<   2008年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ブログはお休み中♪

d0087642_030521.jpg

 香港に戻れるのは2週間後か、はたまた半年後か?!
どちらにしてもなるべく早く帰ってこられますように。
[PR]
by sara-hongkong | 2008-02-27 00:33

大変申し上げにくいのですが、昨日も最後ではありませんでした・・・。

d0087642_2215680.jpg 我ながらお恥ずかしくて、ここで発表すべきかどうか迷ったのですが・・・。結論から申し上げますと、今日も飲茶でした!!!粘りすぎですっ!出張先のマレーシアでこのブログを見ているに違いない我が家のダンナ様も、きっとあきれているんだろうナァ。すまないネェ、こんな嫁で。今日は英語の授業の後、去年クラスメイトだったお友達と久しぶりに会ったりしたものですから、香港、韓国、日本の主婦計5人で近くの名都酒樓に寄って帰ることになっちゃってサ。「3日連続飲茶」というのは、さすがの私も初めて。ここへきて新記録を達成してしまいました。

d0087642_22405112.jpgd0087642_22411560.jpg
d0087642_22423234.jpgd0087642_22424824.jpg
d0087642_2244232.jpgd0087642_22445581.jpg
 英会話スクールの近くということもあって、ここのお店には私もう何度も来ていますが(ちなみに、今日ご一緒した香港人のお友達は『ここ2回目』って言ってました。勝っちゃった・・・)、ワゴンがガラガラ行き交う雰囲気がとても好き。ワゴンのおばちゃんたちともしばらく会えなくなると思うとサビシー。近々またここにも来られますように。

d0087642_2311459.jpgd0087642_2312420.jpgd0087642_23124073.jpgd0087642_23125443.jpg
d0087642_23133152.jpgd0087642_23135343.jpgd0087642_23141980.jpgd0087642_23152486.jpg
d0087642_23154416.jpgd0087642_23165674.jpg なんだか連日同じような画像ばかりですが、今日は香港人のお友達が一緒だったのでオーダーもラクラク♪「これは豆板醤で食べるんだよ」とか「このチマキはお砂糖をつけて食べるのが香港スタイル!」とか、いろいろ教えてもらえて楽しかったです。もっともオール英語なので、いつもみたいに食べてばかりいずにすっごく集中して会話しなきゃいけなかったんですケド。
 そうそう、彼女が言ってたんですが香港では「妊婦はマンゴーを食べてはいけない」のだそうです(これって常識?!)。Oh!No!今さらそんなこと言われてもIt's too lateでゴザイマス。何故いけないか聞いてみたところ「肌に悪い」とのこと。それだけかい?でも肌ガッサガサの子が生まれたらイヤだな・・・。これから、気をつけます。

 急に決まった帰国、そしてひょっとしたら半年近く香港に戻れないのかも?と思うと、

・次に帰国するときには、お土産にあれを買おう、これも買おうとハリキッテいたのに、今回急でひとりで帰るので、あんまり荷物が持てない・・・無念。
・この夏のマンションの更新で、私がいない間に引越しになっちゃったらどうしよう・・・
・最近、ダンナ様がお腹を触っても胎動がわかるようになってきて、やっとなんとなく実感わいてきたところだったのに・・・&そろそろ子供の名前について、ダンナ様と考え始めなきゃ、と思っていたのに・・・
・出産前の思い出に、コタキナバル旅行予定してたんだけどな~
・これから湿気の季節を迎える香港で、私の二胡はカビに負けないだろうか・・・
・先週から新しくなったばかりの英語のクラス、たぶん今まででいちばんいい感じだったんだけどナ(&先生は27歳の小顔イケメン8頭身教師だったんだけどナ)。
・今週末からcity'superで始まる「日本の酒」フェアでは、サバ寿司とアジ寿司とサンマ寿司買おうと思って、手帳にまで書いて楽しみにしてたのに・・・(そんなの日本で食べられるのに)

などなど、心残り&気がかりなことが山積みですが、とにかく一度日本に帰ります。今日はさすがに食後さっさと帰宅して掃除をし、明るいうちにお風呂に入り&ついでにお風呂掃除をし、洗濯を済ませたら、お腹がグー!!!なんて丈夫な胃袋でしょう♪冷蔵庫の残り物で晩ご飯にし、明日の朝用におにぎりまで作り済みデス。


名都酒樓  Metropol Restaurant
  4/F.,United Centre,95 Queensway,Central
  電話:2865-1988   営業時間:8~24時
[PR]
by sara-hongkong | 2008-02-26 23:58 | そとごはん

