<   2006年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

いちにち早くMerry Christmas!

d0087642_0213571.jpg 9月に採寸をしたダンナ様の革靴が、やっとできあがりました!うちのダンナ様は足の幅がとても広いので、既成の靴はなかなか合うものが見つからないのですが、ちゃんと測って作ってもらっただけあってとても履き心地が良いそうです。靴の裏には釘が打ってあるのが見えます。これ、もともとは去年のクリスマス&今年のバースデープレゼントを兼ねて、ということになっていた気がしますが、時期も時期ですし、いっそのこと今年のクリスマスプレゼントも兼ねちゃいませんか?ダメよねぇ。

d0087642_0222365.jpg 我が家はちょっと早めにクリスマス。今日はイヴイヴでしたが、ちょっとだけクリスマスっぽい食事をしました。ダンナ様が夕方出張から戻り、靴屋さんなどへ同行していたせいで時間がなくなり、ところどころ手を抜かせていただきました(いつものことです)。ダンナ様は昨日の出張でだいぶ飲まされ、まだちょっと気分が悪そうなので、ワイングラスに麦茶で乾杯しました。

今夜のメニューは・・・
[PR]
by sara-hongkong | 2006-12-23 23:47 | いえごはん

久々の點心教室!

 今日はとっても楽しみにしていた點心教室の日でした。今日のテーマは「かわいい點心」。d0087642_23433712.jpg金魚やにんじんの形の點心を習いました。棒に紐と簡単なお皿がついただけの、シンプルな天秤で粉を量っているのが先生です。やさしくてちょっとシャイなかわいいおじさん(失礼!)です。日本語はちょっとだけ話せますがボキャブラリーは多くないため、オブラートに包まずに「これは、ヘタですネ」とか思いっきり言われます(でも全然悪気はないんですヨ。きっと私もカタコトの広東語でいろいろ失礼なことを言ってるんだろうなぁ)。

d0087642_22255557.jpg 點心で私がいつも苦労するのは餃子類の皮。麺棒で四苦八苦するのですが、今日の餃子の皮はこちらの蝦餃刀という道具で作りました。これ包丁みたいですが、切る道具ではありません。お団子状にまるめた皮の生地を麺台に置いて、この蝦餃刀でつぶしながら薄く、丸く延ばします。麺棒よりは簡単です。この蝦餃刀、ほしいナ。今度上海街で買っちゃおう。うっしっし。

d0087642_22314549.jpg 金魚の蝦蒸し餃子の皮は、100%のにんじんジュースを使ってオレンジ色にします。先生がお手本を見d0087642_2239956.jpgせてくれてから生徒の私たちがそれぞれ金魚の形に包んでいくのですが、これがとってもムズカシイ!先生がやるのを見ていると簡単そうに見えるんだけどネ。私が包んだのはどう見ても、ブタかセミにしか見えない・・・→

d0087642_22435110.jpg
 でもみんなで作った金魚たちを蒸篭に入れて蒸したら、皮が半透明になってなんだかかわいくできました。エビもぷりっぷりで美味ぃ~♪餡にはエビのほかに筍が入っています。

d0087642_2248428.jpg

 こちらは龍の眼の形になっていると言われる「XO醤鳳眼餃」という點心です。これは包み方がやや簡単。餡はやはりエビと、こちらはセロリが入っています。目玉の部分にXO醤とコリアンダーをのせます。

d0087642_2256698.jpg
 これもとってもかわいい點心!大きさは7センチくらいの、にんじんの形のカスタードパイです。コリアンダーの根の部分を葉っぱに見立ててあります。アツアツのうちにいただくと、もちもちの皮の中からカスタードクリームがとろーりとろけ出てきます。


 今日はほんとに楽しかった&美味しかったです!!!點心を習うとすぐに家でやってみたくなるんですけど、これを家で全部ひとりでやるとなると大変だっ!お教室では大勢(今日は8人)で作るからあっという間にできるけど、ひとりだったら一品作ってる間に日が暮れるに違いない。憧れの「我が家で飲茶パーティー」への道は遠い・・・。
[PR]
by sara-hongkong | 2006-12-22 23:15 | 香港でお勉強

