カテゴリ:そとごはん( 133 )

食いしん坊Sara、最後の飲茶を満喫

 今日はお友達と親子でさよなら飲茶。それぞれ子供連れだったので、オムツ替えやらなんやらと子連れにはなにかと便利な九龍駅で、ということになったのですが、エレメンツで飲茶できるところってあんまりないんですネェ。結局先日も行ったばかりですが利苑に行ってきました。親子ともどもずっと仲良くしてきたお友達と最後のお食事なのに、息子、入店直前でオヤスミになってしまいました。でもそのかわり母はゆっくりお食事できましたヨ。香港ではお昼時はたいていのお店で飲茶できますし、日常的なお食事スタイルなのですネ(本来はお食事じゃなくてお茶請けとして點心をいただくものらしいけど)。私も香港に来たからには、郷に入れば郷に従え、ってことで(言い訳?!)「とりあえず飲茶?!」感覚ですぐに飲茶していた私ですが、もう気軽に行けないかと思うと感慨もひとしお。ゆっくりとかみしめて味わわせてもらいました~。

d0087642_9255599.jpgd0087642_9262514.jpgd0087642_9442384.jpgd0087642_9451480.jpg

d0087642_9265789.jpgd0087642_932065.jpg 左が叉焼(チャーシュー)、右が焼肉。日本では「焼肉」といえば牛肉ですが、広東料理では「焼き豚」のこと。こちらの「焼肉」美味しかったナァ。皮がぱりっぱりっでヤメラレナイトマラナイ美味しさ!一切れだけの写真になっちゃったけど、お皿にはもっといっぱいありましたからご心配なく(一切れは結構小さいんだけど)。

d0087642_949768.jpgd0087642_9493236.jpg これは初めて食べましたが、アツアツ菠蘿包(パイナップルパン)の中にカスタード餡が入っていました(かなり熱いのでクチビル火傷に要注意!)。パイナップルパンも香港ではどこでも売っているパンで、パイナップル味なのではなくて聞いた話では表面の模様がパイナップルに似てるから、ということらしいです。表面はサクサクのビスケット生地になっています。ちなみにこういう甘い點心はデザートなのでは?と思うけど、メニュー表のデザートの欄には書いてないんですよね。甘いのも食べながらしょっぱ系の點心を食べるのが香港流ということみたいです。たぶん。

d0087642_22575279.jpgd0087642_2305791.jpg いよいよ炒飯とデザートで本当の食べおさめ。先日マンゴープリンが品切れだったので今日こそ食べようと意気込んでいたところ「マンゴープリンはないけどマンゴームースならあるよ」とのこと。で、右側がそのマンゴームース。たしかにしっかりホイップしてあって、口当たりが軽くやわらかくて、マンゴープリンとは全然違う。でもうまーい!マンゴープリンはもう数え切れないくらい食べたけど、ムースって意外と食べたことなかったナァ。
 今日の飲茶は最後にして新しい美味しいもの発見のいちにちでした。そして今日はすっかりご馳走になってしまいました。みんなどうもありがとう!


*利苑  Lei Garden
  Shop 2068-2070,Elements,1 Austin Road West,
  Tsim Sha Tsui,Kowloon   電話:2196-8133
[PR]
by sara-hongkong | 2009-12-15 23:18 | そとごはん

さよならパーティー

d0087642_8393046.jpg 今日はダンナ様の会社のみなさんが送別会を開いてくれました。ダンナ様だけでなく私や息子も本当にみなさんにお世話になったので、いよいよお別れだと思うとサミシイねぇ。今日のお店は灣仔にある私房菜、囍宴。私房菜というのはビルの一室などでひっそりと営業している隠れ家レストランのことで、こちらの囍宴は2000年のオープン以来、なかなか予約がとれない人気のお店d0087642_915880.jpgという噂は前から耳にしていた私。囍宴は私房菜ではない普通のレストランが九龍や金鐘にあって、そちらには私は行ったことがあったのですが、この私房菜には前から一度行ってみたいと思っていたところでした(私房菜は4名から受付というところが多くてなかなか機会がないんですよネ)。いやー、息子のインフルエンザが今日までに治ってくれて本当によかったです。
 私房菜にしては広い店内(写真撮り忘れ)には、今夜は私たちのほかに1組お客さんがいらしただけで、息子は店中を歩き回っていました(お行儀悪くてスミマセン)。聞いてみると予約が取りづらいのは週末のことだそうで、平日は結構直前でも空いていたりするみたいですヨ。テーブルには結婚式の披露宴みたいにメニューが置かれ、いよいよお食事スタートです。
d0087642_954386.jpg
 清酒黄金一口鮑魚
 braised abalone in Japanese sake
 and soy sauce
 (一口蒸し鮑 日本風)