昨日が最後ではありませんでした。

 今日は二胡のレッスンがありました。去年の4月に結成された二胡クラスですが、この3月で日本に本帰国予定の方がいらっしゃるので「そろそろ送別会を・・・」なんて言っていたところでしたが、今回私も急に日本に帰ることになり、ひょっとしたら出産まで戻れないかも&子供が生まれたらレッスンにいつ復帰できるかも未定、ということで、今日は突然お別れの日になってしまいました。なんだかサミシイ。

d0087642_2327187.jpg レッスン後、お昼ごはんを食べて帰りました。飲茶は昨日で食べ納めかと思っていましたが、結局今日も飲茶でゴザイマシタ(!)。去年4ヶ月間日本に帰っていたときも、いちばん恋しかったのは飲茶だったかもしれないので、私はモウマンタイなのです。お店は銅鑼灣の翠園。ここは広東語を習い始めた頃に先生と一緒に来て以来だったので、もう1年以上ぶりでした。懐かしいです。

d0087642_021018.jpgd0087642_0213123.jpg 蝦餃(エビ蒸し餃子)や鹹水角(五目野菜と肉餡入り揚げ餅)など、いつもオーダーがワンパターンになりがちなので、ここからは「いつも絶対頼まないようなスゴイメニューを発掘する」ということになり、漢字だらけのメニューとしばしにらめっこ。

d0087642_055880.jpgd0087642_0774.jpg 左は「帯子海鮮芋茸酥」。ホタテなどの海鮮とキノコ入りのお芋のコロッケみたいなもの。右は「健康新菌腸粉」。腸粉(お米の粉で作ったクレープ)自体はたまにオーダーすることはありますが、お野菜とキノコの腸粉ですからローカロリー♪ま、こんだけ食べて今さら「ローカロリー♪」などと言っても説得力ないですケド。
d0087642_073417.jpgd0087642_075183.jpg 左は「帯子海皇菜苗餃」。ホタテと野菜の蒸し餃子。右側はいつもの叉焼包(チャーシュー饅)ではなく「瑤柱雞包仔」という貝柱と鶏肉のお饅頭。こうしてみると、今日のオーダーはなんだかやたらとホタテに偏ってましたネ。今頃気づきました。

d0087642_013072.jpgd0087642_0132339.jpg ここのお店の大根餅、何種類もあったのですがこれは「XO醤炒蘿蔔糕」。大根餅をさいの目に切って炒めたもの。これ、スパイシーで美味しいネ!今度自分で大根餅を作ったらこれも試してみます。右側は「脆皮雷沙湯丸」という温かいデザート。漢字からイメージしていたのといちばんかけ離れていたのはこの點心でした。胡麻餡入りの白玉団子に衣をつけて揚げてあり、ちょっと油っぽかったけど胡麻餡がグーでした。

 こうしてみると、最近は漢字だらけのメニューを見ても、どんな素材をどう料理したものなのかが推測できるようになったので、初めてのものを頼んでもビックリするようなお料理が来ることはめっきり少なくなりました。広東語を習って、少しは役に立ってるのかナ?でも、実は今日このお店で最初のオーダーが通っておらず、空腹のまま30分くらい待たされた際、広東語でビシッとクレームを伝えるつもりでしたが、ウェイターさんを前に言えた台詞は「未嚟!(まだ来てません)」の一言のみ・・・情けない。

 先週の授業で、広東語の先生が生徒全員に「あなたはだいたいどのくらいに1回飲茶しますか?」と飲茶に行く頻度を質問したのですが、その答えは人によってあまりにもバラバラでした。ちなみに私は「だいたい1週間に1回」と答えたのですが(もっとも今週は飲茶率メチャメチャアップですでに2回目ですが)、クラスでは2番目に頻度が高かった。少ない人だと「半年に1度」って人もいました。香港暮らしが長い人は「最初は結構行ってたけど、もう飽きちゃった」って言ってましたヨ。私はまだまだ新参者ということかしらネ?!



*翠園  Jade Garden
  1 Hysan Avenue,Causeway Bay
  電話:2577-9332  営業時間:7:30~24:00(無休)
[PR]
by sara-hongkong | 2008-02-25 23:09 | そとごはん

ひょっとして、これが食べ納め飲茶?!

d0087642_20534742.jpg 出張にでかけるダンナ様の見送りに、空港へ行ってきました。普段は出張だからといっていちいち見送りなどには行かないのですが、実は私、来週(彼の出張中)急遽日本に帰国することになってしまったのです!香港での妊婦健診にて若干問題があるとのことで、出産予定の日本の病院に一度早めに診察に来てほしい、ということになってしまいまして(と言っても、今のところ本人はとっても元気なのでご心配なく)。もともとの予定では4月の中旬まで香港で過ごすことになっていたので「あと2ヵ月であれも食べよう!d0087642_2054992.jpgあ、あのお店にも行っておきたい。あそこでも買い物しなくちゃ、うひひ」などと思っていた私には、大誤算!とにかく病院に行ってみないとわかりませんが、先生の診断次第ではこのまま出産まで香港には戻れない、ということもありうるみたい。いやーん!でもまぁ、こればっかりは仕方がないデス。そんなワケで、もしかしたら夫婦2人で香港最後の食事になるかもしれない今日のお昼ご飯。迷ったけれど、やっぱりヤムチャにしました。空港内の美心閣。

