カテゴリ:香港で子育て( 6 )

土壇場で、空白の1週間

 12月に入り、引越しまでいよいよカウントダウンに入ってきました。お友達にお礼とお別れを言うために、先週からいろいろと約束が入っていたのですが・・・なんとここへきて、わが息子が新型インフルエンザにかかってしまいました!我がダンナ様は息子のインフル発症1日前から10日間の出張中だったため、先週1週間は母子ふたりっきりで篭城生活を送っておりました。ご参考まで(?)に息子の闘病記録を載せてみます。

 12月1日
 二胡レッスンから帰ると息子がグッタリ。たしかに今日はやけにおとなしいナァと思ってはいましたが、熱を計ると38℃。元早産児のわりにはこれまで病気知らずの息子、初めての発熱!時間は6時近かったけれど、とりあえず病院へ。
 いつもだったら日本人の通訳がいらっしゃる病院ですが、時間外なので私のつたない語学力を駆使し診察(人間その気になればなんとかなるものなのですねぇ。理解力は80%といったところでしょうか。あぁ、3年間の香港暮らしで私の英語力はちっとも伸びず仕舞いだったよ、とほほ)。医師の初見では熱が38℃台なのでインフルエンザではなくただの風邪でしょうということでしたが、一応インフルエンザ検査をしました。結果は1時間後に出るとのことで、万が一陽性だった場合は薬を取りに病院に戻ってきてください、と言われ、とりあえず普通の風邪薬と解熱剤をいただいて帰宅。ぐったりの息子は家に帰りようやくベッドで就寝。
 1時間経っても病院から連絡がないので「陰性だったら連絡がないのかな」などと暢気にお風呂に入っていたところ、8時半過ぎに病院から「A型インフルエンザが陽性なので、すぐに薬を取りに来てほしい」という電話。ダンナ様はいないし、仕方ないのですっぴんに洗い髪で息子を起こして抱っこ紐で再度病院へ。もういちど診察をしてタミフルをもらい、ようやく今度こそ息子も就寝。タミフル飲ませるのに苦労しましたー。
 ちなみに現在のところ今回の病院では、A型インフルエンザがポジティブの場合、それ以上の検査(季節性のA型なのか、それともH1N1なのかの検査)はもう数が多すぎるので行っていないということでした。調べてみると日本でも今はそういう対応みたいですね。だから我が息子も本当のところ、ただのA型か新型かはハッキリしないのですが、先日季節性インフルエンザの予防接種は接種済みなので、たぶん新型であろうという先生のお話でした(『could be H1N1』と言われました)。

 12月2日
 あいかわらずぐったりの息子。熱は38℃。普段と違い、おとなしく座ってテレビを見ているので、母は意外と楽でした。でもとにかく私にうつってしまうとヤバイので、うがいと手洗いしまくる母でした。

 12月3日
 この日は再診のため病院へ。熱は朝から下がっていましたが、夜中ずいぶん咳き込んでいたので、抗生物質をいただいて帰宅。3日後に再度診てもらうことになりましたが、経過は順調なのでたぶんその頃には治っているでしょう、とのこと。本人は午後からいつもの調子が戻ったようで、家の中をうろちょろしていました。

 その後は熱もなく、体調も悪くなく、抗生物質で下痢をしたくらいで12月6日の再診で「もう大丈夫」と太鼓判を押されました。潜伏期間内には息子が残したジュースを飲み、息子が残したうどんを食べていた上、一緒のベッドで寝てくしゃみをぶっかけまくられていた母でしたが、うつされることもなくて本当に助かりました(これで私がインフルになっていたら、引越しまでに誰にも会えずに旅立たなくてはなりませんでした。セーフ)。

 気がつけばもうすぐクリスマス。香港の街はクリスマスツリーがキレイです。クリスマスにはもう台湾ですが、残りわずかな香港生活楽しむぞー。みなさま、インフルエンザにはくれぐれもご注意くださいまし。そして家族が感染しても、気合さえあればうつらずに済むかもしれません。d0087642_2339237.jpgd0087642_2341196.jpgd0087642_23495372.jpg
d0087642_2345672.jpgd0087642_23454617.jpgd0087642_2348527.jpg
[PR]
by sara-hongkong | 2009-12-06 23:45 | 香港で子育て

