<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

なぜか香港で、大戸屋デビュー

d0087642_22355148.jpg 今日は太古のジャスコまで買い物に行ったので、大戸屋でおひるごはんを食べました。私、日本で大戸屋に行ったことがなかったんですよね。香港でデビューするとは思ってもみませんでしたヨ。
d0087642_2238453.jpg
 なにしろ行ったことがないので、日本と香港のお店の比較ができないのですが、どうやら日本の「安い」イメージとは違うようですね。ダンナ様の話じゃ、香港の方がちょっと高級(?)。お値段も高めだそうで。香港で日本食って、たいがい安くないものね。

d0087642_2241992.jpg こちらは私オーダーの鶏のから揚げオレンジソース定食(だったかな?)。今日も息子がグズる前にガッツ食い(最近めっきり早食いになったと評判のアタクシ)でしたが、普通に美味しかったです(香港で食べる日本食はヘンテコなのも多いですから、「普通に美味しい」は結構な誉め言葉だと私は思いマス)。あ、お値段はまったく覚えていなくてスミマセン(最近かなり上の空なアタクシ)。d0087642_22462885.jpg
 ダンナ様はカツ丼とお蕎麦のセットにしたのですが、お蕎麦が予想以上に美味しくてビックリ(なんと失礼な感想でしょう)。我が夫はいつも「香港には美味しい蕎麦屋がない!」と言っているのですが、たしかに香港に来て美味しいお蕎麦を食べたのははじめてかも。

 今度は日本に帰ったときには、本家本元大戸屋に行ってみます。
[PR]
by sara-hongkong | 2009-04-19 22:34 | そとごはん

果物いろいろ

 世の中フルーツ好きな人って多いですが、私とダンナ様はフルーツがなくても全然生きてゆけるタイプ。でも11ヶ月にして11キロの巨漢ベイビーである我が息子は、離乳食はほんのちょっぴりしか食べないけれど、フルーツだけは普通に食べられる様子。「好き嫌いはダメ!」などとは言っていられず、とりあえず食べてくれるものであればなんでもd0087642_2338265.jpg食べさせておきたい私。そんなわけで彼のためにフルーツは欠かすことができなくなりました。特にお気に入りはバナナなのですが、結構すぐに熟してしまうのでちょっとずつ&頻繁にバナナを買いに行く最近の私です。
 香港では、果物屋さんでもスーパーでも、たいていバナナは吊るされて売られています。そういえば日本でも「バナナスタンド」みたいなのが売っていたっけ。吊るしておくのがベストの保存法なんですね、やっぱり。

d0087642_23464967.jpg
 タイのモンキーバナナは小さいので、息子が離乳食の時間になるたびに残るバナナ半分を私が消費する必要がないので結構お気に入り。スーパーでも6~7本で100円ほどで売っています。普通のバナナに比べて少し固くて粘り気が少なく、甘みが強いです。d0087642_23514726.jpg


 こっちは息子のためではなく、めずらしく自分で食べてみたくて購入したパッションフルーツ。ツブツブしててすっぱくて、美味しいですネェ。中がこんな不思議な形状になっているのもなんだかオモシロイ。

d0087642_2354596.jpg 先日city'superに行ったら、ウワサのインドマンゴーが売っていました!!!「インドのマンゴーはどこかスパイシーで一度食べたらもうメロメロ」という話を前に聞いていたのですが、この時期だけしか手に入らないということでなかなかお目にかかれなかった私(去年は出産前で日本でしたし)。この日はちょっとしなびた感じのが5個売れ残っていたのですが、思わず買ってしまいました。このちょっと小ぶりで実はねっとりした感じのアルフォンソという名のインドマンゴー、たしかに、マンゴーの味が濃厚で、美味でゴザイマシタ。ちなみにお値段1個18ドル(約270円)。チョンキンマンションに行くとこのインドマンゴーを箱買いできるらしいのですが、息子おぶって行くほどの勇気も気力もない私。日本ではなかなかお目にかかれないフルーツ、今のうちに試しておくべきかも。
[PR]
by sara-hongkong | 2009-04-18 23:36 | 香港でお買い物