 ここも香港最大のレストランチェーンとして知られる美心集團(マキシムズグループ)のお店。味にも定評があります。出発前に飲茶ができるので、日本からのお友達を見送りに来たときなどはダメ押し飲茶で利用することもしばしば。でもここ、すっごく大手なのに、日本語メニューは結構イケてるんだナ~。
d0087642_20595410.jpgd0087642_2102531.jpgd0087642_211394.jpg
d0087642_2113377.jpgd0087642_213409.jpgd0087642_214269.jpg





 ね?「まき」って・・・ウププ。そういえば同じマキシムズグループで、駅の構内などでパンやお菓子を売っている美心西餅というチェーン店では、日本式のどら焼きを売っていd0087642_21101211.jpgるのですが、袋には「あん どら焼き 美味しい」とデカデカと書いてあって、これを見るたびに私は思わずニンマリ(たしかこれ、ピーナツ餡のヤツには「ピーナツ どら焼き 美味しい」と書いてあります)。ちなみにお値段は6.5ドル(約100円)。パサパサしていてちょっと洋風な感じもしますが、一応どら焼きです。ウケ狙いのお土産にもいいかも♪

d0087642_21203164.jpgd0087642_21205679.jpg
 さてさて、そんなイジワルはさておき、今日も美味しくいただきました。なにしろ私の壮行会(かもしれない)ですからネ!またしばらく飲茶できないかと思うと悲しいナァ。
d0087642_21211298.jpgd0087642_21213834.jpgd0087642_21223131.jpgd0087642_21224822.jpg

d0087642_21293949.jpgd0087642_21295480.jpg いつもワンパターンになってしまうので、甜品(デザート)は新しいものにトライすることに。私はタロイモの西米露(左)。見た目は地味ですが、優しい味です。甘さが控えめなうえ、具がお芋であることと温かいことから、デザートというよりスープっぽい気がしてしまうんですけどね。ダンナ様は士多啤梨布甸(=イチゴプリン。読みd0087642_21392574.jpgみは「シートーベーレィボウディン」)をオーダーしたのですが、洋梨の形の容器が運ばれてきました。でもフタを開けたら中はイチゴとミルクのプリンでしたヨ。味は普通ですが、プリンはかなりフルッフルで、器をゆするとプルプルするほど。ここのお店、マンゴープリンがゴリゴリしているのを日頃から残念に思っているのですが、このイチゴプリンの固さをぜひマンゴープリンに採用していただきたいものデス。

 日本帰国まではまだ数日ありますが、ひょっとしたら飲茶はこれでしばらく食べ納めかナ?なーんて言ってて、すーぐ帰ってこられて、またすーぐ飲茶に行くかもしれませんが。あ、念のため申し上げておきますが、今回の帰国の原因は食べすぎとは全く関係ゴザイマセンので悪しからず♪


*美心閣    Maxim's Chinese Restaurant
  Level 8,Passenger Tarminal Bldg.,HK International Airport
  電話:2186-6068   営業時間:6:30~23:30
[PR]
by sara-hongkong | 2008-02-24 20:57 | そとごはん

中国茶のたのしみ

d0087642_2024579.jpg ずっとほしかった電気式のヤカン♪だいぶ前からあちこちのお店に行って探し歩いていたのですが、最近ついに購入しました。これ、茶藝館などに行くと各自自分でお茶を淹れて楽しめるように、各テーブルに設置してあるもの。私は中国茶を習い始めてから、ちょっとずつちょっとずつお茶道具を買い揃えているのですが、だいぶ集まってきましたヨ。今まではこのヤカンがなかd0087642_20405374.jpgったから、茶壺(急須)のお湯がなくなるたびに席を立ってキッチンまで行ったり来たりしてたけどこれさえあればラクチンラクチン。しかもこのヤカン、ティファールなどのものと違って、お湯が沸いたときのコポコポっていう音も、なんだかのんびりしていていい感じなのデス。最近はひとりで家にいるときに、中国茶を淹れてまったりとした時を過ごすことが俄然増えました(妊婦がカフェインを控えなくてはならないのは、重々承知しているんですヨ、一応)。
 お茶菓子はその日によって、ドライフルーツだったり洋菓子だったりもするのですが、d0087642_20441929.jpg今日は杏仁餅とジャスミン茶のクッキー♪杏仁餅はマカオに行ったときに買ってきたもの。ちょっと落雁みたいな感じの、かなり粉っぽいアーモンドクッキーです。これ単独で食べると口の中の水分を全部吸い取られる気がしちゃうけど、中国茶といただくととっても美味しいから不思議。ジャスミン茶のクッキーは奇華餅家のもので、私は結構お気に入り。他にも烏龍茶、緑茶、紅茶味があります。8枚入りで、たしか6ドルだったと思います。

