カテゴリ:香港の行事( 29 )

今年も月餅作れず

d0087642_17392244.jpg 今年の中秋節は土曜日で、なんだか休日1日損した気分ですネ。今年こそは中秋節には月餅を作ろうと、抱っこ紐で油麻地へ行き、型を買っただけで終わってしまったワタクシ(最近は息子の夜泣きがひどくてますます疲労困憊気味の母。1日が24時間では足りず、イレギュラーな家事がまったくできない状況なのです・・・と軽く言い訳。あぁ、お料理を楽しむ余裕はいつになったら戻ってくるのでしょうか)。結局今年もスーパーで買ったうさぎと金魚の灯篭をバギーにぶらさげてお月見に行っただけで終わってしましました。とほほ。

d0087642_17433843.jpg 自分では作らなかったけど、今年もダンナ様が会社から持ち帰ってきた月餅を食べました。今年はハーゲンダッツの月餅でした。ま、月餅っていうより月餅っぽい形をしたアイスなワケで、味もフツウ(というより、d0087642_17465197.jpg月餅より普通のアイスの方が美味しいかも)。そして箱だけがすっごく大きくて、中身は手のひらサイズの月餅が4つ。あいかわらずの過剰包装っぷりなのでした。
 でも今夜はお天気がよくて、月がきれいに見えてゴキゲンでした。
[PR]
by sara-hongkong | 2009-10-03 23:35 | 香港の行事

国慶節のおたのしみ

 あっという間に10月。子育てに終われているうちに今年も終わってしまいそうな勢いデス・・・あぁ。このブログは日付をさかのぼって更新できるので、もうかれこれ1ヶ月前のことになりますが・・・10月1日は国慶節でゴザイマシタ。つまりは中国の建国記念日です。香港はイギリスから中国に返還されたけれどまだ特別行政区ということになっていて、大陸ほど国慶節は盛り上がらない気がしなくもないですネ。それでも毎年国慶節の夜にはヴィクトリア湾に花火があがります。我が家の窓からはちょうど建物が邪魔になって花火は見えないので、いつもは音を生で聞きながらテレビで花火を見ていたのですが、今年はちょっと外に見に行ってみよう、ということになり、私はこの1ヶ月ほど散歩の合間に花火が見えるスポットを探していたのよネ。
d0087642_1695783.jpg
 花火を見るにはやっぱり尖沙咀がいちばんなのでしょう(テレビ中継もあるくらいですから)が、子連れだし、あんまり人ごみに入っていく勇気も気力もない我らが一家。おととし尖沙咀で花火の通行止めに巻き込まれてひどい目にあいましたし。で、結局、九龍駅に行ってみることに。穴場狙いのつもりでしたが、結構人がいるでやんの!私はHABITU前のなにもない広場(?)がいいんじゃないかなぁと思っていたのですが、室内なので窓に電灯が反射して今ひとつだったので、予定変更。外に出て花火を待つことになりました。金網がありますが、なかなか良い眺めの場所をゲット。そういえば最近は夜に外に出ることがほとんどないので、夜景を見るのも久しぶりです。
 いつもテレビで見ているのでよくわかっていなかったのですが、国慶節の花火は灣仔~銅鑼灣あたりであがるんですネェ。ここからは中環あたりがよく見えるけれど、花火は若干遠いのネ。それでも結構ちゃんと見えたよ!やっぱりテレビで見るのとは違うネェ。
d0087642_16302836.jpg

 今年は建国60周年なので「中国六十」という文字の花火があがっていました。写真には写っていませんでした。残念!
d0087642_16333930.jpg

 ちなみに我が息子はというと、花火が始まった瞬間にものすごい大泣き!周りの人もびびるくらいの泣きっぷりでゴザイマシタ。男の子なのに情けない。↓泣いてる息子の後頭部。
d0087642_1635649.jpg

 香港の花火は日本の花火大会と違って、短期集中型です。ひゅるひゅる~、どーん、などと悠長なことはせず、休むことなくどっかんどっかんあげまくって20分ちょっとで終わります。風情はないけど景気がよくってこれはこれで良いです。
d0087642_1638457.jpg