ネイザン・ロードをひたすら南下

d0087642_1944159.jpg 今日の香港はとってもぽかぽか陽気で気持ちよかったので、午後からぶらぶらと外へ。なんとなくクリスマスプレゼントなどを探しながらお店を眺めつつ、結局旺角から尖沙咀まで歩いてしまいました(最近ちょっと美味しいものを食べ過ぎていたので、これでちょっとは罪悪感も軽減されました)。ネイザン・ロードは先日、パンダバスでネオン輝く夜の風景を見たばかりですが、昼間はこんな感じ。やっぱり看板がスゴイ。

d0087642_19161640.jpg
 日本では年末になると工事が増えていた気がしますが、香港では一年中いつでもどこでも工事をしていて、竹の足場もたくさん組まれています。これはこれから組まれると思われる竹と、結いつける紐が無造作に道端に置かれているところ。

d0087642_19191098.jpg


 途中、幼稚園の仮装行列?みたいなのに出会いました。着物着ている子供もいました。スニーカーだったけど。クリスマス会とかなのかな?なんともかわいらしい。

d0087642_19204139.jpg

 そうかと思えば、今度はガラス越しにでっかい魚の開きが!グロい!デカイ!怖い!向こうにいる板前さん(?)、これからこのお魚をどうするんだろう。



 今の時期の香港は街中どこへ行ってもクリスマスの飾りがたくさんあって、眺めて歩d0087642_19355829.jpgd0087642_19381719.jpgくだけでたのしいネ!うちにツリーがなくても、街にこれだけたくさんあれば十分デス。今まで撮り貯めていたツリーの写真です♪

d0087642_19315839.jpgd0087642_19322834.jpgd0087642_19324371.jpg








    d0087642_19474881.jpgd0087642_19504866.jpg  
[PR]
by sara-hongkong | 2006-12-21 19:53 | 香港街歩き

日本語に苦悩する香港人

d0087642_1495687.jpg

 青空マーケットで髪留めを買いました。おばちゃんが袋に入れてくれたのですが、その袋がこれ。ハートのマークの中にひらがなで「しがち」って書いてありました。なんだろう?「しがち」って。お店の名前?

d0087642_1521880.jpg

通りがかりのお店のショーウィンドウ。
「ちっき」ねぇ。なんだろうなぁ。


d0087642_1565889.jpg

 「自慢厚あトースト」ですかっ。これはもしかして「厚めトースト」かもね。「あ」と「め」って結構区別が難しいみたいで、「ン」と「ソ」同様よく混同して使用されているのをみかけます。


d0087642_2155020.jpg 国際都市香港では、飲食店に日本語のメニューがあることが結構あるのですが、この日本語メニューを見るのが、私は大好き。いじわるばあさんみたいに熟読します。結構ちゃんとしたお店でも、全て完璧な日本語メニューってなかなかないんですよ。そんな私にぴったりのスゴイお店を先日発見しました。尖沙咀にある「牛仔専家 新源茶餐廳」。入り口に貼ってあるメニューからいい味出してます。「ゐ」の字が入ってるっ!d0087642_2184160.jpg
 一見香港によくある普通のきたない茶餐廳(定食屋さん)なのですが、壁に貼ってあるメニューには全て日本語訳がついています(日本人がそんなにたくさんくるようなお店には見えないけどね )。d0087642_2225198.jpgワンタン麺や炒飯なんかは、結構美味しい。家族連れやカップルもひっきりなしにやってきてそこそこ人気のお店の様子。でもおd0087642_2251351.jpg店のお兄さんのうしろの壁に貼ってあるメニューをよくよく見てみると、意味不明の日本語のオンパレード♪日本から遊びに来ていた私のお友達たちも大喜びでした。ここまでくると、もうわざとやっているとしか思えません。「お見事」と言いたい。d0087642_2293325.jpg辛いことや哀しいことがあったとき、こd0087642_2344353.jpgのお店に来て、こちらの「ファータンシヤールンフアソ」なんかを食べれば、絶対に笑えると思います。よろしかったらお試しあれ。
[PR]
by sara-hongkong | 2006-12-20 23:47 | 香港の不思議