息子のマイブーム

d0087642_1734530.jpg 突然ですがこちらのお方、今うちの息子が愛して止まないHarry the Bunnyちゃん。日本では、ママの忙しい時間にNHKの教育テレビで子供番組をやっていますが、香港でも朝8時から10時の慌しい時間にBaby Firstというアメリカの子供番組をやっています。息子はこのバニーちゃんのコーナーになると膝を屈伸して踊っています。息子はとにかくご飯でもおやつでも食べるのがキライで食べ物を見せると食べないものですから、この番組を見ている隙に口に押し込む方法でなんとか食べるようになっていますし、2時間釘付けで見ていてくれるのでその間に家事がはかどるはかどる。アメリカの番組なので当然オール英語なのですが「子供番組だからこのくらいはわかるだろう」と思いながら、「マウス」の複数形が「マイス」だったこともこの番組に教えてもらったワタクシでした。いやぁ~この番組には本当にお世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます(誰に?)。台湾に引っ越したらこの番組がなくなって、どうやって生きてゆけばいいのだろう、というのも心配のひとつだったりする私。もちろんDVDも買って(お昼ご飯と夕飯の時にも必要ですし)、毎日擦り切れるほど見ています。

d0087642_17261718.jpg もうひとつ息子のマイブームは、なぜか、バスマップ。バスマップとは、香港を走る2階建てバスとミニバスの路線図で、地図も細かく載っている本なのですが、なにがおもしろいのかページをゆっくりとめくりながらいつまでも眺めています。最近はご飯を食べながらこれを渡し、夢中になっているその隙にスプーンを彼の口に押し込む母なのです。

d0087642_1729279.jpg そういえば思い返してみると香港に来たばかりの頃の私の愛読書はこのバスマップと地球の歩き方だったっけ。毎朝家事が終わると、この2冊の本を開いて「さて、今日はどこらへんに攻め込もうかな」と計画を練っていたものです(今思えばかなりヒマ人だったなぁ)。息子までバスマップを気に入るとは・・・親子ってヘンなところが似るんですネ。

d0087642_17341151.jpg そんなわけで、今日もバニーちゃん見ながらバスマップ。彼にとっては至福の時と思われます♪(テレビはあんまり見せたくない、って最初は思ってたんだけどナァ・・・もうテレビ漬けです)Baby FirstのDVDと香港バスマップは引越し荷物ではなくて手荷物で持っていかなきゃ!
[PR]
by sara-hongkong | 2009-11-26 23:01 | 香港で子育て

日本の病院へ行ってきました。

  本当にあっという間に日にちが過ぎてゆき、またブログの更新も滞りがちですが、もう4月なのですね。息子と私は3月末に無事香港に戻ってきました。

 今回日本に帰り、早々にちょっと大きな大学病院の小児外科に息子を連れて行きました。香港でのだいたいの顛末をお話した上で診察を受けたところ、日本では小児痔ろうで手術することはほとんどないとのこと。たしかに今後再発すると予想されるけれど、そのときは膿が出てしまえば薬も消毒も不要(膿が出ない場合のみ病院に行って切開してもらう必要があるとのこと)。2~3歳までには自然と治ってしまうものなので手術しなくても問題ナシ。「気長に付き合ってネ」ということでした。せっかく香港からこのために帰国したからと、しつこくいろいろ質問する私に、さわやか青年小児外科医はわかりやすく的確な回答をしてくれ、結局その後通院することもなく香港に戻ってきました。香港で手術するのもひとつの選択であったとは思いますが、やはり日本に帰ってみてよかったなぁと思いマシタ。ご心配おかけした皆様スミマセン。大丈夫でしたー。香港の病院で「小児痔ろうなので手術を」と薦められた方のご参考になれば幸いデス(いないか、そんな人)。

