さよならパーティー

d0087642_8393046.jpg 今日はダンナ様の会社のみなさんが送別会を開いてくれました。ダンナ様だけでなく私や息子も本当にみなさんにお世話になったので、いよいよお別れだと思うとサミシイねぇ。今日のお店は灣仔にある私房菜、囍宴。私房菜というのはビルの一室などでひっそりと営業している隠れ家レストランのことで、こちらの囍宴は2000年のオープン以来、なかなか予約がとれない人気のお店d0087642_915880.jpgという噂は前から耳にしていた私。囍宴は私房菜ではない普通のレストランが九龍や金鐘にあって、そちらには私は行ったことがあったのですが、この私房菜には前から一度行ってみたいと思っていたところでした(私房菜は4名から受付というところが多くてなかなか機会がないんですよネ)。いやー、息子のインフルエンザが今日までに治ってくれて本当によかったです。
 私房菜にしては広い店内(写真撮り忘れ)には、今夜は私たちのほかに1組お客さんがいらしただけで、息子は店中を歩き回っていました(お行儀悪くてスミマセン)。聞いてみると予約が取りづらいのは週末のことだそうで、平日は結構直前でも空いていたりするみたいですヨ。テーブルには結婚式の披露宴みたいにメニューが置かれ、いよいよお食事スタートです。
d0087642_954386.jpg
 清酒黄金一口鮑魚
 braised abalone in Japanese sake
 and soy sauce
 (一口蒸し鮑 日本風)

d0087642_9543699.jpg
 瑤柱絲涼油菜花
 conpoy shreds with choy-sum
 (帆立と菜心のセルクル固め)
d0087642_9545641.jpg
 金牌口水鶏
 Sichuan spicy chicken
 (四川風スパイシーチキン)
d0087642_9552885.jpg
 蒙古焼烤羊肉
 Mongolian roasted mutton
 (モンゴル風羊肉のロースト)
d0087642_956029.jpg
 雲上東坡酔千層
 braised pork belly
 (トンポーローのミルフィーユ仕立て)

 薄切りのトンポーローをくるくる巻いてピラミッド型にしてありました。切り分ける直前でなんとか撮影間に合った~!
d0087642_9564379.jpg 
 香芽柑桔菊花魚
 chrysathemum mandarin fishi
 with lemongrass calamansi sauce
 (菊花魚のレモングラス風味マーマレードソースがけ)
 
 菊花魚というお魚をお花の形にして揚げてあります。甘いソースが新しい感じです。
d0087642_9571068.jpg
 蟹皇帯子糯米飯
 glutinous rice with crab roe and scallop
 (蟹と帆立入りおこわ)
d0087642_957427.jpg 梅子石榴 
 soaked guavas with dried sour plums
 (グアバの梅風味)

 披露宴のお料理ではお口直しのシャーベット、というところでしょうか。グアバと梅のコンビネーションは不思議な味。お口がさっぱりしました。
d0087642_1802943.jpg
 私房秘制佛跳牆 
 xi yan "fo tial qiang"
 (xi yan特製中華スープ)

 モツ入りのスープは壷入りで、全部飲んだら体がぽっかぽかに。
d0087642_1811743.jpg
 薑汁香葱芥蘭片
 stir fried kale with ginger juice
 and spring onion
 (芥蘭と葱の生姜炒め)

 ここから先は息子が眠くなり、別室で授乳してから戻ってきたらお皿に盛られておりました。
d0087642_182074.jpg
 燕液蓮香露
 fresh lotus seed puree pudding
 with birad's nest
 (燕の巣入り蓮の実のお汁粉)

 デザートは温かいお汁粉。おなかが落ち着きます。


 こんなご馳走久しぶり~♪ぜーんぶ残さずいただいて、超美味しかった&超シアワセ。でも「あぁ、いよいよお別れなのだナァ」とだんだんさみしくもなってきた今夜の宴でした。みなさん、本当にありがとう。

 なお、メニューの英語訳は微妙に違うところもあるようなので、勝手に和訳してみました(これ、非常に時間がカカリマシタ)が、ちゃんとあっているかしら。不安だ。

囍宴   Xi Yan
  3F,83 Wanchai Road,Wanchai  電話:2575-6966
[PR]
by sara-hongkong | 2009-12-10 23:32 | そとごはん
<< オーダーメイド、いろいろ 土壇場で、空白の1週間 >>