この秋オープンのニュースポット

d0087642_20132571.jpg この秋、世界初のアニエス・ベーのフレンチレストランが香港にオープンしました。なぜ、香港に??という疑問はさておき、行ってみたいなぁーと思っているうちにオープンから2ヶ月経ってしまいました。小耳に挟んだところこちらのレストラン、ランチは何ヶ月も先まで予約でいっぱいとか。ほかにも「ここに来れば、香港ではあまり目にすることのできないMariage Frèresの紅茶がいただける」とか「お店の中の冷房の効きっぷりはものすごいらしい」とか「お味は普通」などの数々のウワサを聞いていたので、ぜひともこの目で確かめなくては!ということで、今日やっと偵察に行ってまいりました。

d0087642_2025323.jpg 店内には、フレンチカフェの雰囲気がただよっておりました。香港ってなんでもありそうな気がしますが、意外とこういう雰囲気のお店、すごく少ない気がします。ティータイムだったので私たち女子3人はケーキセットをオーダー。紅茶はやはり、Mariage Frèresのもの。8種類くらいのなかからチョイスできます。d0087642_20311062.jpg選ばなかったけどグリーンティのFUJI YAMAなんていうのもありました。そしてもちろん香港流に、ポットには何度でもお湯を足してくれます。いくらMariage Frèresとは言え、中国茶と違って2回目からはものすごーく薄くなるんですケド!食器は全てアニエスベーのロゴ入りでした。
d0087642_20444324.jpg
 ケーキもお皿にかわいくデコレーションされて出てきます。きっとお上品に小さなケーキだと思っていましたが、予想よりも大きめケーキで、お味もなかなかグーでございましたヨ。こちらのケーキセットで$75(約1100円)となると、ちょっと高いと思われるかもしれませんが、d0087642_20335978.jpgフランスのオッシャレーなカフェ気分を、ここ香港で味わえることを考えたら、妥当なお値段かもしれません。次回はぜひお食事してみたいものです(ちなみに冷房は思ったほどの効きではなかったものの、長い間座って喋っていたらやっぱり結構寒かったわ)。


*Agnès b. le pain grillé
  shop 1, G/F, 111 Leighton Road,Causeway Bay
[PR]
by sara-hongkong | 2006-12-19 20:56 | 香港でティータイム

お料理、英語、いろいろ反省

d0087642_11343576.jpg 今日は味十味のお料理教室の日でした。と言っても、ちょっと事情がありまして途中までしか参加できませんでしたので、最初の説明だけ参加して、出来上がったお料理を夕方取りに行きました(お料理教室まで手を抜く私って・・・)。そんな訳で今夜の我が家の晩ご飯は、ほとんど味十味のお料理のケイタリングスペシャルとなりました。夫よ、すまん。一応、サラダとスープだけは追加で作りました、とちょっと言い訳してみる。d0087642_11364639.jpg
 今回のテーマは「洋風おせち」。そういえばあと2週間でお正月なんですねぇ。手前のライスサラダはケーキみたいにキレイです♪食べるのもったいなかったけど、美味しくイタダキマシタ。カリフラワーと白菜のコンキリエ(パスタ)には、黒トリュフのスライスをかけていただきます。家でトリュフ食べる機会ってなかったなぁ(っていうか今後も絶対ないと思う)。d0087642_11433541.jpg
 デザートもあったので、食後にはめずらしくコーヒーなんて淹れちゃいました。このチョコレートケーキには、なんと生姜が入っています。オレンジの皮の香りと生姜が不思議にマッチして、美味しゅうございました。今年のクリスマスディナーはどうしようかなぁ。ダンナ様は出張が多そうなのでなんにもできないかもしれませんが。
d0087642_11485895.jpg お料理は最近ちょっと手抜き気味なのですが、先日肉まんを作りました(と、主婦らしさを必死でアピール)。先日作った小籠包があまりにも不恰好だったため、皮の厚い肉まんでリベンジしたんですけど(私、結構負けず嫌い)、結構うまくいきました。横にあるマンゴープリンは、許留山というお店からテイクアウトしてきたもの。これ結構美味しいので、お気に入り。ダンナ様が会社帰りにお土産で時々買ってきてくれます。

