カテゴリ:香港の不思議( 28 )

エレベータで・・・

d0087642_1535147.jpg
 二胡レッスンへはいつもバギーで行きます。子供ができるまで気づかなかったけど、教室の入っているビルにもエレベータがありました。でもあんまり広くない上に、なぜかときどきゴミが山積みになっていることがあって、バギーで乗るのに四苦八苦することがありマス。しかも結構頻繁に・・・今日はまだマシなほうなのでした。
[PR]
by sara-hongkong | 2009-10-13 23:33 | 香港の不思議

病院の待合室で

d0087642_21424030.jpg 今日は息子を連れて病院に行ってきました。抱っこ紐で息子を抱き、折りたたんだバギーをかついで、駅からタクシーに乗って病院に来るのは、以前すっごく困難に思っていましたが、慣れってこわい。もともと腕力あるからネっ。でもうちの息子は かなり ちょっと太めなので、やっぱり汗だくになるんですが。

d0087642_2145484.jpg

 これ、待合室の本棚にあった子供向けの本・・・。ちょっと怖くない?病院や注射を怖がる子供向けに、適切な本なのかナァ?と余計なお世話ながら思っちゃったヨ。一応、開いてみてみたら・・・


d0087642_21482410.jpg


 当然だけど、全部漢字。なんか、漢文の教科書みたいだナ。
[PR]
by sara-hongkong | 2009-02-19 21:22 | 香港の不思議

香港でプレゼントを買うとき、いつも思うこと。

 今日から9月ですかっ?!個人的に、今年は妊婦だ!出産だ!子育てだっ!などと言っていたので、あっという間に終わっていきそうな予感・・・。そういえばブログを始めて2年経ちました。もっとも、間に結構お休み期間が入ってるけどサ。それでも三日坊主の私にしては結構スゴイんじゃなーい?

 ところで。突然ですが私が思うに、香港では日本に比べ、エコ意識がちょっと薄いような気がします(日本でもエコロジーだなんだって言い出したの、最近だけど)。冷房はムダに効きすぎてるし、ゴミの分別だって日本に比べたら全然適当だし。包装に関して言えば、レストランで食べ残しを包んでくれるときも結構立派なタッパーウェアーに入れてくれるし、タルトを5個買えばペーパーナフキンはもちろん、プラスチックのフォークとナイフがご丁寧に5本ずつ、袋にバラバラ入ってる。毎回毎回くれるので、プラスチックのフォークとナイフとスプーンが異様に貯まる香港ライフなのデス(ちゃんと「要りません」って言えばいいのに、いつも忘れるおバカなワタクシ)。日本ではこのところ「簡易包装」が基本となっているようなのに、香港ではそういうムダは全然惜しまない。そんな調子だから、香港でギフトラッピングをお願いしたりすると包装紙だってリボンだってふんだんに使ってラッピングしてくれるんですけど、香港のお店のラッピングって、たいていの場合ちょっとダメなんだナァ。残念っ!
 先日から何度かプレゼントを買う機会があったんですけど、結構有名なブランドのお店なのにギフトラッピングをお願いしたら、一応箱に入れてはくれたけど指紋つきまくりのセロハンテープがテキトーな感じに貼ってあったし。なんだか「うちにあった貰い物を自分で包みなおして使いまわしちゃいました疑惑」がささやかれてしまいそうなプレゼントができあがってしまったのでした。日本だったらこんな包装技術の人は採用されないんだろうなぁ、などと思うイジワルな私。

d0087642_2231111.jpg この前、レーンクロフォードでギフトラッピングをお願いしたら、できあがりこそちょっとステキ風になっていて、「さすがレーンクロフォード」と思ったのもつかの間、よく見るとセロハンテープがはみ出ていたり、リボンの切り口もガタガタだったり、シロウトっぽさが否めない。しかも、包装紙もサイズがいろいろないみたいで、でっかい包装紙をカッターで切るところから始めなくてはならなかったし、リボンを上手に結べる人が1人d0087642_22384385.jpgしかいない様子で、これが出来上がるまでの時間の長いことと言ったらっ!どうしてこうなっちゃうんでしょうネェ。もしかして、自分でやった方が上手にできたかも???という気持ちが抑えきれない私。日本のお店って、本当にステキにラッピングしてくれて、包装紙にももちろんたるみもしわもなくて「やっぱ、プロだネ!」って感じに仕上がるでしょ。あれってスゴイことなんだな、って香港に来て思いました。自慢できるぞ!日本人!