d0087642_219127.jpg 中国には「養壷(急須を育てる)」という言葉があります。茶壺という急須を長く使い続けることで、茶壷に少しずつ茶渋がつき、独特の色艶がでてくるんだそうです。そうやって育てた茶壷は、お湯を注ぐだけでほんのりとお茶の香りが立つようになり、お茶がいっそう美味しくなるのだそうですヨ。中国茶で使うこういう茶壺は、紫砂という土で作られたものが最高と言われているのですが、釉薬をかけずに素焼きしたものなのでお茶の成分や香りを吸収しやすいんですネ。だから、洗剤で洗ったりするのは絶対にタブーですし、1つの茶壷では1種類のお茶しか飲まないのが理想的。という訳で、いくつもほしくなってしまd0087642_21172153.jpgうのが困り物。小さなものだと直径5cmくらいしかないものですが、本物の紫砂でできた茶壺はお値段も安くはありませんから、購入の際はよぉ~く吟味しなくては。丸くてころんとしたものや平べったい形のもの、フタの淵が少し上がっていたり、注ぎ口のつなぎ目に穴がたくさん開いているか、一つ穴か、などなど、色やデザインが微妙に違っているので、お店に行くたびに「この茶壺はあのお茶で育てたらどうだろう?」と妄想しまり、ついつい時間を忘れて茶壷と向き合ってしまう私なのデス。

d0087642_21203881.jpg という訳で私も、まずは自分の好きなお茶で、2つの茶壺の子育て中。買ってきたときは、余計なワックスなどを落とすためにもお鍋でやさしくコトコト煮ましたし、お茶を淹れたあとには茶殻に漬け込んだり、それはそれは大切に育てているのですが、使い込まれた茶壺の、あのステキなツヤはまだまだ出てきておりません。可愛いわが子がこれからどんな風に育ってゆくのか、日々の楽しみでもあります。
[PR]
by sara-hongkong | 2008-02-23 21:42 | 香港でティータイム

坦々麺をハシゴ!

d0087642_2294259.jpg 「北角に美味しい坦々麺のお店がある」というウワサ、香港に住んでいる人ならきっと一度は聞いたことがあるのでは?(大げさか?!)。坦々麺が大好きな私は当然ながらずいぶん前から気になっていたものの、なかなか北角に行く機会がなかったのよネ。でも、本日ついに行ってきました♪しかも、その「美味しい坦々麺のお店」は2軒あるのだそうで。それは・・・d0087642_2210179.jpgハシゴするしかないでしょう!どちらのお店も北角街沿いにあります。トラムが市場の中を抜けていくことで有名な、春秧街のすぐそばです。この市場で賑わう春秧街は、昔ながらの街の雰囲気がぷんっぷん漂っていて、普段の私なら絶対に食いつくところなのですが、今日はなにしろ坦々麺が待ってるってことでほぼ素通り・・・ま、雨も降ってたんで。次回は市場ものんびり歩いてみたいです。

d0087642_22181196.jpg さて、それでは1軒目(1杯目)。蕃薯苗小館というお店の坦々麺♪ここのお店は辛いのと辛くないのが選べました。どちらも見た目はあんまり赤々としておらず、運ばれてきたとき、坦々麺にしてはビジュアル的d0087642_22235273.jpgにパンチが足りないような気がしたのですが、これ、すんごく美味しかったんデス!ピーナツの風味が濃厚で、スープはちょっとトロっとしています。麺の硬さも絶妙デス。うんめぇ~これ。辛いもの好きの私としては、もうちょっと辛くてもいいんですけど、スープ全部飲みたくなりますヨ。そうそう、ドンブリの底に、大事なピーナツペーストが沈んでいますから、d0087642_22244026.jpg食べる前に上下をしっかり混ぜ混ぜすることをお忘れなく!お値段はちょっと定かではないのですが、20ドル代前半だったと思います。
 サイドオーダーは北方水餃(北京風水餃子)。中に、はちきれんほどの餡が入っていて、超オデブな水餃子。お肉たっぷりです。美味でゴザイマス。他にも魅惑的なサイドオーダーが数々あれど、なにしろ2軒目が控えてますからこれにて失礼!