 余談ですが今日はお料理教室を途中退席して、来年から通う英会話スクールのクラス分けテストを受けに行ってきました。先生との面接があっていろいろな質問をされるのですが、あまりの自分の喋れなさ具合に、今日は本当に落ち込んでしまいました。いちばん最近見た映画について聞かれ「ジャパニーズフィルムの『日本沈没』です」と答えると、どんな話で、結末はどうなりましたか?と来たもんだ!クサナギ、トヨエツ、ミッチー・・・、出演者の顔が走馬灯のように浮かぶけど、英語が出てこない・・・。ちくしょー、もっと専門用語の少ない映画にしとけばよかったなぁ、と後悔しつつ、結局「地震がたくさん来て、日本が沈没の危機にさらされたけど、ひとりの男が・・・日本を・・・救った・・・」と、細切れ英語で話すのが精一杯。話、まったく膨らまず。
 ここのスクールは今までと違って日系ではないため、受付の人も日本語は全く喋れませんから、受講申し込みも四苦八苦(クラス分けテストよりこっちの方が大変でした)。英語圏に暮らしたらほんとは最初からこうなんでしょうけど、香港では本当になんちゃって英語でもなんとか暮らしていけてしまうのです。でもこれからはそうはいきません。「このコースとこのコースの違いは?」とか「お支払いは?」とかの細々したこともオール英語なので、説明を理解し切れなかった部分も結構ありますが、なんとか無事に(?)申し込めました。来年からは心機一転、頑張ります。
[PR]
by sara-hongkong | 2006-12-18 23:25 | いえごはん

香港ツアーのクライマックスは・・・

d0087642_12474899.jpg 私には「行きたいナ」と思っていてもまだデビューしていない場所がまだまだたくさんあります。日本からお友達が来たときにはちゃんとご案内しなければいけないのでしょうが、お友達が来る機会に新しい場所へ行かせてもらうことも多かったりします。そんな訳で今日も未踏の地へ踏み入れることができました。ここはオヤジの集う場所、Bird Garden(雀鳥花園)。大きなオウムみたいな鳥から小鳥まで、さまざまな鳥が売られています。香港では小鳥を飼うのはおじさんの趣味なので、お客さんもウワサどおりおじさん率がかなり高い!
d0087642_12581650.jpgたくさんの鳥かごに入った小鳥たちを眺めたり、買い求めたりするおじさんだけでなく、自分の買っている小鳥をここへ連れてきて自慢しあうおじさんたちもかなりの人数います。彼らの表情は揃ってなぜか誇らしげ。自分の小鳥を肩にのせてご飯をたべていたりします(日本人のおじさんがやっていたら、かなりキモイ!あまりみたくない光景です)。d0087642_132048.jpg
 小鳥以外にも、餌になるバッタとか(このコーナーは足早に通過!)、それから鳥かごなんかもたくさん売っています。鳥かごは小さなものだと手のひらサイズで、中に陶器の水のみ器が設置されていたりしてとてもカワイイ。小鳥を飼わなくても、インテリアとしてこの鳥かごをお部屋に飾るのもかわいいネ(私はモチロン購入しました)。

d0087642_1374294.jpg 夕方、日の入りの時刻を狙ってピークトラムで山頂駅へレッツゴー!今日の香港はかなり冷え込んで(私も今年初めてコートを着ました)、比較的空気が澄んでいたので、夕刻のビル群がとてもキレイに見えました。ビル群とは反対側の夕焼けもとってもきれいでした。