d0087642_2257072.jpg あ、でもね。そんな香港にもステキなラッピングをしてくれるお店が、少ないながらあります。先日お友達から出産のお祝いをいただいたら、こんなかわいいバスケットに入っていました。開けてみると前からほしくて新星茶荘に何度も見に行っていた急須が入っていました♪d0087642_2343568.jpgちなみに、出産祝いって赤ちゃんへのプレゼントが多いので、お母さんへのプレゼントっていうのも喜ばれるって聞いたことがあったけど、本当にそうかも。どうもありがとー♪それにしても、なかなかやるナァ、新星茶荘!香港でもラッピングがステキなお店があったら、人気出るんじゃないかしら?それともラッピングにこだわるのって日本人ならではなのかな?
[PR]
by sara-hongkong | 2008-09-01 23:21 | 香港の不思議

イヂワルSaraの日本語チェック

 最近は連日33℃近くの香港。街歩きの際は水分補給が欠かせません。通りがかりのセブンイレブンでサントリーの烏龍茶を買いました。よく見ると・・・
d0087642_2120335.jpg
   「ウーロ茶」

 どうせ間違えるのなら、わざわざカタカナでルビふらなくってよかったのにネ。



 先日、焼き海苔を買いました。いやな予感がして裏面を見ると・・・
d0087642_21214089.jpg やっぱりネ。最近アヤシイ商品に鼻が利くようになってる私。


 さらに、この商品には、
d0087642_21251224.jpg
というコメントあり。日本語はあってるけどクルマエビの兄弟ってのが気になる。



 どう考えてもその商品に似つかわしくない日本語の書かれた商品も多数ゴザイマス。

d0087642_2141143.jpgd0087642_21411840.jpg←このピンクのは男性用のトランクス。

  こっちは
  5本指靴下→




 海賊版のDVD。「スタヅオヅブリ」ってちょっと東北弁ぽい↓d0087642_21435185.jpg




d0087642_21472946.jpg
 香港のレストランにおいてある日本語のメニューに関しては、あいかわらずの乱れっぷり♪これはジャンボのメニューですが、まったくもって解読不能。




d0087642_21594826.jpgd0087642_2211198.jpg 今のところ私が選ぶヘンなメニューナンバーワンのお店は、ピークタワーやランガムプレイスに入っているSUZUKI CAFE。このお店「芸術d0087642_226229.jpgとコーヒーの融合」とデカデカと書いてあるくせにお寿司も食べられたりする個性的なお店。ここのメニューは必見です。以前にも「かれた米」などのヒット連発のここのメニュー、飲み物の名前も「マンゴー混合されます」などと、文で表現されてます。このSUZUKI CAFE、最近は灣仔や銅鑼灣にも続々支店ができている模様。結構人気あるのかな?
[PR]
by sara-hongkong | 2007-06-05 22:14 | 香港の不思議

夏が近づいています

 朝10時頃から外がみるみる暗くなってきて、家の中で電気をつけなくてはならないほどに!窓から外を見てみると・・・

d0087642_23144480.jpg
厚ーい雲がすごい速さで右から左に流れていきます。このモクモクっぷりはっ!きっと来るー、きーっと来るぅー♪あまりの暗さに香港島のビル群も窓の灯りが目立ってきました。車もヘッドライトをつけて走っています。



d0087642_23155236.jpg





キタ━(゚∀゚)━ッ!!!!!








d0087642_23164117.jpg雨は窓にビシバシ、雷はピカピカゴロゴロで視界は真っ白。もうなんにも見えません。上の階のあのお宅、この豪雨の中窓開けっ放しだけど大丈夫かなぁ↓
d0087642_23293528.jpg