d0087642_9543699.jpg
 瑤柱絲涼油菜花
 conpoy shreds with choy-sum
 (帆立と菜心のセルクル固め)
d0087642_9545641.jpg
 金牌口水鶏
 Sichuan spicy chicken
 (四川風スパイシーチキン)
d0087642_9552885.jpg
 蒙古焼烤羊肉
 Mongolian roasted mutton
 (モンゴル風羊肉のロースト)
d0087642_956029.jpg
 雲上東坡酔千層
 braised pork belly
 (トンポーローのミルフィーユ仕立て)

 薄切りのトンポーローをくるくる巻いてピラミッド型にしてありました。切り分ける直前でなんとか撮影間に合った~!
d0087642_9564379.jpg 
 香芽柑桔菊花魚
 chrysathemum mandarin fishi
 with lemongrass calamansi sauce
 (菊花魚のレモングラス風味マーマレードソースがけ)
 
 菊花魚というお魚をお花の形にして揚げてあります。甘いソースが新しい感じです。
d0087642_9571068.jpg
 蟹皇帯子糯米飯
 glutinous rice with crab roe and scallop
 (蟹と帆立入りおこわ)
d0087642_957427.jpg 梅子石榴 
 soaked guavas with dried sour plums
 (グアバの梅風味)

 披露宴のお料理ではお口直しのシャーベット、というところでしょうか。グアバと梅のコンビネーションは不思議な味。お口がさっぱりしました。
d0087642_1802943.jpg
 私房秘制佛跳牆 
 xi yan "fo tial qiang"
 (xi yan特製中華スープ)

 モツ入りのスープは壷入りで、全部飲んだら体がぽっかぽかに。
d0087642_1811743.jpg
 薑汁香葱芥蘭片
 stir fried kale with ginger juice
 and spring onion
 (芥蘭と葱の生姜炒め)

 ここから先は息子が眠くなり、別室で授乳してから戻ってきたらお皿に盛られておりました。
d0087642_182074.jpg
 燕液蓮香露
 fresh lotus seed puree pudding
 with birad's nest
 (燕の巣入り蓮の実のお汁粉)

 デザートは温かいお汁粉。おなかが落ち着きます。


 こんなご馳走久しぶり~♪ぜーんぶ残さずいただいて、超美味しかった&超シアワセ。でも「あぁ、いよいよお別れなのだナァ」とだんだんさみしくもなってきた今夜の宴でした。みなさん、本当にありがとう。

 なお、メニューの英語訳は微妙に違うところもあるようなので、勝手に和訳してみました(これ、非常に時間がカカリマシタ)が、ちゃんとあっているかしら。不安だ。

囍宴   Xi Yan
  3F,83 Wanchai Road,Wanchai  電話:2575-6966
[PR]
by sara-hongkong | 2009-12-10 23:32 | そとごはん

土曜日だけど、家族で飲茶!

d0087642_1801782.jpg 「日曜日は家族で飲茶!」が香港の常識(香港の人が本当に毎週毎週日曜日ヤムチャしてるのかどうかは謎ですが)。今日は土曜日だったワケですが、そんなこと気にせず予告どおり3家族で今週末も飲茶してまいりました。写真も先週とほとんどかわらなかったりするわけですが、今日のお店はフォーシーズンズの龍景軒。ここは香港では唯一ミシュランの3つ星がついたレストランだそうで、我が家のダンナ様がd0087642_14395023.jpg「香港にいる間に絶対に行ってみたい」とかねがね申していたのでございます。とても人気のレストランなので本当は日曜日に予約したかったのですが、2週間前に電話した時点でもうとれず、今日のしかも2時からというヘンな時間になってしまったのでした。2時には鼻息荒くレストランに到着していたのですが、前のお客さんがおしていて結局入店が2時半近くになってしまい(せっかく寝ていた息子のお友達もこの待ち時間ですっかりお目覚め)d0087642_14443052.jpg、待っている間にオレンジジュースをサービスしてくれました。このジュースもまた美味しゅうございました。こういうときにお酒ではなくジュースであるところが香港っぽいかも(きっと言えばアルコールも出してくれたはずですが)。レストランからはヴィクトリア湾が見え、オットナーな雰囲気。こんなところに子連れで来ちゃってスミマセン、って思ったけれど、子連れのお客さんかなりいました。子供の席にはちゃんと子供用の食器と、塗り絵も用意してありましたヨ。