d0087642_13162346.jpg 最後の晩餐は、こちらも私、初体験のJUMBO!こちらは香港仔の深湾に浮かぶ、巨大な水上レストランで、絵葉書などでもおなじみの「ザ・ホンコン!」的ぎらぎらスポットのひとつ。常々行ってみたいとは思っていましたが、やっと来ることができたヨ!d0087642_13231059.jpgウワサどおりのハデハデっぷり!JUMBOまでは、無料送迎船に乗って行きます。船で近づくにつれ、その迫力はパワーアップ!内部にはレストランだけでなく、アイスクリームショップやワインショップ、お土産屋さんやテイラーもd0087642_13262323.jpgあるんだって!
 レストランもかなりジャンボ!4フロア、6つのレストランエリアに分かれていて、それぞれ300~500人収容できるとか。JUMBO、凄すぎます。今夜はこちらで、香港最後の夜を満喫していただきましょう!なにしろ「酔った勢いでタクシー代を商品券で払ったことがある」とか「酔って帰った次の朝、身に覚えのないコンビニおでんが部d0087642_13325014.jpg屋においてあった(レシートで、自ら購入したことが後で判明)」という数々の武勇伝をお持ちの方々ばかりですので、ビールやワインで乾杯しまくり。まずは、なぜか香港のが世界一美味しいと言われる北京ダックを♪北京ダックって日本ではすごく有名ですケド、こっちの人ってあんまり食べていないような気がします。香港のお店の人は「日本人は北京ダックが好き」と心得ているみたいで、普段お店で食事するとき、私たちが日本人と気づくと北京ダックをしきりに勧めてくるお店、結構あります。お兄さんが切り分けてくれるときは、後ろにいる香港人d0087642_13413663.jpgや外国人のお客さんたちも興味津々(この後、まわりのテーブルで、北京ダックの追加注文が相次いでいた模様)。日本で食べる北京ダックはほとんど皮のぱりぱりした部分しか食べませんが、香港のは違います。皮の部分をまずきれいに盛って(後ろのお皿。海老煎餅の上に盛られているのが北京ダック。もうほとんど食べちゃってますけど)、そのあと身の部分を別のお皿に盛ってくれます(手前のお皿)から、北京ダックといえどもかなりボリュームがあります。ほかにもご覧のような美味しいお料理をたくさん食べて、本当に楽しい夜でした。d0087642_13504411.jpg
 お友達が来てくれたおかげで、とても楽しい3日間でした(3日間食べまくったのに「不思議と胃にもたれない」とみなさん言っていました)。d0087642_13492064.jpgほかにも、あやしいメニューのお店でご飯を食べたり、女人街で値切りまくったり、激ウマエッグタルトを歩きながら食べたり、新しい体験もたくさんできました。つたないガイドなうえに自分がいちばん楽しんじゃってスミマセン!みなさん、機会があればぜひまた香港にお越しください。待ってまーす♪

*Jumbo Kingdom 珍寶王國
  Sham Wan,Wong Chuk Hang
[PR]
by sara-hongkong | 2006-12-17 23:42 | 香港で遊ぶ

食った!買った!笑った!

d0087642_11302340.jpg 今日も朝から盛りだくさんでした。まずはなにはともあれ飲茶!ということで、朝食抜きで中環のシティホールにあるMaxim's Palaceまで、スターフェリーで乗りつけました(?)。ここはまず、今では数少ないワゴン式であること、次に景色がキレイであることから、日本からお友達が来たときにはオススメのお店なのです。ただし11時(日曜日は9時)の開店と同時に入らなければ行列ができてしまう人気っぷりです。今日からは女子5人の中に、うちのダンナ様もまぜていただいて6人でしたので、回転テーブルについて本当にたくさん食べました(私のブログってこんな写真ばっかり!)。お昼から食べ過ぎて(もちろんビールも飲んで)「もう歩けない」などと言いつつ、食後はショッピングへ!

d0087642_11373777.jpg チープな雑貨屋さんや、昔ながらの民芸品のお店、中国食器のお店など、中環を練り歩いたのですが、いちばんヒットだったのはこちらの事百機有限公司という食器のお店。ガイド本には「この道65年というこの店のオーナーは『食器が売り切れたら店をたたむ』と言うが、まだまだ在庫はいっぱい」と書いてありますが、倉庫みたいな店内に本当にたくさんの食器がホコリだらけになってずらーりと並んでいるのです。直径5センチd0087642_1144855.jpgくらいのお醤油皿なんかは3ドルですし、レンゲや小さなカップなんかもものすごくいろいろな種類があって、ものすごく安いです。薄暗い棚の後ろや上のほうまでぎっしり食器たちが並んでいるので、じっくりと掘り出し物を探すと時の経つのを忘れてしまいそう。
 実はこのお店、入るのにはものすごく勇気が要ります。「ほんとにここにお店が?!」という感じの暗くて細い階段を登ったところにある、鉄格子の入り口で、d0087642_115233.jpgピンポンを押すと開けてくれます。私もこのお店に初めて入店できるまでは、この階段の下を何度も行ったり来たりした挙句入店できなかったりしたものですが、今では結構頻繁に出入りしています。今回、こんなディープゾーンに東京のギャルズをお連れして大丈夫かな?と、最初はちょっと心配していたのですが、みなさま大喜びで食器をお買い求めいただけたようでホッとしました。いつもはあまり笑わない、仙人みたいな立派なお髭のおじいさん(たぶんオーナー)も、このお店に似合わない若い女性の集団に、心なしか笑顔が・・・。