遠くまでお散歩に

d0087642_22321785.jpg 今日もいいお天気&親子でヒマヒマだったので、バギーでお散歩に。母的になんとなく遠征してみたい気分だったので、急に「そうだ!ディズニーランドへ行こう!」と思い立って、行ってみました(母の気分につきあわされる、我が息子)。年間パスポート(平日限定)買ったのにまだ1度しか行っていないしネ!我が家からは結構アクセスが良いので、30分で到着♪これなら本当に散歩感覚で来られるネ!と母ゴキゲンd0087642_2238526.jpgだったのですが、今日はことのほか暑かったのデス。気温28℃・・・夏じゃん。我が家からは建物づたいにディズニーランド駅まで来られるので、着くまでこんなに暑い日だって気づかなかったのヨォ。今日は久々に日よけに雨傘さしてる人をたくさん見ました(日傘ではなく雨傘なのが香港流)。母のミスで長袖着て来ちゃった息子は、ディズニーランドに着くなり汗だくで寝ちゃったので、とりあえず涼しいお店をブラブラ。そして息子が起きてから園内をぐるりと1周して、授乳室で授乳&オムツチェンジをしてから、1時間半ほどで帰ってきました。途中、ライオンキングのショーが始まりそうだったのですが、立見席しか残っておらず、この暑い中、重い彼をずっと抱っこする気力がなくて断念。d0087642_23141648.jpgミッキー&ミニーの写真も30分待ち。イースター明けでしたが今日は結構こんでいたようです。それでも、今日はなかなか楽しい散歩でした。今度はもうちょっと涼しいときに来よう!(これからの季節はナカナカ難しいかも?)。

ミッキー&ミニーが気になるらしい我が息子→



d0087642_23154199.jpg せっかくディズニーランドへ来たので、お土産を少々購入。涼しくて人が少ないところと思って、普段入ったこともないクリスタルのお店に入ったのですが、グラスに名前を入れてくれるとのこと。食の細い息子の離乳食用に、ショットグラスを買いました。所要時間20分で名前を入れてもらえました。

d0087642_2248016.jpg


 そうそう、ディズニーランドでも大陸の中国人の団体旅行に遭遇。おじいちゃんばかりでディズニー、楽しいのかナ。彼らはたいてい赤い帽子をかぶっています。
[PR]
by sara-hongkong | 2009-04-14 23:26 | 香港で遊ぶ

子連れの外食、そろそろ限界か!?

d0087642_13435741.jpg 先月日本から香港に戻ってきて、家族全員健康体で迎えた初めての週末。今日はスターフェリーに乗ったり、尖沙咀の海辺を散歩したり、休日っぽく過ごしてみました。お昼ごはんはスターハウスに入っている翠園にて飲茶。香港では日曜日は家族でヤムチャの日と相場が決まっているそうですからネ!隣の席の家族連れは、みんなそれぞれ新聞読んでます。これも香港飲茶によくある風景なのです。
d0087642_1335939.jpg 私、銅鑼灣の翠園へは何度か飲茶しに行ったことがあるのですが、こちらの店舗は初めて。やっぱり日曜日なので家族連れが多いけど、ここは結構観光客も多いですネ。景色もいいからネェ。西洋人の観光客も結構多くて、お料理オーダーする前にビールお代わりしてましたヨ(香港の人は飲茶のとき、たとえオジサン4人連れでも酒ではなくお茶を飲むのが当たり前。結構ほほえましい光景だと思う)。こちらの飲茶は基本的には點心紙に注文数を記入して提出するオーダーシステムですが、デザートと一部點心はワゴンで回ってきます。行き交うワゴンに、バギーの息子も目が釘付けの様子でした。

d0087642_214789.jpgd0087642_2142958.jpgd0087642_21132081.jpg
d0087642_21144420.jpgd0087642_2115877.jpgd0087642_21153329.jpg
d0087642_2115053.jpgd0087642_21152044.jpg

 馬拉糕というマレー風蒸しカステラ(写真左下)は、店員さんに「ベビーにあげたら?」と言われたので食べさせてみたら結構気に入った様子。今日は息子も飲茶デビュウとなりました(彼は成長曲線からはみ出している巨漢ベビーなのに、食が細くてアタクシほんとに困ってるんですぅ~。最近はヤケクソ気味で結構なんでも食べさせてみちゃってマス。食べてくれるならなんでもよし!の心境なのです)。

 いつもはマンゴープリン専門家のダンナ様、翠園はマキシムグループのお店なので、もしかしたらマンゴープリンはあのゼラチン多めのブリンブリンに固いやつ?!と思ったそうで、今日はジャスミンのゼリーにしていました。これもゼラチン多めでしたけどね。マキシム系の楊枝甘露(マンゴーピューレとココナツミルクのスープにフルーツとタピオカが入ったデザート)、私は大好き。これははずせないゼ。でもデザートの頃には息子もバギーで退屈してきてフガフガ。楊枝甘露はもはや飲み物感覚でたいらげたのでした。そういえば先日友達とランチしたときも途中でグズりだして、私はおんぶでご飯食べましたっけ。そろそろ限界なのかしら?バギーが狭くなってきて退屈なんでしょうね、きっと。