 點心をいただくときには欠かせないのが中国茶ですが、こちらのお店のお茶はすっごく美味しかった!ちなみに今日は鉄観音にしました。そして點心たちは見た目が美しいばかりでなく、どれもこれも本当に美味しかった!超しあわせ!(ちなみに息子はバギーで爆睡)そうそう、こちらのお店の小籠包は、とりやすいように持ち手のついた竹の入れ物(?)にひとつずつのせてありました。これ、初めて見たヨ。上海街とかで売ってるんですかネェ。ちなみにこの入れ物、子供たちに大人気で、食後は完全にオモチャになってしまいました。d0087642_14472785.jpgd0087642_14485469.jpgd0087642_14492592.jpgd0087642_14504586.jpg

d0087642_14571180.jpgd0087642_14573368.jpgd0087642_14575614.jpgd0087642_14581714.jpg
d0087642_145854100.jpgd0087642_14591587.jpg デザートの器もうっとりするほどステキです。ホテルのレストランでこれだけ食べてもひとりだいたい3000円くらいでしたヨ。香港にいる間にここに来られてホントによかったー!香港暮らしもあと1ヶ月をきってしまいましたが、まだまだ行っておきたいところがありすぎるのが、最近の悩みです。


*龍景軒   Lung King Heen
  Podium 4,Four Seasons Hotel Hong Kong,8 Finance Street,Central
  電話:3196-8880
[PR]
by sara-hongkong | 2009-11-28 23:58 | そとごはん

日曜日は家族で飲茶!

d0087642_22445629.jpg 今日は子連れ3家族、総勢9名で飲茶をすることに。週末は家族それぞれで過ごすものだと思っていましたが、これはなかなか楽しい企画でしたヨ。もっと早く企画するべきだったなぁ。
 今日のお店は九龍のエレメンツにある利苑。そういえば私はここ d0087642_2361284.jpg
1年ぶりでしたよー。利苑は香港にはたくさん支店のある、味に定評のあるお店で予約は必須。今日もランチタイムは予約がとれずに11時からで、12時半にはさっさと退席しなくちゃいけなかったんですけどね。點心はどれもお上品なサイズ、そしてお値段もお安くはありませんが美味しゅうございますわヨ。行列ができるわけです。客層も心なしかちょっとお上品だったりします。

 子連れの食事はなにかとあわただしくなってしまいますが、とても楽しい日曜日になりました。

d0087642_2257499.jpgd0087642_22574193.jpgd0087642_2258990.jpgd0087642_22585140.jpg
d0087642_22593047.jpgd0087642_230247.jpgd0087642_231013.jpgd0087642_2353267.jpg
d0087642_2314816.jpgd0087642_2321085.jpg オープンしてすぐに入店したのにマンゴープリンが品切れだったのは残念でしたが、どれも美味しくいただきました。ゴチソウサマでした。
 なお、来週もほぼ同じメンバーで飲茶する企画になっております。うっしっし。



*利苑  Lei Garden
  Shop 2068-2070,Elements,1 Austin Road West,
  Tsim Sha Tsui,Kowloon   電話:2196-8133
[PR]
by sara-hongkong | 2009-11-22 23:43 | そとごはん

昼寝のスキに小籠包

d0087642_9223134.jpg 銅鑼灣に用があって家族ででかけたところ息子がバギーで寝てしまったので、「味十味で上海蟹ランチ食べられるかも?!」と思っていそいそ行ってみたところ、すでにランチ終了・・・残念デス。そうこうしているうちに息子が起きちゃったら台無しなので近くにある南翔饅頭店で小籠包をイタダクことに。このお店だって超久しぶりなんだナ。この南翔饅頭店は日本の支店だとお値段がお高くて、昔女友達とふたりで行ってかなりのお値段払ったのに腹三分目くらいで非常に悲しい思いをしたことがあります(あの時お腹いっぱいまで食べていたら、ウン万円はしたと思われマス)。でも香港だと非常にリーズナブルなお値段で、満腹になることが可能です♪香港万歳!ここの小籠包、薄い皮に肉汁たっぷり。文句ないです。ありがとうございます。