d0087642_1201886.jpg 大量の買い物の戦利品をホテルに置いた後はパンダバスツアーで夜景を見に行きました。東京に住んでいても、なかなかはとバスに乗らないのと一緒で、香港に住んでいてもこんな機会でなければ乗らないのがパンダバス。オープントップバスで香港中を走ります。普段はネイザン・ロードを中心に走るそうですが、今の時期は期間限定でクリスマスイルミネーションを見に、香港島まで行ってくれます(途中、排気ガスのd0087642_1252488.jpg充満するトンネルを通るのがツライケドネ)。なにしろ天井がないので、ネオンぎらぎらの看板の下を、頭上ぎりぎりで通るときにはスリル満点!思わず寒さを忘れます。クリスマスのイルミネーションは本当にキレイでした!今の時期香港では、壁面にいろいろなデコレーションをしているビルが多いのですが、一晩でこんなにたくさん見られるのもパンダバスならでは(我が家の窓からは豆粒くらいの大きさにしか見えませんし
d0087642_12155117.jpgd0087642_12161532.jpgネ)。走っているバスからの写真であまり上手に撮れませんでしたが、香港のクリスマスイルミネーションのおすそ分けです!

d0087642_12284060.jpgd0087642_12294978.jpgd0087642_12292265.jpg









*事百機有限公司 Super Case Limited
  1/F,65-65A Peel Street,Central
[PR]
by sara-hongkong | 2006-12-16 23:18 | 香港で遊ぶ

お友達が遊びにきました

d0087642_23213312.jpg 夕方、日本からお友達が香港に到着しました(厳密に言うと私のお友達と、そのお姉さん、お姉さんの会社の後輩お二人というメンバーです)。私は事前に「香港は暖かいよー」なんて言っていたのに今日はとっても冷たい雨が降っていたので少し心配していたのですが、日本に比べると全然暖かいらしく、d0087642_2321535.jpg4人とも全然大丈夫の様子。ほっとしました。最近朝晩結構冷えるようになったなぁ、なんて思っていた私は、どうやらすっかり寒さに弱くなっているようです(昨晩なんて3枚着て、薄掛け布団だけど3枚もかけちゃった)。
d0087642_23283266.jpg 夕飯のお店が開くまでは、ペニンシュラのアーケードを覘いたり、超激安の雑貨屋さんなど見て歩きました。今の時期はどこへ行ってもクリスマスツリーがあって楽しいネ!それぞれ個性があるので見比べるのも楽しいもの。写真は上から九龍ホテル、ペニンシュラホテル、ペキンロード・ワンのツリーです。

d0087642_022179.jpg 日本からお友達がくるときはいつも、夜も飲茶できるといいのにな、と思うのですが、飲茶は朝から遅くても夕方までにする習慣のため、夜はできないんです。飲茶のお店も夜は普通の中華料理になってしまいます。今日のディナーはペキンロード・ワンの潮樓。ここはつい先日、お昼の飲茶に来たときにとても安くて美味しかったお店の尖沙咀店。私たちが帰るときまで行列が途絶えませんでしたから、夜も人気があるみたいですd0087642_013364.jpgね。予約を入れておいたせいか、やや海側の席をゲットできたので、ビクトリア湾の夜景も一望できてなかなかグー。お料理もなかなか美味しゅうございました。
 ワタクシまだちょっと広東語初心者なものですから、お店の予約はできてもメニューの名前は自分の好きなものくらいしか覚えていないのです。いつもメニューの英語訳や漢字をヒントに適当にオーダーするのですが、全然予想と違うものが出てくることもあり、それはd0087642_0182397.jpgそれで面白かったりします(偶然に美味しいメニューを発見できることもあります)。今日のびっくりオーダー大賞はこちら。ジャンボカツみたいに見えますがこれ、メニューには「人気ナンバーワンの麺」と書いてあったので、温かいスープ麺かなぁと想像していたのですが、麺をフライパンでお好み焼き状に焼いたものがやってきました。味付けは全くしておらず、付け合せにお醤油みたいなタレと、なぜかお砂糖がついていました。かなd0087642_0242163.jpgり予想外の展開に、最初は戸惑い気味だった5人も結局は「これ結構イケルかも」なんて言って完食したんですケドね。さんざん食べたけど一応ちょっとだけデザートを、と頼んだ桃饅頭も、予想よりかなりLサイズだったため、かなり満腹になりました。こんなに食べて、ビールも飲んで(しかも3時間半もの長居をさせてイタダキマシタ)、ひとり1800円くらいでしたからこのお店、やっぱりオトクかもしれません。
 みなさん今朝は4時起きだったそうで、今夜は今頃バタンキューかな?明日からの爆裂お買い物ツアーに備えて、今夜はゆっくりお休みください。