 最後は必ずヤケクソ気味。そしてクライマックスも非常にわかりやすいのです(日本だと『今ので終わりかも?』と思って帰り支度をし始めると、まだ花火があがったりしがちです)。半ば爆発事故のような最後の花火が終わって真っ暗になると、外のお客さんからも「お~!」と歓声があがり、最後は拍手!なんだかすがすがしい終わり方だ!
d0087642_16404277.jpg

 花火が終わった後は一斉に帰る人でごった返すかと思いましたが、最初に来た地下鉄に乗れてすんなり帰ってこられました。たまには外で花火鑑賞も良いですネ。まだまだ暑い香港ですが、夏も終わりに近づいているんだナァ。
[PR]
by sara-hongkong | 2009-10-01 23:04 | 香港の行事

お正月気分も今日まで

 香港では、旧暦で新年を祝うので、毎年元旦の日付が違います。今年は元旦のことを「初一」と呼ぶのですが、今年は1月26日が元旦、つまり「初一」だったワケです。以降、お正月2日目は「初ニ」、3日目は「初三」・・・と呼び、「初九」まであって、その次の日がいよいよ「立春」なのだそうですネ。こちらで「お正月」というと、旧暦最初の満月の夜である15日目の元宵節まで。利是というお年玉を配るのも、この日くらいまでなのだそうです。今年は今日がその元宵節。お正月ムードももう終わり。気がつけば我が家の窓から見えていた、旧正月バージョンのビルのライトアップも消えていました・・・なんだかサミシイあたし(あのビルのライトアップ、季節に合わせて一年中いろいろな絵柄を描いてくれればいいのに!)。

 香港では旧正月に、いろいろなお花を飾ります。水仙や桃の花、金柑の鉢植えなども旧正月には欠かせない植物。大晦日の花市ではこれらの花を買い求める人でいっぱいです。旧正月の間、我が家の同じフロアのどこかのお宅に相当なお花が生けてあったようで、エレベータホールが良い香りでいっぱいになっていました。玄関を出るたびに「まぁ良い香り♪」と、嬉しい気持ちにさせていただいていたんですヨ。でもねでもね、今日ゴミ捨て場にゴミを捨てに行ってみると・・・

d0087642_1918024.jpg ガーン!!!捨ててある・・・そんなぁ。終わっているお花もあるけど、まだ十分咲いているのに・・・と思ってしまうのは私だけ?そういえばこのゴミ置き場には、去年はでっかい金柑の鉢植えが置き去りにされていましたっけ。前日まであれだけ大事に飾ってあったのに、なんだかなぁ。香港人って気持ちの切り替えがスッパリしてるんですネェ。それとも単に私が貧乏性なのでしょうか。まぁ、なにはともあれお正月は終わり、完全に日常モードに戻った香港でございます。
[PR]
by sara-hongkong | 2009-02-09 23:15 | 香港の行事

今年も獅子舞がやってきた!

d0087642_15584448.jpg 今年もやってきました!獅子舞が♪マンションの掲示板で事前に時間をチェックしてあったので、d0087642_1612469.jpgエレベータがこまないうちにバギーで降りて行き、最前列をゲット!大きな銅鑼の音と、頭上で伸びたり縮んだりしている獅子たちを、不思議そうに見つめる我が息子でゴザイマシタ。ウロチョロしていた福の神とも、ちゃっかり写真撮らせてもらいましたヨ。

d0087642_1654074.jpg 舞が終わった後、獅子がマンションの各棟に回ってくるので、急いで先回りして待ち構える我れらが家族。これは獅子が食べにくる、野菜の束です。準備は万端。d0087642_1682052.jpg

 銅鑼の大きな音とともに、やってきました♪子供たちに囲まれて、大人気の獅子。


d0087642_1695316.jpg

 獅子が野菜を食べて、吐き捨てて、出てゆくまで、我が家の息子は目が釘付けになっていましたヨ。初めて見る獅子舞はどうだったのかしら。
[PR]
by sara-hongkong | 2009-01-27 16:11 | 香港の行事

恭喜發財!