d0087642_9312675.jpgd0087642_9322081.jpg
 時間はすでに3時頃。夕飯が食べられなくなっても困るので(別に困らないけど)、今日は満腹にならないように軽めに點心と麺を。燻製たまごともち米の焼売。



d0087642_9332992.jpg この葱たっぷりの炒め麺、予想以上に美味しくてハマりそうです。今まで注文したことがなかったのが不思議です。
 一方右の写真はなぜかいつも間違えてオーダーしてしまう揚げパン。d0087642_9355589.jpg前回間違えてオーダーしたのをすっかり忘れて、中に何かしょっぱ系の具が入っていると思ってついついオーダーするのですが、ただの揚げパンなのでした。しかも練乳をつけていただくものです。これってお食事中に食べるものなのかな。デザートじゃないよね。

 最近は息子がバギーで寝ている隙に美味しいものを食べることが、なんとなく気が引けてきた、と言うダンナ様。優しいのネェ~。母はそんなこと考えたこともなかったのデシタ(毎日24時間一緒にいると、そうは思わないわヨ、きっと)。あの方ったら食べるのキライですし。食べるの好きならいっしょに食べられるのにサ。ちなみに食べ物を与えると手の甲で払いのけます。すっごく感じ悪いのデス。

*南翔饅頭店  Nanxiang Steamed Bun Restaurant
  Shop 305-8, 3/F Causeway Bay Praza 1, Causeway Bay
  電話:3690-2088  営業時間:11:30~16:00、18:00~23:00
[PR]
by sara-hongkong | 2009-11-14 23:18 | そとごはん

ワゴンに血が騒ぐ

d0087642_16294927.jpg 旅行から帰ってきたけれど、ダンナ様は今日までお休みをとっていたので、平日にしかできないことをしよう!ということになり、シティホール(大會堂)へ飲茶しに行きました。こちらは予約ができない上に週末はとても混雑するので、開店と同時に席につけないと行列しなくてはならないお店なのよネ。平日は比較的すいているし今日は少し時間が遅かったので、すぐに席につけました。そういえばここに来d0087642_16345742.jpgたのもかなり久しぶりです。ここはマキシムズ系列のお店で味には定評がありますし、今では貴重(?)なワゴン式飲茶なので、日本からお友達が来たときにはよく連れて来ていたものです(以前は窓からはヴィクトリア湾が見えていたのですが、窓の外には新しいビルを建設することになったようで、すばらしいd0087642_16381972.jpg景色を楽しむことはできなくなってしまったのが残念デス)。西洋人の観光客もやっぱり多いですネ。ただし、超ローカルっぽい飲茶を楽しみたい方にはちょっとつまらないかも。お茶は洋風のティーセットで出されますし、全体的にとてもキレイですし(日本だったらあたりまえだけど)。それでも、おばちゃんたちがワゴンをガラガラ押してくるとやっぱりわくわくしちゃうワタクシ。今日もバギーで熟睡中の息子を忘れて、ワゴンを停めまくる母なのでした(そしてそんな私の食いつきっぷりに『このテーブルはきっと食う!』とおばちゃんたちもどんどん薦めてくるので、私たちのテーブルの周りにはワゴンが自然と集まってくるのデス)。

d0087642_16404490.jpgd0087642_1641761.jpgd0087642_16414353.jpgd0087642_16421667.jpg
d0087642_1643459.jpgd0087642_16434343.jpgd0087642_16441079.jpgd0087642_1646818.jpg
d0087642_16463910.jpg ここのお店のマンゴープリンはちょっとゴリゴリした食感だったので、マンゴープリン専門家のダンナ様もここではいつも違うデザートを注文していたのですが、今日は久しぶりなのでオーダー。すると、私がいつも「ゼラチン多い!」と力説していた甲斐あってか(違うけど)、今日のヤツ、かなりフルッフルで美味しかったヨ!でも、前はお洒落なティーカップに盛られていたのに、ちょっと和風(?)な小鉢のような器になっていました。なんだかお店の雰囲気と違うけど、ま、いっか。