*潮樓 Chao Inn
  10/F.,No.1,Peking Road,Tsim Sha Tsui,Kowloon
[PR]
by sara-hongkong | 2006-12-15 23:20 | そとごはん

香港バーゲン指南

 香港では年に2回、7~8月頃とクリスマス前~旧正月前にビッグバーゲンシーズンがやってきます。今週あたりからあちらこちらでバーゲンが始まってきました。d0087642_19375365.jpg香港のバーゲンは日本の比ではないほど、お安くなるそうです。クリスマス前に20%オフくらいから始まって、旧正月の頃には70~90%オフという信じられない値段まで下がるそうです。それは殺気立ってもムリはあるまい・・・。こちらは今回のセールではなく、先日やっていたそごうのなんとかセールの写真ですが、床が抜けるのではないかという人出でした。百貨店の光景とは思えない・・・。香港のバーゲンの場合、日本では絶対にセールをしないヨーロッパの高級ブランド(グッチとか、プラダとか・・・)も値引きをします。除外品があることもありますが、ほとんどの商品が値引き対象になるのでびっくりです。太っ腹だなぁ。もしも香港旅行がセール時期にあたる場合は、チェックする価値ありかも!
d0087642_1954283.jpg 旧正月に近づくほど安くなるからといっても、やはり良いもの、人気のあるものは早い段階で売れてしまうため、粘れば良いという訳ではありません。お目当てのものがあるのなら、マメに値引率をチェックしておくことが重要です。ちなみに、たとえば10%オフは
「9折」と表示されます。このお店は「低至1折」ですから、最高で90%オフみたいですね。

d0087642_19581124.jpg
 香港では、日本であまり見られない独特の安売りの仕方がいくつかあります。右の写真は「たくさん買うほどお得」システムのセール。1足なら10%、2足なら15%・・・ということのようです。

d0087642_2043921.jpg

 「買一送一」というのは「ひとつ買うと、もうひとつはタダ」という意味で、これは香港のセールではかなりよく見かける表示です(日本のお店では見ませんが、テレビショッピングなんかではたんすとか「今なら同じものもうひとつプレゼントっ!」ってよく言ってましたね。ちょっとそれに似ています)。d0087642_20101598.jpg靴なんかだと気に入ったものを2足みつけるのも大変だし、どうせなら1足の値段を下げてくれりゃいいのに!と思うこともありますが、少しでも在庫を減らしたいお店側としては良い方法なのでしょう。香港は狭いので、在庫をストックするスペースも限られてしまうのでしょうね。ちなみにこの「買一送一」の表示はスーパーでもやたら見ることができます。そのせいで私はよく、油とか水、ティッシュなんかを予定外に多く買ってしまい、とても重い思いをすることがあります。

d0087642_2023278.jpg このほかに香港では「アメックスのカードを使うと50%オフ」とか「HSBCカードなら70%オフ」というセールも多く、クレジットカードの値引率はかなりいいです。香港人てよくカードを使って買い物をしているような気がするのですが、カードの方がお得なことも多いんでしょうね。きっと。我が家は先日IDを申請したので、やっと香港のクレジットカードが作れるようになりました。どんな特典がついてくるのかちょっと楽しみです。
 日本人でも大阪の人なんかは「値切るのは当たり前」なんて聞きますが(これってホントでしょうか?)、私は結構な小心者なので、電機量販店でもなかなか値切れないタイプ。でも香港に来てからは女人街みたいなところでは、結構値切れるようになりました。でも先日お友達が「そごうでセールのとき『ペンディーラー(まけてください)』って言ってみたらまけてくれたよ!」って言ってました。百貨店でも値切っていいのか~。私も今度、ダメもとで言ってみようかな。値切り癖がついて、日本に帰ったときにもついつい値切ったりしないように気をつけなければ!
[PR]
by sara-hongkong | 2006-12-14 20:55 | 香港でお買い物