 以上、ほんの20分間くらいの間の出来事です。朝からこんな写真を撮っていたら、英会話に授業に遅れそうになったので、d0087642_23382815.jpg急いでマンションを出るとこちらの看板が。雨が降ると豪雨になることが多い香港では、強い雨が降ると天文台から警報が発令されます。小雨から順に、白、黄、赤、黒色の雲のマークで示され、黄色以上になると番組の途中でもテレビの画面の隅っこに表示されますし、ホテルやビルの入り口などにもこういう看板が掲示されます。赤雲になると学校、公共機関などは休み、黒雲になると外出禁止となり、会社、店舗、金融機関全てが閉鎖され、交通機関はストップなので、モd0087642_23595953.jpgタモタしてると帰れなくなるんですってヨ。一部営業しているタクシーは、通常の倍くらいの料金になるという話です。台風に関しても同様に警報が発令されます。台風シグナルは、1(接近中、警戒せよ)、3(強風注意)、8(暴風注意)、9(暴風警報)、10(台風)の5段階(どうして番号が飛び飛びなのでしょうネ。ヘンなの)。シグナル8以上が発令されると黒雲マークと同じで、オフィスや交通機関が完全ストップです。
 私の体験では、語学学校の入学手続きをする際には必ず、これらのシグナルが出た場合の授業の取り扱いについて説明書きをくれるので、香港に来た頃の私は「さすが香港」とヘンなところに感心d0087642_2349358.jpgしたものです。今日は赤雲マークだったから「もしやっ!今日の授業は休講!?」と期待して思って地下鉄の中でプリントを出してみたら、大人の通う学校では休講は黒雲マークからみたいですネ。ちぇっ!香港に長く住んでいるお友達でも黒雲マークはあまり見たことがないと言っていたので、私の学校はそうそう簡単に休講にはなりそうもありません。ちなみに私、今日は結局遅刻でした・・・。先生ゴメン!

 亞熱帯気候帯の香港は日本と比べるとかなり南にあるので、香港の5月の気候は日本の7月くらいの暑さだとか。夏になると湿度は90%以上の日もザラですし、今日みたいなスコールが頻繁に降ります。私が香港に初めてきたのは8月だったのですが、当初はみるみる変化する空の様子に目が釘付けになりました(今でも結構そうですケド)。幸か不幸かワタクシ、香港ではまだ台風の経験がないけれど、ながーい夏はもう目の前に迫っているのです。
[PR]
by sara-hongkong | 2007-04-24 23:52 | 香港の不思議

香港カップルのラブラブ度

d0087642_214792.jpg 香港の街で見かけるカップル達は、めちゃめちゃラブラブです。若い人はもちろんですが、結構な老夫婦でも普通に手をつないで歩いていますし。手をつなぐのなんてカワイイもんです。最近はすっかり慣れてしまいましたが、公衆の面前であまりにもベタベタしているカップルが多くて、最初はかなり戸惑いました。例えばイタリア人カップルがベタベタしていても「まぁそうだよね」って思うんでしょうけど、香港人がラd0087642_2203976.jpgブラブだと、同じアジア人のワタクシとしてはものすごく違和感を感じてしまうのです。
 夜景のキレイな尖沙咀プロムナード(海濱花園)でベタベタするならまだわかる。でも彼らは例えばもんのすごぉーく狭くて汚いお店で食事している時も、例えばそごうのエスカレーターに乗っているときも、ところかまわずいつでもラブラブ。およそロマンティックとは言いがたいシチュエーションで、どうしてそんなに盛り上d0087642_22165332.jpgがれるのだろう?と思うのですが。「おいおい、こんなときぐらいはちょっと離れろよー」とツッコミを入れたくなることもしばしば。ま、余計なお世話よネ。聞いた話ですが、香港では大家族であまり大きくない家に住んでいるケースも多いので、家ではあまりプライバシーがないことも関係しているとかいないとか。
 カップルのラブラブ度だけでなく、周りのギャラリーの対応も日本とはちょっと違います。日本でもたまに高校生カップルとかの異様にd0087642_22321321.jpgラブラブな現場に遭遇した時などは、周りにいる大人たちはなんにも言わないながらも「困った子たちだネェ」的な雰囲気が漂うものですが、香港の人たちは全く気にならない様子。「他人事だから気にしない」って思うんだそうですヨ。たまに、ものすごーくラブラブなカップルの横で、おっちゃんやおばちゃんたちが超マジ顔で太極拳をやっていたりするのを見ると、私ついつい笑ってしまいます。日本ではなかなか見られない光景です。
 それにしてもカップルのラブラブ現場の撮影は、ものすごく難しかったワ。
[PR]
by sara-hongkong | 2007-04-19 22:34 | 香港の不思議