 あけましておめでとうございます!って言うのは今年2度目になりますが。気持ちも新たに今年もガンバルゾ。

d0087642_15175885.jpg 日本ではお正月に、玄関にしめ縄などのお飾りをしますが、香港のお正月のおうちの玄関はこんな感じ(お向かいのお家を急いで勝手に撮影したので、超ブレブレになっちゃった)。こういうお飾りは、年末から文房具屋さんやスーパーでもたくさん売られていましたが、なんだかちょっとアニメチックなものばかりなのが、香港らしいんデス。牛の絵のはわかるけど、ドラえもんとかモンチッチのとかもあるんですよね。香港人ってホント、カワイイものが好きみたい。
d0087642_15274446.jpg 日本では12月25日が終わると大急ぎでディスプレイをお正月モードに切り替えますが、香港ではなんとなく旧正月までクリスマスツリーがあっても許される雰囲気があります。そんなことを言い訳に我が家でもつい先日クリスマスの飾りが置いてあったし。d0087642_15342771.jpgそれでも今年は旧正月が比較的早くきたので(旧正月は毎年日付が違うのデス)、ショッピングモールも旧正月モードに早めに切り替わった気がします。今年は全然写真を撮れなかったけれど、香港の街は今、水仙や金柑の鉢植えなど、お正月のお花でいっぱいです。マンションの入り口には丸いお重のような入れ物に、お菓子がたくさん入れておいてあります。

d0087642_15411427.jpg 香港の旧正月は3度目だというのに、旧正月のお料理や過ごし方など、正解がいまいちよくわからない私の家では、ほとんど普通のお食事をして、のんびりと過ごしておりました。唯一お正月メニューで用意した大根餅は、うっかり焦がしちゃったし、大根餅は去年の方が断然美味しかったので、ますますガッカリなのでした・・・。
d0087642_15425020.jpg そうそう、お正月の準備としてもうひとつやったことと言えば、息子の衣装の購入(ナニゴトも形から入るタイプなもので)。香港では旧正月にこんな衣装を着ているお子さんが結構いるのを、去年までに見ていたものですから。普通の格好のお子さんもいるけど、元旦はオシャレな格好をしている子が目立ちます(それなのに大人は思いっきり普段着な人が多い気がするのは気のせい?!)今日はせっかくなので我が息子もオシャレして、マンションのスタッフの人たちにお年玉を配りに行ってきました。

 今年は家族3人で、香港で元気に旧正月を迎えられました。今年もいいことがたくさんありますように♪
[PR]
by sara-hongkong | 2009-01-26 23:15 | 香港の行事

痛恨のミス!

d0087642_13382396.jpg この週末は、中秋節で3連休の香港。私たち夫婦はてっきり今日が中秋節だと思っていたのですが、本当は日曜日の昨日が中秋節だったので、今日は振り替え休日なんですって!?そんなこととはつゆ知らず、私たち家族3人は「今日は中秋節だっ!月見だっ!」とさんざん盛り上がり、この日のために購入してあった金魚の灯篭持って、バギーで夜d0087642_134040100.jpgの散歩にまで行ってきました。「おお!月だ月だっ!まん丸だっ!キレイだっ!」と言って見ていた、マンションの上のお月様は満月ではなかったワケね、と、夜遅くに痛恨のミスに気づいた次第デス。あぁ、おバカな家族に見えてたんだろうナァ。これも良い思い出ってことで。アハハ。今年は香港のカレンダー買えなかったんだよネ。