 蕃薯苗小館から徒歩2分ほどのところにある小辣椒に移動して、本日の2杯目♪こちらの坦々麺は汁なしタイプと聞いていたのですが、d0087642_22275378.jpg頼んだら普通の坦々麺が来ました。これって汁ありだよねぇ?メニューの名前、違うのかも?!まぁ、なにはともあれイッタダキマース!こっちの坦々麺はスープがさらっとしていて、ちょっとタイとかマレーシアあたりの麺っぽい感じがしました。1軒目に比べると辛いけど、私にとってはまだまだな感じ。先ほどとはタイプが全然違ってこれまた美味。お値段は22ドルですが、量がすっごく多いので、かなりお腹いっぱいになりました(なにしろ2杯目ですから)。ゴチソウサマでした。ちなみに、個人的には蕃薯苗小館の坦々麺の方が私好み♪

d0087642_2249282.jpg 上環に移動してお買い物を済ませた後は、お汁粉屋さんでひとやすみ。こちらのお店のメニューは、蒸しパンのような素朴なケーキ以外はほぼ温かいお汁粉のみ。マンゴープリンだとかのイマドキデザートなどは一切ない、昔ながらのお汁粉屋さんです。お店の中も余計な飾りやBGMもまったくなく、過不足なく居心地の良い感じがたまらなくいい味出してます。店員さんがおじさんだけ、というのも私的にはかなりポイントが高い!器いっぱいに盛られたお汁粉たちを、こぼさないように慎重に慎重に運ぶおじさんたちの姿がかなりキュート♪しかもお汁粉屋さんなのに、なぜかお客さんもおじさんが多かったです。d0087642_22575373.jpg
 日本ではお汁粉ってあんまり食べる機会がないですが、香港ではお汁粉と言えばかなりメジャーなデザート。街にもお汁粉を食べられるお店はたくさんあります。香港のお汁粉は日本のに比べて、さらっとしていて、あっさりした甘さなのが特徴です。日本のお汁粉好きな人だと「薄い」と感じるかもしれませんが、慣れてしまうとこのくらいの方がほどよく感じてくるからフシギ。このお店、お汁粉しかないけれど、胡桃やアーモンド、緑豆沙(緑豆)d0087642_238151.jpgのお汁粉など、種類は豊富。私は蓮子紅豆沙という蓮の実入りのアズキ汁粉をいただきました(18ドル)。お店の雰囲気と同じ「何も足さない、何も引かない」美味しさ。気持ちが休まります。レンゲですくうと蓮の実がゴロゴロ入っていましたヨ!
 食べている途中で、蒸しケーキが出来上がったようで、蒸篭に入ったホカホカケーキをおじさんが扇風機をつけて冷ましていました。店いっぱいにケーキの匂いが広がって、なんとも幸せな雨の午後でした♪



d0087642_23114963.jpg*蕃薯苗小館  The Green Kitchen
  北角北角道17號地下  電話:2887-2728
  ※このお店、意外にも日本語メニューがあります。
   ただし日本語はかなり微妙。ウケます。
   × インリャオ → ○ 飲料
   × ハリケンビール → ○ ハイネケンビール
   × ソフトトリンゲ → ○ソフトドリンク

*小辣椒  Little Chilli
  北角北角道33號B2  電話:2571-9822

*源記甜品専家  Yuen Kee
  西營盤正街32   電話:2548-8687   営業時間:12時~
  ※アイランドパシフィックホテルの近くです
[PR]
by sara-hongkong | 2008-02-22 22:40 | そとごはん

お散歩日和でした

 今日の香港は陽射しもぽかぽかとあたたかく、本当に気持ちのよいいちにちでした。私は朝から広東語→英語→病院とハードスケジュールでしたが、せっかくなのでこんな日d0087642_23533993.jpgは、スターフェーリーに乗って帰ることにしました。スターフェリーってあんなにゴキゲンなのに、たった30円ほどで乗せてもらえるなんてホント申し訳ないネェっていつも思います。
 よく見ると写真にクレーンが写っているのがわかりますが、近頃香港駅から中環のスターフェリー乗り場までの歩道橋を歩くと、大規模なヴィクトリア湾の埋め立て工事が行われていて、とっても目につきます。ヴィクトリア湾の埋め立ては1800年代後半から行われているそうで、d0087642_022221.jpg香港島側では現在の皇后大道(Queen's Road)、英皇道(King's Road)よりも海側の土地は埋立てによって作られたんだそうです。私は九龍側に住んでいるのですが、以前香港歴史博物館で埋め立て前の地図(こんな感じの地図でした)を見たら、私のマンションのある地域は昔完全に海でしたし。海や漁師の守護神として信仰されている天后を祀る寺院が、海から離れている場所にあるのはそのためなんだって!なーるほどネ。