 実は香港に帰る早々、息子が夜中に滝のように吐いたりして、香港でまた病院通いしてました。その後私も息子のウィルス性胃腸炎をもらいお腹をこわしたうえに発熱(息子は平熱だったのに、なぜ?!)、ダンナ様も出張中の先週1週間、どうなることかと思いましたがなんとかピンチを脱出したd0087642_22511611.jpgところです。香港に戻る早々引きこもり状態で、息子が寝た瞬間に自分も家事完全放置で昼寝したりしていたので、パソコンにゆっくり向かう時間もなかったというワケ。先週唯一撮った写真は、香港の消防車の1枚だけでした。発熱でフラフラしながらバギーを押してポカリスエットを買いに行くときにボヤ騒ぎに遭遇したのダ。ミーハー魂は熱より強し。さぁ、今週からまた社会復帰するゾ!

 いやー、それにしても夜中に「あれ?お腹が痛いかも?」とトイレに立とうとした瞬間に、息子がグズりはじめたときは、母子の繋がりを感じましたが、その後2時間息子が泣き止まず、私は根性でトイレを我慢する羽目に・・・人間やればできる。
[PR]
by sara-hongkong | 2009-04-06 23:46 | 香港で子育て

プレイルームでアマさんに囲まれる

d0087642_1305844.jpg 8ヶ月にして体重11キロという、かなり ちょっと太めの我が息子(早産で生まれて、生後1週間は保育器にいたのに、なぜっ?!)。ハイハイはまだですが、寝返りでどこまでも行けるようになってきました。そしてその場での方向転換となぜか後ろには進めるので、持てる能力を駆使してリビング中を転がりはじめた今日この頃(あなた様のためにコルクマットやらプレイマットやらを敷いているゾーンをご用意させていただいているんですがネェ。もはやここにはいないことが多い)。日々の家事はなんとかこなしているものの、常にやっつけ仕事ばかりのワタクシ、換気扇の掃除とか、窓拭きとか、キッチンのレンジ周りや冷蔵庫の掃除とか、引き出しの整理とか、アイロンがけとか・・・エクストラな家事については完全放置なので、子供仕様に家を片付けるのもまだできておりませんのよ、ほほほ(いつも引き出しにスペースをみつけては「あ、ここが空いてた、ラッキー♪とりあえずここに入れておけっ!」っていろんなものをいろんな場所にしまってあるので、もはやどこになにが入っているか把握していない一家の主婦。最近は探し物ばかりしてイマス。あーぁ)。
d0087642_13102813.jpg ・・・と、前置きが長くなりましたが、我が家は本や雑誌が山積みになっていたり、CDラックを低い位置に置いてあったりで、息子が目ざとくそれらの「やばいゾーン」に進出してきているのよネ。ヤバイ、やばすぎるっ!ってことで、今日はかねてより行く機会d0087642_1314280.jpgをうかがっていたマンションのプレイルームに行ってみよう!クラブハウスへレッツラゴー。
 私の住んでいるマンションには、屋外に子供の遊具がある公園が、そして屋内にも子供が遊べるプレイルームがあります。日本人駐在員の家族が住んでいるマンションなどでは、だいたい同じようなd0087642_13201254.jpg感じなのではないかと思います。マンションの住民カードをセンサーにかざさないと入れないようになっています。プレイルームのあるクラブハウスにはプールとかジムとか、卓球場、バドミントンコート、ゴルフ練習室にビリヤード室、さらにはピアノ練習室、読書室などなど、なんだかやたらと施設があります。ほとんど使ったことないんだけどネ!廊下にもソファーがあって閲覧用に雑誌や新聞がたくさん置いてあるのですが、ここにいつもたくさんおじいさんたちが来ていて新聞を読んでいるのを見るとついつい「家に居づらいのだろうか・・・」と思ってしまう余計なお世話な私。ま、ここは家よりも広いし、夏はクーラーばっちりですし、居心地はグーであろうと思われます。
d0087642_13224619.jpg さてさて。ここがベビーのプレイルームだそうです。入り口のところにバギーや三輪車を置いて、靴を脱いで入ってネ!子供用のプレイルームは、4歳までのベビー用のお部屋とそれ以上の年齢の大きいお子さん用と分かれていました。なんとも贅沢な♪それでも、香港では外で子供が遊べる場所ってほとんどないので、日本よりもこういう施設が必要なのかもしれません。香港d0087642_13285827.jpgではほとんどの幼稚園がビルの中にあるのを見て、私はかなりびっくりしましたもの。香港の子供は基本的には子供だけで外に遊びに行く、ってことはないみたいです(最近の日本もそんなにないのかもしれませんけど)。
 ベビー用ちびっ子プレイルームには、遊具やおもちゃもたくさんあって、なかなかの充実度。いいなぁ、すんごく楽しそうだナァ。d0087642_13354135.jpg私が子供だったらかなり嬉しいかも。壁も床もやわらか素材でできているから転んでも安心♪角になっているところもやわらかくクッションがついているので、これなら明らかにどっちらかった我が家よりも安全ネ!オムツ替えスペースもあるので、長居もOK。ただ、今の時期は風邪とかインフルエンザとかうつっちゃったらこわいなーというのが唯一の心配なんですが。ちなみにここは4時間に1度、お掃除と消毒が入るそうですヨ。
d0087642_133917100.jpg
 ま、なにはともあれプレイルームデビュウおめでとう。息子よ、こころゆくまでごろんごろんしちゃておくんなましっ!目新しいおもちゃもちゃっかりゲットして、なかなか楽しそうです。誰もいなくて貸切状態。好き勝手ごろんごろんしていたのですが、