 とは言え、香港の人たちは赤ちゃんが大好きなようで、お店や乗り物で子供がグズったりしても、注がれる視線は冷たいものでは決してないように思います。多少グズった場合でも、お店の人や地下鉄に乗り合わせた人が一緒になってあやしてくれたりすることも多かったりします。そういえば日本に帰ったとき、子連れで外食するのは香港以上にキビシイなぁ、と思った私。両おばあちゃんと親子3代で箱根の温泉に行ったときも、夕食の時に息子が眠くなりグズグズしだしたのです。でも香港のお店なら「まだまだ序の口!」のレベルだったので(今日の息子の方がよっぽどグズっていた)、私は「もうちょっと大丈夫だろう」と思っていたけど、おばあちゃん2人は大慌て。結局おばあちゃんが順番でバギーを押して退出していったし、お友達とお互い子連れでお茶したときも、「ちょっとうるさくなってきたナァ」という感じのときに「そろそろ出ようか」と友人。ところかわれば子育て事情もいろいろ違うんですネェ。あぁ、このまま日本に帰任になったら、私、ものすごく非常識な人になってしまうかもー。ヤバイヤバイ。


*翠園  JADE GARDEN
  Level 4,Star House,Tsimshatsui,Kowloon   電話:2730-6888
  営業時間:月~土曜11~23時半、日祝10時~23時半
[PR]
by sara-hongkong | 2009-04-12 23:33 | そとごはん

幻の?!鳳梨巻

 私のブログには何度も登場しているJENNY BAKERYですが、昨日も油麻地へ散歩したついでに当然寄り道&クッキーを購入してまいりました。実は先日お友達の家にお邪魔したところ、ここのお店のパイナップルロール(漢字では鳳梨巻と書くようです)というクッキーをご馳走になりまして。以前の記事に「JENNY BAKERYのパイナップルロールが絶品!」とコメントをいただいたことがあり、それ以降お店に行くたびにd0087642_21405632.jpg「パイナップルロールはありますか?」と必ず聞いていたのですが、いつも売り切れ。食いしん坊のアタクシとしては、ますます食べたくてたまらない日々を送っていたわけです。お友達宅でご馳走になってみると、本当に美味。聞けば油麻地のお店にあったとか!それならばなんとしてもゲットしなくてはー、というのが昨日の散歩の目的のひとつでもあったわけなのですネ。あはは。食いしん坊万歳!!!あ、ちなみに油麻地のお店の様子はこんな感じ。壁に見本の写真が飾ってあるだけの簡素な店舗。商品はカウンターの向こうの売り子さんの後ろに山積みになっているので、手にとって見たりできないんです。

d0087642_2150871.jpg ジャカジャン。これが幻の(?)パイナップルロールなのだー(テンション高っ!)。念願かなってようやくゲットしました、私。浅い缶に17個、整然と並んでいる鳳梨巻たちは、形が1つずつふぞろいなところがなんともホームメイド。ひとつつまんで口に入れると、やわらかいクッキー生地とパイナップルジャムが一緒になって、もうたまらんー。d0087642_21575634.jpg甘さ控えめなので、いくつでも食べられちゃうのが困りモノ。私がいつも購入する細長くて四角いクッキーに比べると、生地がすごくもろくてやわらかくて、私のようにもったいぶって二口に分けようとするとバランバランになるのでご注意あれ。中のパイナップルジャムももちろん手作りのようで、ジャムの中にパイナップルの果肉の繊維がたくさん入っているのが見えます。このパイナップルロール、作るのにとても手間がかかるのであんまりお店においていないという話。納得です。日持ちも1週間とやや短めです。

 いつものちょっと堅くてサクサクの四角いクッキーももちろん大好きだけど、やっぱりまたお店に行くときには「パイナップルロールありますか?」と聞いてしまうであろう私なのでした。


Jenny Bakery  油麻地店
  SHOP-101, 1/F, IN’S POINT,530 Nathan Road,Yau Ma Tei,Kowloon
  電話:2780-9123
[PR]
by sara-hongkong | 2009-04-10 23:30 | 香港でお買い物

いいお天気でした

d0087642_21414111.jpg 今日はなんと突然の湿度40%のカラッとしたお天気!気持ち良い!気持ち良過ぎるぅ~、ってなことで早速散歩に行ってきました。いつも油麻地までは抱っこ紐でミニバスに乗って行くのですが、今日はバギーでとぼとぼ歩いて行ってみました。このところほとんど曇りだったので、途中で雨に降られるのが怖くてバギーでは遠出できなかったんだよネ。それに、抱っこ紐だと重いし、彼・・・。バギーだと母もラクチン。今日はいろいろ観察する余裕もちょっとだけあって楽しかったァ。

d0087642_21445412.jpg


 裏通りには、道端に生姜が干してあったり、




d0087642_21452329.jpg


 洗濯物の干し方ひとつでも、日本とは違うよネ。これが香港流?!