d0087642_0223363.jpgd0087642_026129.jpg とにかく、ヴィクトリア湾の埋め立て事業は、ご覧のとおりまだまだすごい勢いで進められておりますヨ。1年ちょっと前に移転リニューアルした中環のスターフェリー乗り場だって、前の場所よりかなり対岸の尖沙咀に近くなっていると言うのに、このまま埋め立てを続けたら、スターフェリーに乗る時間だってどんどん短くなりそうで、スターフェリー愛好者の私としては心配なのです(ただですら数分なのに!)。
d0087642_0373237.jpg この香港駅~スターフェリーピア間の空中歩道橋では、多くの人(気のせいかオジサンが多い気がする)が足を止めて、工事の様子をじっと見ている姿が目立ちます。単純に工事の大規模っぷりに興味があるだけなのかもしれませんが、どんどん変わっていく香港の街並みを眺めながら、いろいろ思うところがあるのだろうか、などと勝手に考えてしまう私です。

d0087642_0413237.jpg

 尖沙咀でスターフェリーを降りたら、バス停のところで面白いオジサンに出逢いました。この人はどうやらこのバイクで世界中を旅しているみたいですネ。
d0087642_0431874.jpg

 バイクの側面には、彼が旅してきたルートを示す地図が貼り付けてありました。
d0087642_0445151.jpg
 よく見たら、日本だけの地図も別途貼ってありました。話しかけようかと思ったけど、私の英語力で会話が盛り上がる自信がなくて断念。

d0087642_046388.jpg こっちは地下通路で歌っているおばちゃん。この人、この尖沙咀のYMCA横の地下通路でカワイイ声で歌っている姿をときどき見ていて、すっごく気になっていたんだけど、今日やっとドサクサ紛れに写真撮れちゃった。向かって右側に立てかけられた手作りボードには、曲目が書かれているみたいでした。
[PR]
by sara-hongkong | 2008-02-21 23:50 | 香港の風景

decaffeinated coffee

 妊婦になってからも、とっても元気なワタクシ。困ったことと言えば、カフェインを控えなくてはならなくなったことくらいなのですが、これが結構ツライ。本なんかには「コーヒーは1日2杯くらいまでなら大丈夫でしょう」などと人事だと思ってさらっと書いてありますが、カフェインてコーヒーより少ないとは言え紅茶にも、日本茶にも、中国茶にも入ってますから、これら数種類の飲み物を1日トータルすると結構な量のカフェインを摂ることになっちゃうんじゃないの?!ってことで、なかなか苦悩の日々。自分なりにカフェインの量を抑えるように心がけていますが、あんまり神経質になりすぎてもいけないかと思って(っていうより、d0087642_0505833.jpgもともと大雑把な性格なので)飲茶に行ったときや中国茶教室の日などは、もうしょうがないと思って諦めていますもともとコーヒーが大好きで、大学時代にドトールでバイトしていたほどの私。お酒は全然飲めないんですが、たぶん酒好きの人が「酒飲みテェ」と思うのと同じ感覚で「あぁ、コーヒー飲みテェ」って思うし、たまに「今日はこの1杯だけ自分へのご褒美」と思って1杯のコーヒーを飲んだときには「あぁぁ~五臓六腑に染み渡るぅ~」と、思わずつぶやいてしまう今日この頃。

d0087642_0553938.jpg そんな私に朗報が。妊婦になって12月に香港に戻ってきてから知ったのですが、香港ではほとんどのコーヒーショップでもカフェイン抜きのコーヒーを飲むことができる上、スーパーでもフランスやイタリアなどの世界中の、いろいろな種類のカフェインレスコーヒーを手軽に入手できるんですネ!日本でもスターバックスコーヒーではカフェインレスコーヒーを飲めるらしい、と以前に聞いたことがあるのですが、d0087642_155225.jpg私、日本ではコーヒーからカフェインを抜いてもらおう、なんて考えたこともなかったものですから、未体験デス(今度帰ってきたら試してみよう!)。でも日本にはカフェインレスのコーヒー豆を扱っているところってあんまりないような・・・。インスタントやたんぽぽコーヒーなる飲み物で我慢している妊婦さんも多いと聞きます。あぁ香港にいてよかった♪カフェインレスについては、日本は世界にやや遅れをとったか?!
d0087642_164825.jpg そんなワケで私、最近はどこのお店に行っても「I'd like to have a decaffeinated coffee」を連発しています。おかげでひとつボキャブラリーが増えたヨ!今日はKrispy Kreme Doughnutsでひとやすみしましたが、やはりありましたカフェインレスコーヒー。やっぱり普通のコーヒーと比べるとコクが全然ないんですけどネ。でもここのはなかなかグーでした。関係ないけど日本では話題のこのクリスピークリームドーナツ、香港ではずいぶん前からあって今は7店舗あるみたいですが、いつでも結構すいています。あまりにすいてて「大丈夫かな?」と思うこともしばしば。 
d0087642_1254795.jpg 私がこれまで飲んだ中では、Pacific CoffeeのColumbian Decafがいちばん美味しかった♪カフェインレスとは思えないほどの濃さで、バッチリ満足感を得られました。コーヒー豆も販売してくれるので、出産前に日本に帰るときは、これを持って帰りたいと思います。そうそう、ディカフェのコーヒーってメニューに載っていないことが多いので、値段がイマイチわからないのですが(ちゃんとレシートを見れば良い話なのですが)、ラテとかカフェモカなんかに比べるとすごく安い気がします。
 ちなみに写真のケーキは最近お気に入りのマンゴーチーズケーキです。美味です。
[PR]
by sara-hongkong | 2008-02-20 23:20 | 香港でティータイム