香港のお手伝いさん

d0087642_21323671.jpg 香港は今日からイースター休暇なので5連休(イースターってなんだっけ?と思って調べてみたら「十字架にかけられて死んだイエス・キリストが3日目によみがえったとされる復活祭」だそうです)。日本の企業もお休みのところは結構あるようですが、我が家はイースターとは全く無縁なので、すっかり忘れていましたヨ。街を歩いていたらやけに人が多いので今日がお休みだと気づいた次第デス。

d0087642_21344442.jpg さて、休日といえば香港ではおなじみのこの風景。道端に集まっているのはアマさんと呼ばれるお手伝いさんたちです。英語では「amah」、中国語では「阿媽」と書くそうで、香港に住む日本人も彼女たちのことを「アマさん」と呼んでいます。香港のアマさんは主にフィリピンやインドネシアなどの東南アジアから来た女性がほとんどで、仕事がお休みの日には国の仲間達と集まってすごします。特に中環のあたりは何か所かアd0087642_21471053.jpgマさんの集まる場所があって、彼女達は一緒にお喋りをしたり、ご飯を食べたり、トランプをしたりして一日をすごすのです。ちなみに右上の写真は休日にはいつd0087642_21531148.jpgもアマさんでいっぱいになる中環街市の上の通路なのですが、この場所、平日はかなり閑散としています(右下の写真)。休日に九龍公園に行くと、ちょっとオシャレしたアマさんたちに出会うこともあります(左の写真)。

d0087642_21552012.jpg 普段着のアマさんはこんな感じ。「お手伝いさん」というと日本では超リッチなお宅にしかいないものですが、香港ではごくごく一般の家庭でもアマさんを雇っています。香港は日本に比べ男女平等社会ですから、結婚している女性も外で働くのが普通ですし、また香港では住宅の賃料が非常に高いため、共働きでないとやっていけないという事情もあるようです。香港政府が定めるアマさんの最低賃金は月額約5~6万円だそうですので、妻が専業主婦になるよりも、共働きをしてアマさんを雇った方が経済的にはラク、というワケです。
d0087642_22191949.jpg アマさん達はとても働き者です。彼女達は炊事、洗濯、掃除などの家事全般、子供やお年寄りの世話などを担当しています。母国で大学を出ているアマさんも多いそうで、子供の勉強をみたり、ピアノを教えたりする場合もあるとか。政府の規定では住み込みが原則なので、香港のマンションの間取りでは、台所の横などに「アマ部屋」という2~3畳くらいの部屋がついていることが多いんですヨ(私の住んでいるd0087642_22195119.jpgマンションにもアマ部屋がついていますが、我が家は物置として利用しています)。このマンションにもアマさんがたくさんいて、昼間スーパーに行くとアマさんばっかりだし、学校のバスがやってくる時間にはアマさんが大勢バス停に子供を迎えに来ています。我が家の台所からはお隣のお宅の台所の小窓が見えるのですが、夕方から夜遅くまでずっと電気がついているし、いつもひとり人影があるので、d0087642_22203742.jpgきっとアマさんは台所で食事しているのかな、なんて思っています(違うかな?)。ときどき香港人の家族+アマさんで外食しているところに遭遇すると、家族と一緒に食事しているアマさんもいる一方で、みんなが食べている中、何も食べずに乳飲み子をあやしているアマさんもいて「ツライねぇ、アマさんっ!」と思うときがあります。ちなみに、子供のあやし方は母親よりもアマさんの方が断然上手デス。

d0087642_22344916.jpg そうそう、アマさんのトレードマークといえばサンダルです。彼女達は冬でも素足にサンダル、が基本。寒くないのかねぇ。最近はだいぶ暖かいですが、真冬でもビーチサンダルの人がほとんど。ごくたまに靴下をはいているアマさんを見かけますが、寒がりの私としては気持ちはとってもわかるなァ。寒がりのアマさんだっているハズです。今日はバスでアマさんと一緒だったので、さりげなーく撮ってみました。
[PR]
by sara-hongkong | 2007-04-05 22:46 | 香港の不思議

香港的日本語メニュー

d0087642_1927633.jpg 香港の街をぶらぶらしていると、必ずと言っていいほど見つけてしまうヘンテコな日本語。友達といるときは一緒にゲラゲラ笑ってもらえるのですが、ひとりだと笑いをこらえるのにものすごく苦労するのよネ。マッサージの看板もかなりの頻度で正解じゃないことが多いのですが、やっぱりいちばんおもしろいのはメニューかな。香港のレストランではメニューに英語や日本語の訳がついてることが結構あるのですが、どれもなかなかの力作ぞろいデス。

d0087642_1931162.jpg
トンカツとフライドポラト

すっごく惜しかったですネ!
でもこの程度なら香港中にあります。
私はもうこのレベルでは笑えません。


d0087642_19334064.jpg
牛ステキラ

これ、正解はなんですかね。「ステーキ」?
なんかステキラ(=素敵だ。スミマセン・・・オヤジギャグ)。


d0087642_1936840.jpg
ツンガポール風焼きごーフン

これ「シンガポール風焼きビーフン」よりもかえってゴロがいいかもネ!



