised abalone in Japanese sake
 and soy sauce
 (一口蒸し鮑 日本風)

d0087642_9543699.jpg
 瑤柱絲涼油菜花
 conpoy shreds with choy-sum
 (帆立と菜心のセルクル固め)
d0087642_9545641.jpg
 金牌口水鶏
 Sichuan spicy chicken
 (四川風スパイシーチキン)
d0087642_9552885.jpg
 蒙古焼烤羊肉
 Mongolian roasted mutton
 (モンゴル風羊肉のロースト)
d0087642_956029.jpg
 雲上東坡酔千層
 braised pork belly
 (トンポーローのミルフィーユ仕立て)

 薄切りのトンポーローをくるくる巻いてピラミッド型にしてありました。切り分ける直前でなんとか撮影間に合った~!
d0087642_9564379.jpg 
 香芽柑桔菊花魚
 chrysathemum mandarin fishi
 with lemongrass calamansi sauce
 (菊花魚のレモングラス風味マーマレードソースがけ)
 
 菊花魚というお魚をお花の形にして揚げてあります。甘いソースが新しい感じです。
d0087642_9571068.jpg
 蟹皇帯子糯米飯
 glutinous rice with crab roe and scallop
 (蟹と帆立入りおこわ)
d0087642_957427.jpg 梅子石榴 
 soaked guavas with dried sour plums
 (グアバの梅風味)

 披露宴のお料理ではお口直しのシャーベット、というところでしょうか。グアバと梅のコンビネーションは不思議な味。お口がさっぱりしました。
d0087642_1802943.jpg
 私房秘制佛跳牆 
 xi yan "fo tial qiang"
 (xi yan特製中華スープ)

 モツ入りのスープは壷入りで、全部飲んだら体がぽっかぽかに。
d0087642_1811743.jpg
 薑汁香葱芥蘭片
 stir fried kale with ginger juice
 and spring onion
 (芥蘭と葱の生姜炒め)

 ここから先は息子が眠くなり、別室で授乳してから戻ってきたらお皿に盛られておりました。
d0087642_182074.jpg
 燕液蓮香露
 fresh lotus seed puree pudding
 with birad's nest
 (燕の巣入り蓮の実のお汁粉)

 デザートは温かいお汁粉。おなかが落ち着きます。


 こんなご馳走久しぶり~♪ぜーんぶ残さずいただいて、超美味しかった&超シアワセ。でも「あぁ、いよいよお別れなのだナァ」とだんだんさみしくもなってきた今夜の宴でした。みなさん、本当にありがとう。

 なお、メニューの英語訳は微妙に違うところもあるようなので、勝手に和訳してみました(これ、非常に時間がカカリマシタ)が、ちゃんとあっているかしら。不安だ。

囍宴   Xi Yan
  3F,83 Wanchai Road,Wanchai  電話:2575-6966
[PR]
by sara-hongkong | 2009-12-10 23:32 | そとごはん

土壇場で、空白の1週間

 12月に入り、引越しまでいよいよカウントダウンに入ってきました。お友達にお礼とお別れを言うために、先週からいろいろと約束が入っていたのですが・・・なんとここへきて、わが息子が新型インフルエンザにかかってしまいました!我がダンナ様は息子のインフル発症1日前から10日間の出張中だったため、先週1週間は母子ふたりっきりで篭城生活を送っておりました。ご参考まで(?)に息子の闘病記録を載せてみます。

 12月1日
 二胡レッスンから帰ると息子がグッタリ。たしかに今日はやけにおとなしいナァと思ってはいましたが、熱を計ると38℃。元早産児のわりにはこれまで病気知らずの息子、初めての発熱!時間は6時近かったけれど、とりあえず病院へ。
 いつもだったら日本人の通訳がいらっしゃる病院ですが、時間外なので私のつたない語学力を駆使し診察(人間その気になればなんとかなるものなのですねぇ。理解力は80%といったところでしょうか。あぁ、3年間の香港暮らしで私の英語力はちっとも伸びず仕舞いだったよ、とほほ)。医師の初見では熱が38℃台なのでインフルエンザではなくただの風邪でしょうということでしたが、一応インフルエンザ検査をしました。結果は1時間後に出るとのことで、万が一陽性だった場合は薬を取りに病院に戻ってきてください、と言われ、とりあえず普通の風邪薬と解熱剤をいただいて帰宅。ぐったりの息子は家に帰りようやくベッドで就寝。
 1時間経っても病院から連絡がないので「陰性だったら連絡がないのかな」などと暢気にお風呂に入っていたところ、8時半過ぎに病院から「A型インフルエンザが陽性なので、すぐに薬を取りに来てほしい」という電話。ダンナ様はいないし、仕方ないのですっぴんに洗い髪で息子を起こして抱っこ紐で再度病院へ。もういちど診察をしてタミフルをもらい、ようやく今度こそ息子も就寝。タミフル飲ませるのに苦労しましたー。
 ちなみに現在のところ今回の病院では、A型インフルエンザがポジティブの場合、それ以上の検査(季節性のA型なのか、それともH1N1なのかの検査)はもう数が多すぎるので行っていないということでした。調べてみると日本でも今はそういう対応みたいですね。だから我が息子も本当のところ、ただのA型か新型かはハッキリしないのですが、先日季節性インフルエンザの予防接種は接種済みなので、たぶん新型であろうという先生のお話でした(『could be H1N1』と言われました)。

 12月2日
 あいかわらずぐったりの息子。熱は38℃。普段と違い、おとなしく座ってテレビを見ているので、母は意外と楽でした。でもとにかく私にうつってしまうとヤバイので、うがいと手洗いしまくる母でした。

 12月3日
 この日は再診のため病院へ。熱は朝から下がっていましたが、夜中ずいぶん咳き込んでいたので、抗生物質をいただいて帰宅。3日後に再度診てもらうことになりましたが、経過は順調なのでたぶんその頃には治っているでしょう、とのこと。本人は午後からいつもの調子が戻ったようで、家の中をうろちょろしていました。

 その後は熱もなく、体調も悪くなく、抗生物質で下痢をしたくらいで12月6日の再診で「もう大丈夫」と太鼓判を押されました。潜伏期間内には息子が残したジュースを飲み、息子が残したうどんを食べていた上、一緒のベッドで寝てくしゃみをぶっかけまくられていた母でしたが、うつされることもなくて本当に助かりました(これで私がインフルになっていたら、引越しまでに誰にも会えずに旅立たなくてはなりませんでした。セーフ)。

 気がつけばもうすぐクリスマス。香港の街はクリスマスツリーがキレイです。クリスマスにはもう台湾ですが、残りわずかな香港生活楽しむぞー。みなさま、インフルエンザにはくれぐれもご注意くださいまし。そして家族が感染しても、気合さえあればうつらずに済むかもしれません。d0087642_2339237.jpgd0087642_2341196.jpgd0087642_23495372.jpg
d0087642_2345672.jpgd0087642_23454617.jpgd0087642_2348527.jpg
[PR]
by sara-hongkong | 2009-12-06 23:45 | 香港で子育て