久々にディープゾーンへ

d0087642_20334712.jpg 「るるぶ香港’08」を読んでいたら、
マナーやサービスなどは期待しないで行こう
と書いてあった龍門大酒樓。創業60年の老舗のお店、しかも昔ながらのワゴン式飲茶が楽しめるとあれば、ぜひとも行ってみたいっ!と、私ずっと気になっていたんデス。今日ちょうど灣仔に用事があったので、お友達を誘ってついに足を踏み入れました。トラム通り沿いにある、あの古~い赤い建物でございます。
d0087642_2036058.jpg ちょうどお昼時ということで、お店はかなり込み合っていました。お客さんは100%に近いほど香港人のおじさんとおばさんたち。ワゴンも行き交っていてローカル臭ぷんぷん。そのディープっぷりは、上環の蓮香樓以前に勇気を出して行ってみた油麻地の得如茶d0087642_20402022.jpg樓餅家とちょっと似ています。でもこの龍門大酒樓、蓮香樓よりは若干キレイ。そして立地のせいか、はたまた時間帯のせいか、得如茶樓よりはこっちの方が明らかに賑わっている模様。とにかく、明らかに日本人の女子2人組が食事をする雰囲気ではありませんでしたが、怯まずに入店。1階は満席だった模様で、なぜかお店のおじさんに「広東語しゃべれる?」と聞かれ「少し・・・」と答えると、3階にあがるように指示されました。

d0087642_20571992.jpg 3階の席について、おばちゃんに鐡觀音茶をお願いしたところまではよかったのですが、ワゴンが来ない。しばらく観察していると、この3階はテーブルとテーブルの間の通路が狭いので、フロア中央のあのオジサンがいるところまで點心を取りに行くシステムのよう。私たちのテーブルの伝票を手に、オジサンの方におそるおそる近づいていくと、お客さんの1人が「そうそう、そこで點心を選ぶんだよ」と指で指示してくれました。d0087642_2165534.jpg無事に點心担当のオジサンのところにたどりつき、ほしい點心を選ぶと、オジサンはにこにこして紙にハンコを押して蒸篭をお盆にのせてくれます。お盆は自分で席まで運ぶセルフサービススタイルのようです。それにしても得如茶樓に行ったとき、明らかに「外国人のクセにこんなお店にきちゃってる。おバカだね」みたいな雰囲気をバシバシ感じたものですが、このお店の人たちはみんな優しかった!あ、もしかしたら得如茶樓のときはダンナ様と一緒だったけど、今回は美女2人連れだったからかなっ?!
d0087642_23344163.jpg 飲茶タイムは5時半までなのですが、3階は3時で閉めることになっているらしく、點心の種類はものすごく少なかった。「蝦餃ある?」って聞いたら「ない」って笑顔で、でもきっぱり言われたしっ!3時が近づくにつれて蒸篭がどんどん少なくなっていき、もうこれ以上は種類が増えそうもないので腹六分目くらいでしたが退散いたしました。でも、帰りにグランドフロア(1階)を通ったら、まだいろんな種類の蒸篭をのせたワゴンd0087642_23462974.jpgも回っていて、お客さんがたくさんいましたヨ。あぁ、最初にグランドフロアの席につけていたらもうちょっと楽しかったのかもー。次回は時間帯をよく考えて狙ってくるゾ!
 あ、肝心のお味ですが、予想していたほどダメじゃなかったです(なんて失礼な言い方でしょう)。普通に美味しかったです。ただ、お値段は絶対すごく安いと思っていたのに、ひとり1000円弱でした(腹六分なのに!)。あー、でも面白かったヨ!

d0087642_23472513.jpg 昼食が不完全燃焼に終わってしまったので、お買い物をはさんで、香港藝術中心内のPumpernickelというお店でサンドイッチを食べました。本当は甘いものを、って言ってたのですが、ここのお店はパンが美味しいので。このお店、銅鑼灣店には行ったことがあるd0087642_082822.jpgのですが、ここのお店は初めて。銅鑼灣の方に比べるとこちらの灣仔店は軽食中心という感じ。それからパンのお持ち帰りはできませんでした。ただ、海に面していて窓が大きく、なかなか居心地はヨロシイ。駅から遠いこともあってか人も少ないので、ちょっとした穴場カフェかもしれません。