 今日は私、久々のワゴン式飲茶に心躍らせていただきました。あー美味しかった。あーしあわせ。

*City Hall Maxim's Palace 大會堂美心皇宮
  2/F, the City Hall Low Block,Central
[PR]
by sara-hongkong | 2009-09-22 23:17 | そとごはん

黄油蟹の季節だそうで

d0087642_161629.jpg 今日はめずらしく夜ご飯を外で。息子が退屈しないか心配でしたが、なんとかかんとかごまかしながら行ってきました。なにしろ「食」にまったく興味がないので、食べ物でゴキゲンをとれないのがちょっとネ。
 聞くところによると「黄油蟹」という蟹、今のシーズンしか食べられないんですってネ。我がダンナ様が一度食べておかないと、ということで今日は竹園海鮮飯店にやってきました。超久しぶりです。このお店はいつでも日本人がいっぱい。どこのテーブルからも日本語が聞こえてきて、ここが香港だということを忘れてしまいそうです。
d0087642_1652994.jpg まずは竹園の看板料理であるチーズロブスター。チーズがこれでもかというほどかかっていて、ふたりだとかなりの量!これはサイドオーダーでフランスパンを頼むと、残ったチーズをパンにつけながら食べられてグーd0087642_1655796.jpgなんだけどね。でも今日はご飯の気分なので福建チャーハン。これまた絶対2人前ではない量なのでした。今日はもう1品、鶏のロースとも頼んだのですが、こちらはほとんどお持ち帰り。香港では食べ残しもお持ち帰りが当たり前なので、非常に助かります(そのせいでたいてい注文しすぎる私デス)。

d0087642_16112196.jpg こちらがウワサの黄油蟹。大きさは上海蟹と同じくらいでそんなに大きくないです。食べてみると・・・期待が大きすぎたのか、今日の蟹がハズレだったのか、感想は「ふぅ~ん」といったところ。そういう蟹なのか、d0087642_1614444.jpg調理の仕方に問題があったのか、ちょっと生臭い(というか沼っぽいかほり)感じもしましたし。正解がわからないだけになんともコメントのしようのないワタクシ。あぁ、正解の味が知りたい(=別のお店でも食べてみたい)けど、今シーズン中にはもうムリかな。しょぼーん。残念。

*竹園海鮮飯店  Chuk Yuen Seafood Restaurant
  Basement,H.K.Pacific Centre,28 Hankow Road,T.S.T.
  電話:2722-0633
[PR]
by sara-hongkong | 2009-09-05 22:59 | そとごはん

Tiffinのランチビュッフェ

d0087642_18282098.jpg 今日はグランドハイアットのTiffinに行ってきました。Tiffinはアフタヌーンティがかなり有名で、日本で出ているガイド本には必ずと言っていいほど載っていますネ。私はアフタヌーンティd0087642_18291838.jpgもここではまだ未体験なのですが、今日はお昼の時間だったのでランチしてきました。ランチタイムもビュッフェ形式なんですネ(ランチとアフタヌーンティのビュッフェって、内容どういう風に違うんでしょう?比べてみたい!=d0087642_18332519.jpg今度はアフタヌーンティにも行ってみたい!)。予約して行ったら、とても広いソファの席を用意していてくれました。行きのタクシーで息子がまんまと寝たので、しめしめ!と思っていたのもつかの間意外にも早く目覚めてしまい、立派なソファの上で暴れまくる息子・・・結局ダンナ様と交代でガッツ食いして帰って来ました。写真はガッツ盛りの1皿目。3皿くらいイタダキましたが、この続き、写真撮るの忘れました・・・。

d0087642_18365897.jpgd0087642_18372934.jpg 前菜、メイン、スイーツなどなどいろいろあったけれど、個人的にはFWマリオットのアフタヌーンティの方が種類も多くて美味しかった気がしますが、Tiffinもアフタヌーンティの方が凄いのかナ。やっぱりもう一度行ってみなきゃ?


d0087642_18422199.jpg

*Tiffin   Grand Hyatt Hong Kong
  住所:1 Harbour Road   電話:2584-7822
  営業時間 12:00〜深夜00:00
[PR]
by sara-hongkong | 2009-08-23 23:16 | そとごはん

日曜日は家族飲茶の日!