d0087642_1345375.jpg そんなワケで、話題は1日遅くなりましたが、中秋節といえば月餅。我が家のダンナ様の会社では、毎年中秋節前にスタッフに月餅券をくれます。こぢんまりとしたオフィスなので、毎年どこの月餅にするか、みんなでわいわい決めるそうです。で、今年は大班というお店の、冰皮月餅になったそうで。冰皮月餅は今ではいろいろなお店が出していますが、元祖はこの大班。とても人気があるんだそうですネ。店舗がそんなに多くないのですが、この時期はいろいろな場所に大班の特設売り場がも設けられていd0087642_13481167.jpgました。チケットはもうだいぶ前にいただいていたので、私も先日近所の特設売り場に持っていって、でっかい缶入りの月餅に引き換えてもらってきたのデス。(この缶、両手で抱えるほど大きいけど、中身は手のひらサイズの月餅が6個。やっぱり過剰包装な感が否めず)。冰皮月餅は、焼いてある普通のものと違い、生タイプの月餅。周りが大福の皮のような、求肥のような感じで、冷凍保存です。燕の巣入りのものだとかマンd0087642_1354076.jpgゴー味だとか、はたまたコーヒー、チョコレート味などの洋物もあるし、イチゴ、宇治抹茶なんてのもあって、もはや月餅なんだかどうだかわからないくらい、中の餡の種類がものすごくたくさんあります。ミニタイプのものは2つ入りのパックで売られているので、今年は私、中秋節前にいろんな味の大班製冰皮月餅を試してみたのですが、どれも甘さ控えめで、ウワサどおりなかなか美味しゅうございました(食べてみた中ではd0087642_14107.jpg楊枝金露味とコーヒー味のアーモンド粒入りがグーでした。お友達の話では白ワイン味が美味しいって話でしたが、売り切れっ!残念!)。生タイプの冰皮月餅は、いわゆる月餅っていう感じがしないし、美味しくてとまらない、ってほどではないんですけど、超期間限定モノですから食べとかないとネ。日本では中華街などに行けば1年中売っていますが、香港では月餅と言えば中秋節にしか手に入りませんから。
 とかなんとか言いながら今日は昼間食べ過ぎたせいで、大事に冷凍庫に入れておいた大班の月餅(Lサイズ)は食べられませんでした(中秋節だとカンチガイして、さんざん盛り上がってたくせに!)。そういえば今年は、月餅作りもできなかったヨ・・・来年はもうちょっと余裕できるかナ。

昼間の食べ過ぎの原因は・・・
[PR]
by sara-hongkong | 2008-09-15 23:47 | 香港の行事

私ももらったよ!

d0087642_23355958.jpgd0087642_23361917.jpg 香港では大人もお年玉がもらえるけれど、基本的にはもらえるのは独身の人だけ(サービス業の人なんかは既婚者でももらえることがあるんですけどね)。当然ながら私は配る専門なので、利是(お年玉)をもらうことなどないのですネ。ところが、先日我が家のダンナ様が「僕もお年玉もらったよ~」と言って、真っ赤な利是封d0087642_2343134.jpgをひらひらさせて出張から帰ってきたっ!なにぃ?!それは羨ましい。誰からかと思ったら、彼がいつも出張で使っているキャセイパシフィック航空(國泰航空有限公司)からのものでした。中身はなにかと思って見てみると、ただのポケットカレンダーだったんですけど、なんだろう?この敗北感。中身がお金じゃなくても、お菓子じゃなくても、利是というものを私ももらってみたかった・・・っていじけていたら、