d0087642_13424957.jpg だんだんこんできた様子。息子が遊んでたおもちゃも、ちょっと大きいおしゃまな女の子にポイッて持っていかれちゃった!あれあれー、みたいな顔の息子。おもしろいナァ、もっと絡めばいいのにー、などと、ちょっと離れたところから観察していたら、赤ちゃんも増えてきて、ちょっとずつ絡んでました♪ほとんどが香港人のお子さんですが、今日は韓国人の赤ちゃんにも会えました。香港は外国人がたくさん住んでいるから、子供のときからこうやっていろんな国の子と出会うチャンスがあってすごいよナ。日本の普通の子供だった私は、小さいときに「外国人の子と遊んだ!」なんて、かなりセンセーショナルな大事件だったと思うもの。こんな環境だと小さいときからさぞかし国際感覚が養われることでしょう。
d0087642_13553989.jpg 出産しても、女性は働くのが普通な香港。子育てはおじいさん&おばあさん、そしてアマさんと呼ばれる、フィリピンなどからやってきているお手伝いさんがするのが主流。そういえば昼間スーパーで会うのはアマさんかお年寄りばかりです。当然、昼間プレイルームに子供を連れて遊ばせに来ているのもほとんどがアマさん、ということで、ふと気がつけば私の周りはアマさんだらけ。子供同士はまだ話せないから国籍を越えて普通に遊ぶけど、アマさんと私の共通言語は英語と片言の広東語なのですネ。お互い第二言語なのでだいたいな感じで意思疎通はできるんだけど、のんびり息子を観察しているだけではすまなかった、今日の私でした。
[PR]
by sara-hongkong | 2009-02-03 23:41 | 香港で子育て