d0087642_21453155.jpg


 上を見上げれば、工事中のビルにリッパな竹の足場が組まれています。



d0087642_0174511.jpg



 そういえばそろそろ上半身裸の季節・・・。


d0087642_0191625.jpg


 考えてみると、ネイザンロードにバギーで来たのは初めてでした。2階建てバスがビュンビュン行き交う大通り、大勢の人にいろんな匂い。息子は目を白黒させていました。
[PR]
by sara-hongkong | 2009-04-09 23:22 | 香港街歩き

WD-40

 今の時期は湿度90%以上もめずらしくない香港。その湿気のせいだかどうかわかりませんが、先月から我が家のドアがきしみがち。息子が寝入って無事にベビーベッドに降ろし、そーっとドアを閉めると「ギィィ~」!オーマイガッ!d0087642_16195262.jpg日本人ならこんなときは「クレ550」があったらなぁ、と思うもの(ではないですか?)。香港にはクレ550的な防錆潤滑油は売っていないかしらと、ずっとなんとなく探していたのですが、先日ついに発見。その名も「WD-40」。買い物の途中で見つけて「まさかこのスプレーはっ?!」と思って裏の説明を読んでみると、どうやらビンゴ!速攻購入して蝶番にプシュっとひと噴き。寝室のドアは魔法のように無音で開け閉めできるようになりましたとさ。めでたしめでたし。

 クレ550って1年に1度くらいしか使わないけど、たまーにほしいなって思うんだよネ。以前日本で、築40年の社宅に住んでいたとき、鍵穴がたびたび錆びて鍵が開けにくくなっていたのですが、同じ社宅のお友達が「わざわざ買うのもったいないから」と言って、知らないうちに鍵穴の外からスプレーしておいてくれたっけ。今回購入のこのスプレーも全部使い切ることはないかもね(そういえば引越し荷物はスプレー類はダメでした)。このWD-40、調べてみたら日本でも売ってるのか・・・知らなかったゼイ(これって有名?!)。
[PR]
by sara-hongkong | 2009-04-07 16:29 | 香港で暮らす

日本の病院へ行ってきました。

  本当にあっという間に日にちが過ぎてゆき、またブログの更新も滞りがちですが、もう4月なのですね。息子と私は3月末に無事香港に戻ってきました。

 今回日本に帰り、早々にちょっと大きな大学病院の小児外科に息子を連れて行きました。香港でのだいたいの顛末をお話した上で診察を受けたところ、日本では小児痔ろうで手術することはほとんどないとのこと。たしかに今後再発すると予想されるけれど、そのときは膿が出てしまえば薬も消毒も不要(膿が出ない場合のみ病院に行って切開してもらう必要があるとのこと)。2~3歳までには自然と治ってしまうものなので手術しなくても問題ナシ。「気長に付き合ってネ」ということでした。せっかく香港からこのために帰国したからと、しつこくいろいろ質問する私に、さわやか青年小児外科医はわかりやすく的確な回答をしてくれ、結局その後通院することもなく香港に戻ってきました。香港で手術するのもひとつの選択であったとは思いますが、やはり日本に帰ってみてよかったなぁと思いマシタ。ご心配おかけした皆様スミマセン。大丈夫でしたー。香港の病院で「小児痔ろうなので手術を」と薦められた方のご参考になれば幸いデス(いないか、そんな人)。

 実は香港に帰る早々、息子が夜中に滝のように吐いたりして、香港でまた病院通いしてました。その後私も息子のウィルス性胃腸炎をもらいお腹をこわしたうえに発熱(息子は平熱だったのに、なぜ?!)、ダンナ様も出張中の先週1週間、どうなることかと思いましたがなんとかピンチを脱出したd0087642_22511611.jpgところです。香港に戻る早々引きこもり状態で、息子が寝た瞬間に自分も家事完全放置で昼寝したりしていたので、パソコンにゆっくり向かう時間もなかったというワケ。先週唯一撮った写真は、香港の消防車の1枚だけでした。発熱でフラフラしながらバギーを押してポカリスエットを買いに行くときにボヤ騒ぎに遭遇したのダ。ミーハー魂は熱より強し。さぁ、今週からまた社会復帰するゾ!

 いやー、それにしても夜中に「あれ?お腹が痛いかも?」とトイレに立とうとした瞬間に、息子がグズりはじめたときは、母子の繋がりを感じましたが、その後2時間息子が泣き止まず、私は根性でトイレを我慢する羽目に・・・人間やればできる。
[PR]
by sara-hongkong | 2009-04-06 23:46 | 香港で子育て