d0087642_23491510.jpg

じゃーん!私ももらえたヨ!クリーニングを出しに行ったらおばちゃんから真っ赤な利是封をいただきました。多謝多謝♪

気になる中身は・・・
[PR]
by sara-hongkong | 2008-02-16 23:31 | 香港の行事

情人節です♡

d0087642_11123877.jpg 今日はバレンタインデー♪日本では今年、どんな美味しそうなチョコレートが売っているんだろう~?ととっても気になっていた私。香港の街も、今日はデートする人でいっぱいでしたー。ところで、「女性から男性にチョコレート♪」というのが日本のバレンタインですが、香港の情人節は「男性から女性へ、花束を♪」という日なのです。最近では「日本式にチョコレートをいかが?」などと宣伝しているお店もあるようですが、それd0087642_11154843.jpgでも今日香港で圧倒的に忙しいのはチョコレート屋さんではなく花屋さん。今日は広東語の授業があって朝9時頃に駅構内の花屋さんをとおりかかったら、すでにもう花束でいっぱいでした。大小さまざまな花束には「IFC 2 3樓」などと配達先のビルと宛名が書かれたり、「4:30 PICK UP」とか書かれた紙が貼ってありましたヨ。香港のバレンタインでは、彼女の会社にお花を送るというのもごく普通のことなんですネ。香港におけるバレンタインデーとは、d0087642_11203043.jpgお花をもって男性の愛情(&財力)を示す、という日なので、仕事中にものすごいゴージャスな花束が届いちゃったりしたら、ものすごく鼻たーかだか♪な気分なんだろうなぁ。一度バレンタインデーに香港のOLになってみたかったナ(当然、お花もらえれば、っていう前提の話ですが・・・)。このお花屋さんでは、花束ではなくバラ1輪だけのものもキレイにラッピングされて、山積みになっていました。これは予算の都合のつかない彼、もしくはそれほど好きではない彼女用、なのでしょうか?日本の義理チョコみたいに「義理花」ってあるのかしら?
d0087642_11295542.jpg
 そんなワケで今日、香港の街角では花束を持って仲良く歩いているカップルに本当にたくさん遭遇しました。この彼結構若いのに(学生風)、こんなリッパな花束買ってあげるなんて、なかなかやるネ!などとオバサン根性でいちいち観察して、私かなり楽しんでました。はい。

d0087642_11362661.jpgd0087642_11365539.jpg
 会社の終わる夕方になると、花束を持って彼女を待つ彼だとか、おそらく会社に届いたのであろう彼からの花束をかかえて地下鉄に乗っているOLさんの姿も多数。



d0087642_1139295.jpg ちなみに、香港ではバレンタインデーにお花の値段がものすごくあがるという話です(実際どのくらいのお値段なのかはわかりませんが)。左の写真は、予め頼んでおいた花束を花屋さんに受け取りに来た人なのですが、こんな大きな花束は相当のお値段すると思われ・・・。d0087642_11404913.jpg香港の男性っていろいろ大変ネ!そうかと思えば、予算の都合か、それとも準備不足か、カゴ売りの一輪の造花を急いで買っている男子の姿も。ジャンバー姿のこの彼、デートはうまくいったのでしょうか?それともお母さん用???他人事ながら気になります。


d0087642_12103080.jpg ちなみに、我が家のバレンタインデーは日本式。今年も生チョコを作りました。毎年代わり映えしませんが、やっぱりこれが一番美味しいので(どうせ半分は私が食べるんだし)。さらに今年はちょっと色をつけて、Marie Belleというお店のホットチョコレートを買いました。これ、city'superで見つけd0087642_12115618.jpgて、缶のカワイさにも惹かれてなんとなく買ってみたのですが、ニューヨークのお店のものみたいですね。缶を開けたら中はココアのパウダーではなく、削ったチョコレートが入っていました!これをお湯で溶かして飲むとヨーロピアンスタイル、ミルクで飲むとアメリカンスタイルのホットチョコレートなのだそうです。とりあえず、バレンタインデーの今夜はヨーロピアンスタd0087642_1213151.jpgイルで試してみましたが、甘くなくて大人の味。体も温まって幸せになります。私、本来ホットチョコレートは甘すぎてあんまり得意ではない(途中で別途お茶を飲みたくなってしまう)のですが、これは美味しかったデス。明日の朝はアメリカンスタイルにしてみよーっ♪
[PR]
by sara-hongkong | 2008-02-14 23:36 | 香港の行事

また会えた!いとしの獅子舞♪

 今日から会社も始まり、旧正月モードも終わりつつある香港。私も今日は二胡のレッスンがありました。帰りにタイムズスクエア(時代廣場)を通りかかると・・・

d0087642_2322126.jpgd0087642_2324198.jpg あ、お店の天井から青菜と紅包(お年玉)が吊り下げられてる!ここにも。ほら、あそこにも・・・これはっ!いとしの彼がきっと来る~♪き~っと来るぅ♪かすかに聞こえる銅鑼の音をたよりに、歩いていくと・・・