d0087642_23451773.jpg 今日は久しぶりに家族で飲茶!と言っても、あいかわらず食の細~い我が息子は見てるだけ、なんですが。そして最近はバギーで退屈してくると非常にウルサイので、後半は結局ダンナ様と交代でガッツ食いすることはわかっているのですが、懲りずに外食にチャレンジする両親なのでした。息子にももうちょっと食べることに興味を持ってもらいたいものです。誰に似たのかしらん?お店は、買い物途中にたまたま通りかかった國金軒。お店の様子と客層は、ちょっとお上品な感じです。

 飲茶ではいつもワンパターンなオーダーの我らが夫婦。もう夕方近い時間だったので、かる~く5品だけ。d0087642_23585965.jpgd0087642_23594222.jpgd0087642_00893.jpg









d0087642_003633.jpgd0087642_01489.jpg









 結局今日もドタバタと飲み込むように食べて、そそくさとお店を出る羽目になったのです。会計はダンナ様まかせでおいくらだったのかよくわかっていない妻ですが、お値段は安くなかったと思うのに、お味の方はまぁ普通、という感じでした。って、私の方こそ最近感想があっさりしていてなんだかなぁって感じなのに、偉そうに「普通」なんて言っちゃって・・・いやだワ。


*國金軒  Cuisine Cuisine
  3101,Podium Level 3, ifc mall,Central  電話:2393-3933
  営業時間:12:00~15:00(日曜は11:00~)、18:30~23:00
[PR]
by sara-hongkong | 2009-06-28 23:44 | そとごはん

子連れブロガーはつらいヨ!

 香港に来てもうすぐ3年。ちょうど同じ頃に香港に引っ越してきた広東語のクラスメイトはもう半分以上日本に帰国、もしくは他の国へ転勤してしまいました。駐在員のご家族はやはり3年前後でお引越しされるケースが多いような気がします。今日は、すでに日本に帰国されたお友達が香港に来ているということで、灣仔にあるOVO logue祇月というスッテキーなお店でランチでした。このお店が入っているビルはd0087642_1433019.jpg、古くから続いていた質屋さんを今風に改装した建物です。去年、出産前にちょうどお店ができあがるところで、バスやトラムでここを通るたびに「行ってみたいナァ」と思っていたのですが、子連れだとなかなか来る機会もなかったのです。実は先日もベトナムに引っ越してしまうお友達と、このビルの2階のカフェでお茶を飲んだのですが、外観だけでなく内装もものすごーくレトロなオシャレなビルなのです。ところがワタクシ、先日はカメラを忘れ、今日は食事の前半は息子がグズグズで抱っこしていたものですから、ほとんど写真が撮れませんでした・・・とほほ。今日唯一撮れたお店の様子はこんな感じ。薄暗くてよくわかりませんが、昔の階段がそのままディスプレイされていたり、家具もちょっと「質流れ品?」みたいな雰囲気を醸し出していたりして、なんともおっしゃれーなお店でした。グランドフロアのこちらのお店のとなりには、雑貨屋さんが併設。先日行った上の階のカフェの方は窓が大きくて明るい店内に不ぞろいなソファや椅子やテーブルが置いてあり、テラス席からは行き交うトラムを間近に見下ろすことができるので、乗り物好きな息子も大興奮でした(でもテラス席、超暑い)。

 最近はなかなか外食がキビシイ我が息子、結局ランチ前半は抱っこ紐でしたので、お食事のオーダーもお友達まかせ(落ち着かなくってホントごめんなさい!)。そして写真もたいして撮れませんでしたが、ありったけ載せてみます。正直言って「これうめぇ~」などと味わう余裕がまったくなかったのですが、點心を中心に美味しくいただきました。あぁ~、このお店、ダンナ様と一緒にもう一度行ってみたい~。ただ、場所が駅から近くないので炎天下を歩かなくてはいけないのと、オムツ替えには困るんですけどね(オトナっぽいお店なのに、ベルト付きのベビーチェアは完備でちょっとびっくりデシタ)。機会があれば今度はもっといろいろ観察してきます。
d0087642_14583697.jpgd0087642_1459469.jpgd0087642_1501537.jpg
d0087642_1505223.jpgd0087642_1511727.jpg



OVO logue祇月
  66 Johnston Rd. Wanchai  電話:2527-6088
  営業時間:月~金11時半~15時、18時半~23時半
         土日祝11時半~16時半、18時半~23時半
[PR]
by sara-hongkong | 2009-06-26 23:31 | そとごはん