*龍門大酒樓  Lung Moon Restaurant
  130-136 Johnston Road, Wan Chai 電話:2572-9888
  営業時間:6~23:30(飲茶は~17:30)。無休。

*Pumpernickel   黒麥
  4/F.,Hong Kong Arts Centre,2 Harbour Road,Wan Chai
  電話:2588-1001  営業時間:10~21時。無休。
[PR]
by sara-hongkong | 2008-02-19 23:23 | そとごはん

とにかく、美味しかった。

 今日は久しぶりに美味しいお寿司を食べました。お店は、銅鑼灣の寿司 翔太。私は以前に一度来たことがありましたが、お昼に来るのは今回が初めて。香港にある日本食のお店では、夜はものすごくお値段が高くても、お昼は意外とお手頃なランチセットがあることが多いのですが、この寿司 翔太のランチセットについては「かなりイイ!」という話をあちらこちらで耳にしており、かなり楽しみにしてました、私。

d0087642_111173.jpg このお店、チラシ寿司とかまぐろの中落ち丼とか、焼き魚などなどいろいろなランチセットがありますが、断然お得なのは「翔太寿司ランチ」140ドル。ほとんどのお客さんはこれをオーダーしていましたヨ。注文票に書かれたお寿司の中から好きな握りネタを8貫と、巻物から1品選べるシステムです。写真は「とりあえず中トロ!」に印をつけた時点の私の注文票。この後、普段ありえないほどの真剣な表情で考えに考え抜いた末、注文票を完成させておじさんに託しました。あ、ちなみに同じネタを2貫頼むことはできないとのことですので、「中トロ×8」とか書いちゃダメよ!

d0087642_118028.jpg で、来ました!マイベストチョイスのお寿司たち♪ちょうどこの時お腹の満腹メーターがゼロになったベストのタイミングでもあったけれど、とにかく文句なく、美味しいお寿司でゴザイマシタ。板前さん、ありがとう♪日本ではスーパーでもそこそこ美味しいお寿司が買えたりしますが、香港ではそうはいきません(一応スーパーに売っているところも結構あるけど、怖くて買ったことない)。香港にある回転寿司は安いらしいけれど、なんとなくニセモノっぽくて行ったことがないし(美味しかったという話もあんまり聞かないし)、お寿司を食べると言えば「ここぞ!」」というお祝いだとか記念日くらい。昼間っからこんなに美味しいお寿司を食べられるなんて、幸せだナァ。出張中のダンナ様にも自慢してやろう~うっしっし(でも彼は仕事の食事で、ときどきちゃんとしたお寿司を食べてるんだよネ、ちぇっ)。d0087642_1304169.jpgd0087642_1305763.jpg
 この「翔太寿司ランチ」セットには他に茶碗蒸しとお味噌汁、それからコーヒーとデザートがつきます。今日のデザートはアイスクリームorシュークリームとのこと(お友達が以前来たときにはシュークリームという選択肢はなかったようなので、日によって違うのかもしれません)。そういえば香港に来て美味しいシュークリームって食べていなかったので、これについては即答で。香港のケーキ屋さんでシュークリームを売っているところも結構あるんですケド、d0087642_1312396.jpgパサパサしてたり中がスカスカだったりしてハズレ率かなり高いんですよネ。ところが、このお寿司屋さんで出てきたのはあの日本でも有名なビアート・゙パパのシュークリーム!味も日本と同じでした。香港でもそごうの地下とか旺角の駅の構内にお店があるのは知っていましたが、香港のビアード・パパをお寿司屋で初めて体験できるとは思ってもみなかったナァ。あぁ久々に食べたよ、美味しいシュークリーム。幸せ~。今度シュークリーム食べたくなったら、ビアード・パパに駆け込もう♪今どきはの日本じゃ、コンビニのシュークリームだって美味しいもんナァ。香港は日本に近くて、日本のものはなんでも手に入るんだけど、こういうささいな事で「やっぱり外国に住んでいるのだなぁ」と実感することがよくあります。
d0087642_1464066.jpg 昼食後はお友達のおうちにお邪魔して、かなり遅くなるまでお喋りしていました。そして、最近ぬか漬けを始めたと言うYちゃんから、お土産にお漬物までいただいて帰りました。これこそ、海外暮らしの究極のご馳走と言えるかもしれませんネ。今日は大根と人参と豚バラの煮付け、白菜とベーコンとトマトのコンソメ煮、おから、そして葱とじゃこ入り納豆ご飯、それからこの美しいお漬物で日本人らしい晩ご飯をいただきました。Yちゃん、ご馳走様でした。美味しかったヨ~。


*寿司 翔太
  8/F.,Kyoto Plaza,491-499 Lockhart Road,Causeway Bay
  電話:2834-3031  営業時間:11:45~15時、18~23時
[PR]
by sara-hongkong | 2008-02-18 23:59 | そとごはん