d0087642_19403916.jpg「熱い/氷である

これは英語のままでよかったのでは?と言いたい。
中国語を一度英語にしてから日本語に訳したせいで、どんどん本来の意味から遠ざかってしまっているケースが結構たくさん見受けられます。


d0087642_19441536.jpg
ウニソースを添えた魚のサクサクしたヒレ

これも英語をそのまま日本語に訳したみたいですね。意味はなんとなくわかるのですが、なにかがちょっとヘン。

今日のヘンなメニュー大賞はこちら・・・
[PR]
by sara-hongkong | 2007-04-04 20:04 | 香港の不思議

街で見つけたヘンなもの

d0087642_18551768.jpg 香港の街を歩いていると、ちょっと笑えるヘンなものを見つけることが結構あります。今日はそんな面白グッズのご紹介。
 こちらの「原色甲殻類エビ・カニ図鑑」はお金を入れるとカプセルが出てくる、いわゆるガチャガチャです。香港人てこんなの好きなの?日本でもあまり見ないガチャガチャです。

d0087642_18575526.jpg


 「日本一」のモップは、ここ香港にも売っていますっ!




d0087642_19272384.jpg


 時には観光でやってきている(?)買い物中のお坊さんに遭遇することも。面白グッズ、見つかりましたか?


d0087642_18595936.jpg


 日本人のCDコーナーに、このおふたりのCDだけが並んで売られているのも、なんだかヘン。



d0087642_193718.jpg

 こちらは知る人ぞ知る、「松木さゆり」ブランドの靴下です。ダレだよ?松木さゆりって!とツッコミを入れたくなりますが、香港靴下業界ではかなりの有名人のようです。女人街などでは、あっちこっちのお店に並んでいます。



d0087642_19172543.jpg
d0087642_19194895.jpg 香港で簡単に見つけられる、ヘンなものナンバーワンはTシャツではないかと思います。女人街、男人街などではヘンなTシャツ探しも楽しいもの。

d0087642_19235481.jpg

 あ!これのTシャツは、小心地滑の絵に似てるっ!
いっそのこと漢字で「小心地滑」って書いてくれてたら買ったのにネ(←ウソです)。
[PR]
by sara-hongkong | 2007-03-26 19:30 | 香港の不思議

香港の街によくある風景

d0087642_18483320.jpg 香港の街でたくさん見かけるこちらの赤い看板。香港にお住まいの方はご存知の方が多いと思いますが、これは質屋さんの看板です。私、香港に来たばかりの頃、この「押」と書かれた変な形の看板に興味津々だったものです。広東語で「押」というのは日本語の意味とは全く違い、質屋さんを指すようです。ちなみに、ドアに書かれてある表示では「PULL(=引く)」は「」、「PUSH」は「押」ではなくて「」となっています。この看板、香港の街を歩けば、本当にあっちこっちで見かけます。ほら!ここにも!あそこにも!夜になるとネオンで明るく光るので、余計に目立ちます。香港て質屋さん多いのネ!

d0087642_1911666.jpgd0087642_1915956.jpgd0087642_197556.jpg








d0087642_1985017.jpgd0087642_1943565.jpgd0087642_18131653.jpg








d0087642_19465061.jpg ところで、香港の質屋さんにかかっている看板はどれも同じような形です。聞くところによると、上の部分はコウモリ、下の丸いのはお金の形なんだそうです!これはコウモリが下を向いてお金をくわえて(?)いる図、なのだとか。コウモリの部分にお店の名前を、お金の部分には「押」の字を書くのが定番スタイル。コウモリは中国ではすごく縁起のよい動物といわれています。漢字では「蝙蝠」と書くのですが、広東語では「蝠」の字と「福」の字の発音が同じなんだそうd0087642_19493913.jpgです。ほかにもいろいろ意味がありそうですが、記念コインにもコウモリの絵が描いてあるくらいですから、お金とコウモリの関係はかなり密のようですネ!
 ちなみに香港の質屋さんの入り口はこんな感じ。だいたいは鉄格子やつい立などがあって、中が見えにくい作りになっています。まっ、あまりお世話になるところではないけどネ!
[PR]
by sara-hongkong | 2007-03-25 19:56 | 香港の不思議