d0087642_20364183.jpg いたーっ!!!赤い獅子だっ!この時期ショッピングモールなどでは、店の繁栄を祈願して獅子が各店舗を回ってくるので、お店の方は天井から青菜を吊るして獅子舞を待っているんです。お店にやってきた獅子は舞を舞った後、この青菜を食い散らかして、お店からのお礼である紅包という祝儀袋をもらって帰るんですネ。これを「採青(=青を採る)」といいます。青菜は獅子の大好物なのだそうです。

d0087642_2131425.jpg
 よく見てみると、青菜と束になっているものだけでなく、店中のあちこちに紅包が貼られているのに気づきます。バッグ売り場にもさりげなく貼り付けられてるし・・・
d0087642_216555.jpgd0087642_2181067.jpgd0087642_219867.jpg

 ほら、こんなにたくさん!
 というわけで・・・




d0087642_21122532.jpg
 獅子は伸び上がって、壁の高い位置に貼られた紅包をひとつひとつ回収してから帰るのですが、その姿がまたまたなんともキュート♪お店の天井が低かったりするとあまり高くジャンプしすぎても頭をぶつけてしまいますし、微妙な高さ調整が必要になるので、d0087642_2117867.jpg実は中に入っているお兄さんたちはものすごく辛そうな体勢になっていたりするんですよネ。店員さんやお客さんたちも、ちょっとハラハラしながら彼を見守ります。タイムズスクエアの各お店にも獅子舞が回り、今年も良い年が迎えられたようです♪

☆おまけ☆
 今日はダンナ様の仕事はじめ。職場で独身のスタッフに利是を渡すので、さっそくMY利是封を使ってみたらかなりの大ウケだったそうです。私も今日、この袋に二胡の月謝を入れて先生に渡してみましたが、こちらはウケるというより「これ、すっごくキレイですね!」とえらく感心されちゃった!あぁ、やっぱりオーダーしてよかったぁ♪来年は色違いもしくはもっと大きいサイズ、作ろうかな。
[PR]
by sara-hongkong | 2008-02-11 23:17 | 香港の行事

いつもお世話になってマス

d0087642_1921913.jpg 旧正月を迎えてからほとんど家に閉じこもっていた私ですが、今日はちょっとスーパーまで買出しに行くことに。というワケで、はりきって用意していた利是(お年玉)をたくさんコートのポケットに入れてでかけました。

 我が家のような駐在員家族が住んでいるのは、たいていの場合50階建てくらいの高層マンション。こういうマンションはセキュリティ面がかなりしっかりしていて、我が家の場合マンションのメインの入り口では住民カードをセンサーにかざさないと入れませんし、各棟のグランドフロア(日本で言う1階)の受付にも24時間人がいて、ここでも住民カードが必要になります(しばらく住んでいるうちに顔なじみになって、カードを出そうとすると「要らないですよ!」と言って通してくれるようになります)。彼らは住民が荷物を持って帰ってきたりすると、必ずガラス戸を開けて待っていてくれますし、最近はすっかり仲良くなって「ご飯食べた?」などと香港式に挨拶をしたり、「Babyはいつ生まれるの?」と質問されたり、時には私の方が「ねぇねぇ、この字、広東語でなんて読むの?」と個人的な質問をしたりすることもしばしば。受付以外にもガードマンもたくさんいるし、お掃除のおばちゃんたちは4時間おきに手すりやエレベータを掃除・消毒してくれているし、本当にお世話になってマス。私が住んでいるのはマンションが8棟も建っているところなので、スタッフの数はかなりなもの。旧正月には住民のおじさんがものすごい量の利是封(お年玉袋)を持って歩いて、「恭喜發財!」と言いながら会う人会う人にバラ巻いているのに、よく遭遇します。
d0087642_19435084.jpg ということで我が家も、恭喜發財!いつもありがとー!マンションによっては「スタッフが利是を手薬煉引いて待っている感じが、なんだかなぁ」という話を聞くことがあるのですが、うちのマンションのスタッフたちは「えっ!日本人のあなたからも香港式に利是を?!なんだかスイマセンねぇ」みたいなリアクション。今年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by sara-hongkong | 2008-02-09 23:25 | 香港の行事