日本の子育て。香港の子育て。

 今日は息子の予防接種を受けに、病院に行ってきました。B型肝炎の2回目。今回は「チクッ」としたものの5秒くらいの間、一声泣いただけで、その後はケロっとしてました。あぁよかった。今月も無事に済みました。
d0087642_1722913.jpg かなりムチムチ気味の我が子、3ヶ月半で体重8キロになりました(早産児なのに!)。先生が香港の乳児の成長曲線を見ながら「この体重は7ヶ月の子供並みですから、ちょっと注意が必要です」とおっしゃっていました。今の日本では「母乳が出るなら母乳育児がベター。おっぱいは欲しがる時に、欲しがるだけあげてください。乳児のとき太っていることが肥満につながるという考えは古いです」ということになっているようなので、かるーく聞き流した私たち夫婦。そういえば香港で見かける赤ちゃんとか子供さんって、ほっそりした子が多いように思うのは気のせいでしょうか?夜遅くまでデザート屋さんにいたりするのにナ。日本の子供よりも香港の子の方が痩せ気味なのでは?と思うのですが、どうなんでしょう。ちなみに我が息子の体重、日本の成長曲線に照らし合わせてみると、上限に近いものの十分標準値圏内。あ、身長は標準よりちょっと低いんだけどネ!なにしろ私自身が赤ちゃんの頃「北の湖」って呼ばれてたくらいの巨大児だったそうなので、遺伝かな。
 そういえば先日、ダンナ様の会社のスタッフの人に「ミルクはどのくらい飲むの?」と聞かれたので、ひょっとして香港ではミルクの方が主流なのかな?とうすうす思っていた私。参考までに通訳の女性に「うちは母乳なんで、どうやって気をつければいいんですかね?」と聞くついでに「香港は母乳で育てるのって少数派なんですか?やっぱり働く女性が多いから?」と聞いてみたら「そうですね、仕事があるというのもあるし、香港のお母さんは日本のお母さんみたいに忍耐強くないからかもネ。ミルクの方がお母さんの負担が少ないでしょ」って言っていました。なーるほど。なんとなく納得。
 ちなみに先日「香港の子供の睡眠時間は世界最短」というのがニュースになっていました。原因は両親が共働きであることが多いことや、騒音のレベルの高さなど、ということです。たしかに香港の子供は夜10時過ぎてもレストランとかにたくさんいて、我が家のダンナ様は「僕が子供のときは9時に寝かされてたぞ!」といつも言っていますヨ。睡眠時間は学習能力にも影響があると思われるんですけど、大丈夫なんでしょうか。我が家は香港在住ですが、子供の就寝時間にはキビシク行きますわヨ。
[PR]
by sara-hongkong | 2008-09-14 17:54 | 香港で子育て

予防接種を受けました

 個人的にものすごくバタバタしている間に、北京オリンピックが始まってしまいました・・・。香港では基本的にチャンネルが4つしかないので、朝から晩までオリンピックばかりやるのかなぁ、と思っていたら、結構どうでもいいアニメやドラマ、映画も普通にやっていて「オリンピック期間くらいお休みにすればいいのに・・・」と余計なお世話な感想を抱いている今日この頃。我が家のマンションはBS1だけは写るので、真夜中の授乳時などにオリンピックを楽しんでおりまする。

d0087642_228348.jpg 今日からやっと息子の予防接種が始まりました。日本では新生児の予防接種は生後3ヶ月からだそうですが、香港では生まれてすぐに始まるんだそうで。我が息子は現在生後2ヵ月半で、日本ではまったく予防接種を受けてきていませんから、さっそく今日は5種混合とBCGを受けてきましたヨ!処置室でこんな写真を撮っても怒られない香港(しかも携帯で!)ですから、当然記念に1枚♪

 私なんて日本の予防接種の常識もよくわかっていないド素人なので、ちっとも知りませんでしたが、乳幼児への予防接種の種類は香港の方がずっと多くて、日本では普通受けないB型肝炎だとか肺炎球菌だとかもプログラムされているんだそうですネェ。と言うより、日本の予防接種体制は先進国の中では大幅に遅れてるんだってサ!妊婦のときに質問したら、通訳のおばさんが「日本は薬品の認可も遅いし、予防接種に消極的過ぎます!髄膜炎は防げるんですっ!」と熱く語ってくれました。私に力説されてもネ(あ、そういえば先週予約を受けてくれたの、このおばさんだったんだけどナ)。

 注射の時こそ号泣していた息子でしたが、帰りのタクシーでは高いびき。ウフフ、来週もまた予防接種があるのだヨ。そうそう、今日は初診受付時に日本で作った息子のパスポートを見せたのですが、写真を見て「オー!ベリーハンサム♪」と受付嬢に大ウケでした。首の座っていない息子の証明写真撮るの、大変だったのヨ。苦労した甲斐があったワー。
[PR]
by sara-hongkong | 2008-08-10 23:06 | 香港で子育て